春のそよ風夏の雨

嬉しいひととき。好きなこといろいろ書いています。

Lucy Diamond「A Baby at the Beach Cafe」

2017年08月31日 | 英語多読
A Baby at the Beach Cafe (Quick Reads 2016)
Lucy Diamond
Pan Books


今月はもう一冊英語の大人本を。
Quick Readsの一冊なので、短めでとても読みやすかったです。

ビーチ・カフェを営むEvieとEdの夫婦。
妊娠中のEvieは、子どもが産まれるまで仕事を休むように医者に言われる。
Edが人を募集するとHelenという女性がやってきた・・・。

EvieとHelenの物語です。
それぞれの立場で、お互いに反感を抱く二人ですが・・・。

どちらの立場も分かるな〜と思います。

この本は、

The Beach Cafe
Lucy Diamond
Pan Books


の続編に当たる作品のよう。
前作は、EvieとEdの話になるようです。
ちょっと読んでみたいかも。
コメント

Oscar Wilde「Salomé」

2017年08月28日 | 英語多読
Salomé (Dover Thrift Editions)
Oscar Wilde
Dover Publications


今月の大人向け英語本は・・・サロメ。
Wildeの本は、童話しか読んだことなかったので戯曲も読めたというのが
嬉しいですね。

少女の初めての残酷で悲しい恋・・・。

残酷と書きましたが、少女の中ではただ留めたいだけで、
ただここにいて欲しいだけで、分かっているのだけど分かっていない。
そんなところが切ないです。
コメント

「没後40年 幻の画家 不染鉄展」@東京ステーションギャラリー

2017年08月27日 | 美術鑑賞(博物展も)
没後40年 幻の画家 不染鉄展」@東京ステーションギャラリーに行ってきました。

日曜日でラストの展示会、土曜日に7回目行ってきました。
これでラストの予定なんですが、日曜日ももしかしたら最後にと行ってしまうかも。

6回目のときは、絵を見るというよりも、絵を見ながら何に惹かれているのかな
とか、考えていました。

考えてみれば、文学では詩、随筆、小説の順に好きなんですよね。
心象スケッチ、日常スケッチが好きで、その後にストーリーもいいね
という感じというか。

不染鉄の絵は、基本的に日常スケッチなんだけど、心象スケッチでもあり、
ある時間がぎゅっと切り取られているように思うのですよね。

幸せな時間、切ない時間、温かい時間・・・。
そんな時間の重なりとも似ているのかな。
そこが、心引かれる部分だと思います。

絵については、丸みの帯びた屋根のほっこりするところ。洗濯物、昼寝。
お魚。線の波の絵は確か全部描かれているし、線ではない波でもはっきりと
あるいは、もしかしたらという感じで描かれている。
タコなどもいるから魚介類かな。その前に、たくさんしっかり描かれている波。
フクロウなどの鳥。小さく描かれているのに結構存在感がある。

銀杏の絵には包み込まれるような大きさがあり。見ていると空気が変わってくる。
自転車の絵は言葉が多すぎる気もするけれど、やっぱりじーんと来る。

一番心惹かれるのは、柿の木の実の部分を描いた絵。
赤と黒だけで描かれている。
最初見たときに、なんだか切ない気持ちになって、
もっと見ていると「命」が感じられるような気がしました。
死と生(生まれるということ)を強く感じました。
不思議な印象を持つ絵だな。
(作者の思いとはずれてしまっているようなのですが)。
コメント

Lucy Maud Montgomery「Kilmeny of the Orchard」

2017年08月27日 | 英語多読
Kilmeny of the Orchard (English Edition)
Lucy Maud Montgomery
メーカー情報なし


大人向けの英語本を月二冊と思いつつ、今月は読んでないな〜ということで、
太読みたくなったこの本を読んでみました。
英語で一回は読んでいるような気もするのですが、読んでいてもだいぶん前なので
初めて読む気分で。

日本語で読んで好きだった本ということで、読み始めたらグイグイと。
あっという間に読んでしまいました。

友人に頼まれて少しの間プリンスエドワード島の田舎で学校の先生を
することになったEric。ある日・・・。
ボーイ・ミーツ・ガールというより、ヤングマン・ミーツ・ガールかな。
情景描写も美しく、女の子のはにかみや無邪気さも素敵です。

