トイチニッキ

旧ドイツニッキ
ドイツ駐在の日々から日本での小さな日々まで

参った参った

2019-05-07 21:27:56 | おでかけ:きょうかい・じしゃ
GWのメインイベントはお伊勢参り

令和最初の御朱印は
由緒正しき所のがほしいもんね。
行ったのは5月2日だけど。

前日は雨で寒くて
それなのにニュースでは
午前中だけで6万人の人出だと!

朝5時から開いていることは知っていたが
8時くらいに行けばまだ空いているだろうと踏んだnahe。
車で内宮前を通るともうかなりの人の量!
外宮を詣ってから内宮に来るのが習わしだから
ここにいる人殆どが既に外宮は終えてるってことでしょ?
みんなどんだけ早起きして来てるんだ⁈
長い行列を覚悟する。


しかし意外に外宮はスムーズ。
初詣の時のような参拝への長蛇の列はなく、
御朱印の列に20分くらい並んだだけ。


さらに意外に正宮が質素。

別宮3つもほぼ同じデザイン。


全てのお社の隣が空き地になってて
ここへ遷宮するんだろうな。


ここで初めて知ったのだが
外宮、内宮以外の場所にも
数ヶ所別宮があるという。
こりゃ全部まわって御朱印貰わなきゃダメでしょ。
michの収集癖の血が騒ぎ出したよ。


まずは外宮から徒歩で行ける月夜見宮へ行き
車で倭姫宮に行く。
どちらも人が少なくていいわ。

御朱印も同じデザイン。


次は内宮へ。

駐車場から内宮へ向かう参道は

この賑わい。
人が多すぎておかげ横丁に入るのは断念したわ。

まだ11時だけど今食べとかないと
大変なことになりそう!
先に伊勢うどんで腹ごしらえ。
30分程待って食べ終わったら
列はさっきの倍の長さになってた。
危なかったー。




参拝はこちらもさほど待たず。
御朱印も臨時デスク?が設置されていて
すぐに頂けた。

月読宮へ行く。



ここだけでも4人の神様が祀られており
この日1日で何人にお詣りしたことか?
もうお賽銭の小銭も尽きてきたよ。

そして40Kmほど離れた瀧原宮へ。


残るは伊雑宮。
途中の道が通行止めになったりして
この日のお詣りは断念し翌日に。

 
結局16宮、お詣りしたらしい。

外宮御正宮:豊受大御神 内宮の天照大御神の食事を司る神 衣食住、産業の守り神
多賀宮:豊受大御神の荒御魂(活動的な神格)
土宮:大土乃御祖神 この土地の守り神 
風宮:級長津彦命級長戸辺命 風雨を司る神
月夜見宮:月夜見尊 月と夜を司る神
倭姫宮:倭姫命 天照大御神の社を伊勢に建てたとされる皇女
内宮御正宮:天照大御神 最高神であり日本人の大御祖神
荒松宮:天照大御神の荒御魂
風日祈宮:級長津彦命級長戸辺命
月読宮:月夜見尊
月読荒御魂宮月夜見尊の荒御魂
伊佐奈岐宮:伊弉諾尊 天照大御神の父
伊佐奈弥宮:伊弉冉尊 天照大御神の母
瀧原宮 瀧原並宮 伊雑宮:天照大御神の御魂

毎回祈るのは同じ事になってしまい
「あちこちにお願いしてご利益あるのか?」
と疑問に思い始め
最後の方は
「naheと申します。以後お見知り置きを」
と自己紹介だけしてきたわ。



でもどの宮も緑に囲まれていて穏やかで
地味なんだけど品がある感じ。


一生に一度は行くべき場所だわ。
でももう一度行ってみたいね。
遷宮の前あたりに二つの社が並ぶのが観られるのであれば。











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 8-3 | トップ | さらに参った »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

おでかけ:きょうかい・じしゃ」カテゴリの最新記事