春のそよ風夏の雨

嬉しいひととき。好きなこといろいろ書いています。

エリック・トレダノ+オリヴィエ・ナカシュ「最強のふたり」

2013年03月31日 | フランス語多聴・多視聴
最強のふたりコレクターズ・エディション(2枚組)(初回限定仕様) [DVD]
エリック・トレダノ+オリヴィエ・ナカシュ
アミューズソフトエンタテインメント


映画館でみようかなぁ・・・でも、ゆっくりDVDの方がいいかなぁと
思っていた作品なので、予約注文。

期待以上に楽しくてよかったです!

首から下を麻痺した貴族と、世話をした青年の実話をもとにした話。
実際は、アルジェリア出身のアラブ系の青年だったようですが、
映画では、スラム街育ちの黒人になっています。

小冊子も付いていたのですが、
試写会でみて、「俺が黒人になっちゃった」なんてコメントもあったとか。

監督が実際の二人のドキュメントを見て、長い間温めていたものを映画にした
そうですが、特典映像にはそのドキュメントもあるようです。
まだ見ていないのだけど楽しみ。

フランス語は・・・あまり分からなかったかなぁ・・・。
挨拶程度しか聞き取れませんでした。

でも、何回も見るだろうなぁって思う映画ないのでいつかはもうちょっと
フランス語で分かるもんねーといいたいもの。

コメント

Lisa Kleypas「Devil in Winter」

2013年03月31日 | 英語多読
Devil in Winter (Wallflowers)
Lisa Kleypas
Avon


シリーズ三作目。
前作からつながっています。

切羽詰った状況にあるエヴィーは、同じく切羽詰った状況にある
セバスチャンに便宜上の結婚をもちかけた。
悪名高き放蕩者の子爵と、
とてもシャイで吃音があり誰からも振り向かれない壁の花。
二人は・・・。

邦訳を何回も読んでいて大好きな作品。
英語では初めて読んでみました。
こんな場面があったのか・・・と思ったところもあり、
やっぱり英語のほうが時間がかかる分、じっくり読めるってことかな。

英語で読んでも、やっぱり好きですね~。
とても気持よく読めました。

邦訳はこちら。

冬空に舞う堕天使と (ライムブックス)
リサ・クレイパス
原書房
コメント

トミー・デ・パオラ「上のおばあちゃん下のおばあちゃん」

2013年03月30日 | 和書
上のおばあちゃん下のおばあちゃん
トミー・デ・パオラ
絵本の家


ざっくりと読んでいた本の中に、この本が出てきました。

4歳の息子を寝かしつけようとしている母と息子の場面を引用します。
お母さんが本を選んだ後、息子が他の本を差し出して・・・。

「これがいい」彼は目をいたずらっぽく、きらきらとさせて言った。
「もう、わるいこさんねぇ」トミー・デ・パオラの「上のおばあちゃん 下の
おばあちゃん」を読むと決まって母が涙ぐむことを、この息子は知っているのだ。

翻訳本で、訳は今ひとつですが・・・。
この場面を読んで、素通りはできませんでした。

偶然ですが、1月に祖母が亡くなって、ちょうどいとこの子供がこの話の
主人公の年ごろで・・・。
すごく重なってみえるお話でした。

Nana Upstairs and Nana Downstairs
Tomie dePaola
Putnam Juvenile


同じ表紙の原書を張ってみたのですが、
中身検索は新しい版で、フルカラーなんですね。
中身検索を見ていたらtrue storyと書かれていましたが、
そうでしょうね~。

いとこに多読の話をしたら、自分も子どもに英語の本を読ませよう。
どんな本がいい?なんて言われましたが、
この本は、今は辛すぎるかなぁ・・・。
でも、愛おしい本になるような気がします。

英語でも読んでみたい一冊です。
コメント

Debbie Macomber「Be My Valentine: My Funny Valentine/My Hero」

2013年03月30日 | 英語多読
Be My Valentine: My Funny Valentine/My Hero
Debbie Macomber
Mira


二話入っています。
「My Funny Valentine」
離婚後、二人の子どもと母親に再婚を進められているDianne。
パーティーに一緒に行く相手を探さなくてはならなくなり・・・。
「My Hero」
ロマンス小説作家を目指すBailey。
書き上げた小説を友達に見せたところ、ヒーローに問題があると言われ、
ヒーローのモデルを探そうと思ったら、地下鉄の中でまさにヒーローに出会った。

どちらも、臆病になっている女性がヒロインで、
読んでいて、ちょっといらいら・・・と。
途中で、止まっていました。えいやーと残りを読み終えました。

いさぎよいヒロインのお話の方が好きですね。
傷つくかもしれない未来よりも、いま会えないほうが辛いのが恋ではないですか?

