春のそよ風夏の雨

嬉しいひととき。好きなこといろいろ書いています。

野間秀樹+金珍娥「ニューエクスプレス韓国語」

2012年11月30日 | 韓国語多読・関連書・参考書など
ニューエクスプレス韓国語
野間秀樹+金珍娥
白水社


これは、先にカタカナルビを消して、
スキットを聞き読みしました。
ルビは消したけど、ちゃんと聞き読みで付いていくことができました。

このスキットは生き生きと楽しくてよかった~。
効果音も入ったりして、ニューエキスプレスシリーズの中では一番
いい音源かも。

日本語を見ないで分かる部分は半分くらいかな。
こういう初心者用の教材は、重なる部分が多いから数を重ねるほど
読めるようになってくるということですね。
コメント

谷沢恵介+白尚憙「耳から入る韓国語 (2) にわか雨-ソナギ編」

2012年11月30日 | 韓国語多読・関連書・参考書など
耳から入る韓国語 (2) にわか雨-ソナギ編
谷沢恵介+白尚憙
学習研究社


(1)の「サランバンソンニムとお母さん」がよかったので、こちらも。

韓国では、教科書にも載っていて誰でも知っているような話だとか。
初恋といえば、この話というくらいの本なのだそう。

こちらは俳優さんと女優さんによる朗読。
「サランバンソンニムとお母さん」ほどは間はなく、読む速さももう少し
速いかな~。
でも、すごく雰囲気が伝わってきます。

初めて知るときめきと、悲しさ・・・なのかな。
やっぱり、切ない。でも、心にのこる話です。

こんな風な韓国でよく知られている話を素敵な朗読で聞きたかったので、
このシリーズはほんとにお気に入りになりました。

大きなハングルに、カタカナルビと日本語の意味が並んで付いているので、
ちょこちょこっと見ているのですが、少しずつここを修正テープで消して
行くことにしました。(ちゃんと読める、意味が分かる部分から。)
全部消せる頃には、韓国語でスラスラと読めるようになっているはず!


コメント

李蓮玉「驚くほど身につく韓国語」

2012年11月30日 | 韓国語多読・関連書・参考書など
CDレッスン 驚くほど身につく韓国語
李蓮玉
高橋書店


例文&スキットを聞き読みしました。
主役の人の話し方は、まずまずいいのだけれど、
他の人は棒読み調。

とはいえ、たっぷりと韓国語に触れられるという感じがあるので、
その点では満足です。
コメント

すごいかも。

2012年11月30日 | 気になる本・映画・ドラマ
英語は絶対に逆から学ぶな!
ク崔宰鳳
スカイ出版


まだ、60ページくらいしか読んでいないのですが、
見るものから、どんどん英文が出てくるようになりました。
何か、スイッチが入ったみたいです。出力スイッチかな。
これはすごいかも。
続きを読むのが楽しみだ。ワクワク。

ただ一つ、この本ちょっと化学薬品臭いです。
それだけが残念。

コメント

Lourdes Gomez de Olea他「Los secretos de Santullan」

2012年11月30日 | スペイン語多読・関連書・参考書など
Los secretos de Santullan
Lourdes Gomez de Olea他
Langenscheidt Kg


もう一冊。こちらはミニCDで音源が付いています。
ミニCDは、iPodに入れられないので部屋でしか聞けないのが残念。

戯曲です。
こちらは、雰囲気のある音源でいい感じです。
コメント

ルイス・セボジャダ+山崎佳世「驚くほど身につくスペイン語」

2012年11月30日 | スペイン語多読・関連書・参考書など
CDレッスン 驚くほど身につくスペイン語
ルイス・セボジャダ+山崎佳世
高橋書店


12/1はスペインバルオフ~。
ということで、それまで数日だけどスペイン語に触れよう~と
久しぶりにスペイン語の本。

スキットだけ聞き読みです。
生き生きした朗読・・・ではありませんが、
スキット自体は、なかなかいい感じだし、録音がスペイン語だけというのが
気に入りました。

見かけ以上にたっぷりとスペイン語に触れられる本という気がします。
図書館で借りた本なのだけど、この本は買ってもいいかも。
コメント

古川昭夫+宮下いづみ「続・イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ[社会・理科編]」

2012年11月30日 | 英語多読
続・イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ[社会・理科編](朗読CD付き)
古川昭夫+宮下いづみ
小学館


ノンフィクションの易しいものを読みたかったので手に取りました。
Info Trail6冊分が音源付きで入っています。

おはなしの方も読んだのですが、ノンフィクションのほうが好き嫌い
分かれそうですね。この本の選択はあまり好みではなかったかな。

音源はよかったです。
コメント

谷沢恵介+白尚憙「耳から入る韓国語」

2012年11月29日 | 韓国語多読・関連書・参考書など
耳から入る韓国語 (Gakken基礎から学ぶ語学シリーズ)
谷沢恵介+白尚憙
学習研究社


韓国語関係、いろいろ放浪してきましたが、
これは一番好きかも~と思いました。

1930年に書かれた韓国の物語を易しくしたものを
美しい朗読で読んでいます。

一文一文間を空けて読んでいるので、初心者に優しい
ところが、いいです。

6歳の女の子の視点で書かれているのが、すごくいい感じです。
とてもとても、切ないお話なんですが・・・。

コメント

八田靖史「はじめてのハングル「超」入門」

2012年11月29日 | 韓国語多読・関連書・参考書など
はじめてのハングル「超」入門 ビビンバを正しい発音で注文する (ソフトバンク新書)
八田靖史
ソフトバンククリエイティブ


久しぶりに再読。
7割がハングルについて、3割が韓国料理、食材、
食堂での会話といった感じの本です。

昨日は、韓国料理を食べに行ったので、その前にと
読んでいて、残り10ページくらい読んでいないのですが、
韓国料理好きの友達が興味あるという感じだったので、
渡してきました。

ハングルを学ぶには、ちょっと進むのが早すぎるような
気がするのですが(自分でじっくりノートを取って
調節できるなら十分です)いろいろ料理の部分などは
楽しいです。

音声がwebsiteでダウンロードできるのもいい感じです。
コメント

小倉紀蔵「韓国語はじめの一歩」

2012年11月27日 | 韓国語多読・関連書・参考書など
韓国語はじめの一歩 (ちくま新書)
小倉紀蔵
筑摩書房


この本にタイトルをつけるとしたら・・・
「韓くに幻想紀行」、「韓くに言霊」、あるいは
「韓くに言の葉」、「韓くにへの誘い」・・・。

現在の朝鮮半島をひとつのものとして著者は「韓くに」
と読んでいます。ある種の懐古を含んだ理想郷のような
響きを感じます。

そこでの言葉に魅せられた著者が、言葉を中心に「韓くに」
について語っていきます。

第二章は「言葉のしくみ」ですが、ぱっと概観を書いただけ。
お勉強向けではありません。

とはいえ、とても個人的な感情に包まれた韓くに案内は
幻想的な雰囲気もあり、面白かったです。
コメント