春のそよ風夏の雨

嬉しいひととき。好きなこといろいろ書いています。

Jan Brueghel他「Brueghel」

2013年11月30日 | 本(美術書)
Brueghel
Jan Brueghel他
Hirmer Verlag


こちらも眺めただけ。(ちなみにドイツ語の本。)
ピーテル・ブリューゲルの息子ヤン・ブリューゲルの画集です。

ヤン・ブリューゲルの絵を、ピーテル・ブリューゲル(父)のまねで劣る
というようなことを書いていた本を見つけましたが、
とんでもない。ぜんぜん違います。
(ピーテル・ブリューゲル(子)と間違えたのでは?)

ヤン・ブリューゲルは、優れた花を描く画家として有名だったようで、
ルーベンス他の画家との合作があるようです。

世界名画の謎 作家編
ロバート・カミング
ゆまに書房


で絵を見て、おぉ~と思ったのでした。

そして、優れた動物を描く画家としても有名だったよう。

絵画のなかの動物たち―神話・象徴・寓話 カラー版
利倉隆
美術出版社


で絵を見て、もっと見てみたい~と思ったのでした。

合作もたくさん載っていました。
お花も動物も、やっぱりすばらしい。

お花は美しくて、絵がぱぁっと華やかになります。
動物もリアルでイキイキとしています。

そして、印象的だったのが空の青。きれいです。
本の表紙でも、空が少し見えますね。
コメント

Manfred Sellink「Bruegel: The Complete Paintings, Drawings and Prints」

2013年11月30日 | 本(美術書)
Bruegel: The Complete Paintings, Drawings and Prints
Manfred Sellink
Harry N. Abrams


こちらも眺めただけ。

ピーテル・ブリューゲルの画集です。

版画やデッサンなどが多くて、カラーの絵は少ないのですね。
もっと知らないカラーの絵が見られるのかなと思っていたので
ちょっと残念な気がしました。

とはいえ、たっぷりブリューゲルの絵が見られて面白かった!

版画は、ボスの絵を思わすようなちょっと不気味?な風景が多かった
です。やっぱり影響を受けているのかな?

コメント

Mary Carolyn Waldrep「Women Illustrators of the Golden Age」

2013年11月29日 | 本(美術書)
こちらも絵を眺めただけ・・・。

Women Illustrators of the Golden Age (Dover Fine Art, History of Art)
Mary Carolyn Waldrep
Dover Publications


クラシカルな、女性挿絵画家の絵を紹介した本。
22人の画家が紹介されています。

知っている画家は3人。
一番有名なのは、Beatrix Potterかな。

Elenore Plaisted Abbottという画家の絵がすごく気に入りました。
こんな感じ

不思議の国のアリスは、いろいろな人が挑戦したくなるようで、
いろいろなアリスの絵を見ることができました。

いろいろなアリスの絵を見られると楽しいですね。
コメント

「Hiroshige: One Hundred Famous Views of Edo」

2013年11月29日 | 本(美術書)
洋書画集がじわじわ増えてきているのだけど、
解説が結構多くて、絵を見るだけで終わっています。

そんな風に何冊か見ているだけだったのですが、
いつ、解説を読むか分からないし、絵を見たら紹介しようかなぁと
いうことにしました。

Hiroshige: One Hundred Famous Views of Edo (Go)
Melanie Treade+Lorenz Bichler
Taschen America Llc