ただ、改めて読んでみると、ちょっと差別的に扱われているようにも思う
人がいて、その人の犠牲の上の物語として作られているような気も。

好きなんだけど、そこの部分が気になってしまいました。

邦訳はこちら。
果樹園のセレナーデ (新潮文庫)
モンゴメリ
新潮社
コメント

Susan B. Neuman「Libros de National Geographic : Balanceate, Perezoso!」

2017年08月14日 | スペイン語多読・関連書・参考書など
National Geographic Readers: Balanceate, Perezoso! (Swing, Sloth!) (National Geographic Readers: Pre-Lector)
Susan B. Neuman
National Geographic Children's Books


National Geographic Readersのスペイン語訳。

これは一番易しいレベルなので読みやすいです。

なまけものも含めた熱帯雨林の動物たちの写真がいっぱい。
コメント

Eric Carle「La Pequena Oruga Glotona」

2017年08月14日 | スペイン語多読・関連書・参考書など
Eric Carle - Spanish: La Pequena Oruga Glotona
Eric Carle
Kokinos, S.A.


「はらぺこあおむし」のポップアップ絵本。スペイン語版です。

ポップアップならではの面白さがあります。
(でも、ポップアップ絵本って壊さないようにとか気になってしまいますね。)

迫力のある絵本でした。
コメント

Pablo Neruda+Elena Odriozola「Oda a una estrella」

2017年08月14日 | スペイン語多読・関連書・参考書など
Oda a una estrella
Pablo Neruda+Elena Odriozola
Libros Del Zorro Rojo


ずっと気になった本を、読ませていただくことができました。

詩の絵本なので、文章は難しい・・・。解説が欲しいかな。

でも、画集としても欲しいくらい絵は美しいです。
Elena Odriozolaさんの絵、大好きです。


コメント

Triunfo Arciniegas+Claudia Rueda「Letras robadas」

2017年08月13日 | スペイン語多読・関連書・参考書など
Letras robadas / Stolen Lyrics
Triunfo Arciniegas+Claudia Rueda
Oceano De Mexico


Claudia Ruedaさんの絵は、絵本によってずいぶん違うので、
新しい本を手に取るたびにびっくりします。

この本で4冊目なのですが、ほんとにびっくり!

おかあさんと女の子がお買いものに。
その横ではねずみがなにやら・・・。

結構文章は多めですが、繰り返し構造なのである程度は分かります。
挿絵も眺めるといろいろ発見があって面白いです。
じっくり眺めたら、もっと発見がありそう。



コメント

オススメ本メモ

2017年08月13日 | 気になる本・映画・ドラマ
スペイン語多読の会副会長のMさんオススメの英語児童書&YA
ちょっとメモ。

Broken Moon
Kim Antieau
Margaret K. McElderry Books


パキスタンの女性・児童虐待の話だそうで、すこしばかり読むのが辛いところも
あるのだけど、とてもいい本だそう。

Bless This Mouse
Lois Lowry
HMH Books for Young Readers


ねずみの話。MさんはLois Lowry&ねずみの絵本が好きなのだけど、
それは置いておいても、ほんとにいいんだそう。

The Terrible Thing That Happened to Barnaby Brocket
John Boyne
Doubleday Childrens


ダールとも違うんだけど、奇想天外な話。
ときどき、表紙も描いているOliver Jeffersの挿絵があるのもいいとのこと。
コメント

Ed Young「The Cat From Hunger Mountain」

2017年08月13日 | 英語多読
The Cat From Hunger Mountain
Ed Young
Philomel Books


以前、ざっと見せていただいた本をお借りしてじっくり読むことが
できました。

傲慢なお金持ちの貴族(絵は猫なんだけどね)が・・・というおはなし
でした。かなり道徳的で真面目な話だったんだな〜。

それにしても、この絵はすごいです。
芸術的で、美しい絵本です。
子供向けには同じ作者の作品では「Seven Blind Mice」がいいなと思う
のですが、絵のすごさではこちらですね。

同じ画家の本にこんな作品も。面白そうです。
Wabi Sabi
Mark Reibstein+Ed Young
Little, Brown Books for Young Readers
コメント