邦訳はこちら。

マイ・バレンタイン〈’91〉愛の贈りもの
デビー・マッコーマー
ハーレクイン


あなたはヒーロー (ハーレクイン・イマージュ (I780))
デビー・マッコーマー
ハーレクイン
コメント

TED関連本

2013年03月30日 | 気になる本・映画・ドラマ
How To Deliver A TED Talk: Secrets Of The World’s Most Inspiring Presentations
Jeremey Donovan
メーカー情報なし


酒井せんせいのところでも人気の「TED」。
私が初めて見たのは教育テレビでだったのですが、
webでダウンロードもできるので、面白いという報告があったものなどを
ときどき見ています。

ちなみに、私は今まで見た中では「Neil Harbisson: I listen to color」がお気に入り。
(いろいろな言語の字幕付きで見ることができます。)

丸善の洋書ランキングで見かけたTED関連の本。
丸善のペーパーバック本の価格は1200円台だったのですが、
Kindle版安い!amazon.comだと、audibleとのカップリング価格の案内もあり、
合わせてダウンロード(音源付きで390円くらいかな。)

amazon.comでの評判も良さそうなので楽しみです。



コメント

クレスト・ブックス新刊!

2013年03月30日 | 気になる本・映画・ドラマ
アンネ・フランクについて語るときに僕たちの語ること (新潮クレスト・ブックス)
ネイサン・イングランダー
新潮社


クレスト・ブックスのサイトはかなりチェックしているのだけど、
「夏の嘘」がでたばかりだからもう少し先かなぁ・・・なんて思っていたら、
本屋で新刊発見!

すごく好みな予感・・・。読むのが楽しみです。

原書はこちら。

What We Talk About When We Talk About Anne Frank
Nathan Englander
Phoenix (an Imprint of The Orion Publishing Group Ltd )


結構ホロコースト関係の本は読んでいるように思うのですが、
その根底には、「アンネの日記」があるのかな・・・。

「アンネの日記」との出会いは、確か小学校二年生の時で、
父の実家に行ったときに、本棚の中に伯母が読んでいたという
1950年代に刊行された「アンネの日記」を見つけたのです。
もらっていいと言われて、読んだのですが、
しばらく持っていたその本は、高校生の時に読んでも、
使われている文体が古く硬いために難しいところがあって、
いったい子供時代にどれだけ読めていたのか・・・と思いますが。

その後、小学生の間に「悲劇の少女アンネ」「アンネの童話集」「アンネの青春ノート」
と、伝記、童話、エッセイの順に読んでいきました。

(ちなみに、今は、アンネの日記のドイツ語版をゆるゆると聞き読みしています。)

そんなわけで、「アンネ・フランクについて語るときに僕たちの語ること」という題の
小説は、通り過ぎることはできませんね。
コメント

Monica Molina「Seahorses! Learn About Seahorses While Learning To Read」

2013年03月29日 | 英語多読
Seahorses! Learn About Seahorses While Learning To Read - Seahorse Photos And Facts Make It Easy! (Over 45+ Photos of Seahorses)
Monica Molina
メーカー情報なし


タツノオトシゴかわいい。

なんだかペットにする?というような問いかけが多かったですね~。
コメント

Leah Ledos「Porcupines! Learn About Porcupines And Learn To Read - The Learning Club!」

2013年03月28日 | 英語多読
Porcupines! Learn About Porcupines And Learn To Read - The Learning Club! (45+ Photos of Porcupines)
Leah Ledos
メーカー情報なし


やまあらしのとげは生まれたときはやわらかくて、
空気に触れて硬くなるのだそう。
なるほど。
コメント

シーラッハ三作目が来月発売!

2013年03月28日 | 気になる本・映画・ドラマ
コリーニ事件
フェルディナンド・フォン・シーラッハ
東京創元社


フェルディナンド・フォン・シーラッハ三作目が来月発売だそう。

ここに三作目の話がちょっとでていて、
読みたい!と思っていたのですよね。
きっと、この作品!
黒い森のケーキがちょっと顔をのぞかせているかな。
楽しみ楽しみ。

もう、英語版は出ているようですね~。

The Collini Case
Ferdinand Von Schirach
Michael Joseph


原書のドイツ語では、まだちょっと無理そうなので、
英語版で読んじゃおうか・・・。

コメント

Leah Ledos「Falcons! Learn About Falcons And Learn To Read - The Learning Club!」

2013年03月28日 | 英語多読
Falcons! Learn About Falcons And Learn To Read - The Learning Club! (45+ Photos of Falcons)
Leah Ledos
メーカー情報なし


Becky Wolffさんの本と同じような本。
Paperwhiteで読んでいるので白黒なのですが、
写真がいっぱいあるので楽しめます。

最近は、軽い和書を飛ばし飛ばし読んでいます。
サクサクと読んで手放そうかと・・・。
飛ばし読みした本はここにはあげていないので、
しばらくは、なんとか英語の本一冊・・・の日々が続きそうですか?

今年は、増やしている量よりも減らしている量のほうが多い。
けれども、それほど減ったという感じがしないのです。

外国語の本も結構手放しているのですけれど、
早く読めるのは和書だしねー。
ということで、和書が多めになっています。
コメント