今日届きたての一冊♪

だいぶん前に手に入れた日本画の本が何冊かあり、
一冊読み途中なのですが、その中で紹介されていたのが、

歌川 広重 名所江戸百景 亀戸梅屋舗 浮世絵ポスター
歌川広重
歌川広重


ゴッホも模写したという一枚。
眺めれば、眺めるほど、構図も面白く、色もきれいで素敵。
「名所江戸百景」全部見てみたくなりました。

書店で見て、よさそうだなぁと思ったのが、

広重名所江戸百景―望月義也コレクション
望月義也
合同出版


新書よりも一回り大きいくらいの本。
一ページ使った絵なので、ほんの大きさの割には絵がしっかり楽しめる。
コスパもいい感じ。

でも、もっと大きいので見られたらいいだろうなぁ・・・と他の本を
見ていたら、

歌川広重 名所江戸百景
メラニー・トレーデ+ローレンツ・ビヒラー
タッシェン・ジャパン


が。

カバーを開くと、和綴じの本!
絵も、上の本の4倍位の大きさでぜいたく~。
すっかり、惚れてしまいました。

タッシェンなので原書のほうが安いのでは?と思ったら、思った通り。

この大きさだと、板目も見えるんですね~。
ほんとにぜいたく。大大大満足です。
広重、楽しい。

写楽は面白いけれど、人物の浮世絵はそんなに興味がないのです。
風景・風俗を描いた作品は楽しいですね~。

ずっと眺めていたくなります。

・・・でもね。日本の出版社にもがんばって欲しいな・・・とも思ったり。
コメント

「生誕100年!植田正治のつくりかた」@東京ステーションギャラリー

2013年11月29日 | 美術鑑賞(博物展も)
東京ステーションギャラリーの「生誕100年!植田正治のつくりかた」を
見に行きました。

以前、本で植田正治さんの写真を見て、面白いなぁと思って、

植田正治の世界 (コロナ・ブックス)
植田正治事務所
平凡社


を読んだりしていました。

生誕100年ということもあってか、「植田正治とジャック・アンリ・ラルティーグ
という写真展もあるようです。

写真展で見られるなんて、幸せですね~。

砂丘ものは、見たことがある楽しさで、面白いし、
1990年代の写真は、またまたびっくり。
こんな写真も撮っていたんだな~。
お花の写真がすごく気に入りました。

ロックグループの人に依頼されてとったMVなども上映されて
いました。これも砂丘シリーズの一つかな。

初写真集は、還暦近くなったころに出されたそうですが、
亡くなる直前の写真まで、新しいものにも目を向けて冒険している。
そういうところがすばらしいですね。

花の写真など、貴重な写真も多かったので、
図録も購入しました。

植田正治のつくりかた
植田正治
青幻舎


ラルティーグも好きなので、もうひとつの写真展も行こうかなぁ。
でも、二人展だと、ちょっと物足りなく思っちゃうかも。
コメント

里中満智子「オリュンポスの神々―マンガ・ギリシア神話〈1〉」

2013年11月28日 | 和書
オリュンポスの神々―マンガ・ギリシア神話〈1〉 (中公文庫)
里中満智子
中央公論新社


再読です。
何度読んでも、このギリシャ神話をきれいにまとめられてすごいな~と
思います。

前に読んだおかげで、だいたいの話は頭の中に残っているのですが、
ギリシャ神話の絵画を眺めるのに、もう一回読み直しておこうかなと。

やっぱり、話を知っている方が、絵を見てもそこから広がるものがあって
楽しいですよね。
コメント

平松洋「名画 絶世の美女 130人」

2013年11月28日 | 本(美術書)
名画 絶世の美女 130人 (中経の文庫)
平松洋
中経出版


単行本でも見かけて気になっていた本。
単行本は、内容と値段が釣り合わないと思っていたのだけど、
文庫だと、内容と値段があっているように思いました。

文庫サイズの画集になるのだけれど、ほぼ1ページ丸々使った絵も多く、
文庫画集の中では一番絵を楽しめる感じでした。
ただ、好きな絵が何枚かあったのだけど、どの絵も白っぽい。
知らない絵は白っぽい感じがしなかったのだけど、色は大丈夫なのかな?と
ちょっと疑問が残りました。

美女ですが、いろいろな画家の美女というよりも少し偏っているようです。
あるコレクションが並べられていたりとか。
この辺は、著者と編集者の好みが大きいのかも。
コメント

ジュール・ルナール「博物誌」

2013年11月26日 | 和書
博物誌 (新潮文庫)
ジュール・ルナール
新潮社


ルナールは、「にんじん」は好きではないのだけれど、
「博物誌」は好きでときどき読みます。

今回も何度目かの再読。

ときにしんらつに、ときにロマンティックに、
動物や虫たちに対する甘くはないけれど、
なんというか、身近な存在として関心を持っている
という雰囲気がいいですね。

ボナールの絵も好き。

今回は、馬の話が印象に残りました。
コメント

枡野俊明「禅、「前向きな心」をつくる生活の基本」

2013年11月26日 | 和書
禅、「前向きな心」をつくる生活の基本: 自分を大きく咲かせる「90の言葉」 (知的生きかた文庫)
枡野俊明
三笠書房


右ページは、まとめの一言(題名と言ってもいいかも)
左ページは文章という作りなので、さくっと読めます。

好きなところをぱらぱらとというのもいいかも。
コメント

東海林さだお「ゴハンの丸かじり」

2013年11月25日 | 和書
ゴハンの丸かじり (文春文庫)
東海林さだお
文藝春秋


保証付きで楽しい東海林さんのエッセイ。
安心して読めます。

味付け海苔に合わせるのは・・・おぉ、そんな組み合わせが!
カツオとマグロの銀鉄丼も美味しそう!
いちごジャム~な感じも面白い!

でもでも、イチゴジャム買ってきて、中のジャムを抜いて、
明治屋のジャムをびん半分たっぷりいれて、ジャムパンを作るって。
食パンとかコッペパンじゃだめなの~?
さらに、餡団子買ってきて・・・。
コメント