春のそよ風夏の雨

嬉しいひととき。好きなこといろいろ書いています。

Edward Ardizzone「Tim All Alone」「Tim in Danger 」Stephen Fryの朗読で!

2012年04月30日 | 英語多読
The Little Tim Collection: With Exclusive Audio CD Read by
Edward Ardizzone+Stephen Fry
Frances Lincoln Childrens Books


BOXセットから、今回聞き読みしたのは

Tim All Alone (Little Tim)
Edward Ardizzone
Scholastic Press


Tim in Danger (Little Tim)
Edward Ardizzone
Scholastic Press


の二冊。

最初の本は、
船の旅が終わって家に帰ってみたら、家に誰もいない・・・。
両親を探しに行くチムくん。かなり切ないお話です。

二冊目の本は、
ジンジャーが家出をして、シャーロットと探しに行くチムくん。
思いがけないハプニングが満載の一冊。

子供なんだけど子供扱いではないところが好きかな~と思います。

それにしても、朗読最高にいいです。

下のに参加しているのでよかったらクリックしてくださいね。

にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
コメント

小宮山勝司「キノコの魅力と不思議」

2012年04月30日 | 和書
キノコの魅力と不思議 見た目の特徴・発生時期・場所から 食感・毒の有無・中毒症状まで (サイエンス・アイ新書)
小宮山勝司
ソフトバンククリエイティブ


好きなブロガーさんが、よくきのこの写真をアップされていて、
きのこってかわいいよねなんて見ているのですが、
とある本(まだ未読)を買いに行ったら、その本が平積みされている
隣の隣にこの本があって思わずゲット。

図鑑というよりも、個人的エピソードときのこの写真と言った感じの本。
笑えたりほのぼのとするエピソードが多くて楽しかったです。
(ただ、腹下し系とか、人によってはなんだかなぁと思うエピソードも
多いので、みんなが楽しめるかは微妙かも。)

ほんとにキノコが大好きなんだなぁと、読んでいて微笑ましくなりました。

キヌガサダケの開くところとかきれいそう。
オニフスベ食べてみたい。

もしかしてキノコブログとか無いかしらと思ったらこちらでちょっぴり。

高杉さんの2巻できのこ狩りの話があったから見比べ。
光っちゃう毒キノコたくさんとっちゃったんだ。

そういえば、田島征彦さんの「口丹波呑呑記」(もしかしたら続編かも?)に、
笑いだけを食べてみた話があったなぁ。
と、田島征彦さんと息子さんのサイト発見。
キノコには関係ないけれど。
コメント

柳原望「高杉さん家のおべんとう1~3」

2012年04月30日 | 和書
高杉さん家のおべんとう 1
柳原望
メディアファクトリー


高杉さん家のおべんとう 2 (MFコミックス)
柳原望
メディアファクトリー


高杉さん家のおべんとう 3 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
柳原望
メディアファクトリー


だいぶん前に、上司(男性)が面白い漫画を教えてもらったんだと
教えてくれたのが「まるいち的風景」すごく面白くて、白泉社からでていた
柳原望さんの本は、古本屋で探したりして、ほぼ全部読みました。

あ、「まるいち的風景」文庫版に最終話ありなんだ!
おぉ~、文庫版読みたい。

白泉社で止まっていて、
久しく読んでいなかった柳原さんの本ですが、
「きのう何食べた?」を探しに漫画コーナーに行ったときに、
平積みになっているのを見かけて、わぁ。柳原さんの本だ~と
ときめき。(笑)
一巻を買い、今日読み終わったので、本屋に行き五巻まで手に取り、
ゴールデンウィーク予算を考え?二冊戻し。
あーでも、明日きっと四、五巻買っちゃいます。

面白いし、美味しそうだし、まるいちも出てきたりするし。

漫画あまり読まないのですが、久々にはまり~という感じです。
柳原らしい良さがいっぱい。

お、作者のブログ発見。
コメント

漆原友紀「水域」

2012年04月30日 | 和書
水域(上) (アフタヌーンKC)
漆原友紀
講談社


水域(下) (アフタヌーンKC)
漆原友紀
講談社


ブックオフに本を売りに行ったら、待ち時間が長くて、漆原友紀さんの本
3冊も読めました。
(家でじっくりのほうが良かったかなと思いつつも。)

「蟲師」の先に、この漫画があるのはなんだかすごく分かるなぁという作品で、
漆原さんの世界だなぁと思います。

時間や、この世とあの世の境界がない。
そんな村の話です。

悲しくて、切なくて、温かい。
自然とともにある民話的なところもある話です。
コメント

漆原友紀「フィラメント~漆原友紀作品集~」

2012年04月30日 | 和書
フィラメント~漆原友紀作品集~ (アフタヌーンKC)
漆原友紀
講談社


「蟲師」大好きなんですよね。
きっと、この作者の作品は全部好きだろうなぁ・・・
と思いつつ読みました。

「蟲師」の雰囲気もありますが、昔の絵柄ということで、
岡野史佳さんの作品を読んでいるような気分も。

温度感が少し似ているのかな。

と、今、岡野史佳さんその後お元気なのだろうかとふと検索したら、
3月に新刊が出ているのですね!
お元気になって、あの独特な優しい悲しさと明かりを含んだような
温かい物語を描いて欲しいですね。


コメント

山川紘矢「輪廻転生を信じると人生が変わる」

2012年04月30日 | 和書
輪廻転生を信じると人生が変わる
山川紘矢
ダイヤモンド社


「アシジの丘」の中の山川紘矢の文章がとても素敵で、
本があるなら読んでみたいなぁ・・・なんて思っていたところ
この本を目にして手に取ってみました。

小さい頃から勉強ができて、まわりの期待に応えて、
東大法学部に入り、司法試験にも受かり、
でも、勉強ができるんだし大蔵省がいいのではないかと
いわれて、大蔵省入り。

英語の勉強にと出た自己覚醒セミナーで、自分は好きで選んだ
ものではなく、周りの期待に答えるように仕事なども選んできた
のだなと初めて気がつく・・・。

仕事でアメリカに住むようになってから、色々なセミナーに
出ているうちに、いろいろと気がついたり、考えていく・・・。

翻訳も奥さんとの共訳が多いのだなと思っていたのですが、
その理由なども書かれていました。

無宗教だけど、信仰はある。一人宗教というのには共感。

かなりスピリチュアルな内容ですが、誠実なお人柄が感じられるような
本で、とても好感がもてました。
コメント

江部康二「京都の名医がおしえる「やせる食べ方」」

2012年04月30日 | 心と体を整える
京都の名医がおしえる「やせる食べ方」 ―美食で満腹ダイエット
江部康二
東洋経済新報社


久しぶりに江部さんの本。
こちらは、糖尿病ではなくダイエットメインの本です。
だからか、本の作りも語り口調もいつも以上にやわらかめ。

江部方式は、それぞれ楽しめる感じで無理なくやればいいという
温度なのがいいなぁと思います。

まだまだ続けていくつもり。

新しい本も発売になったようですね。
お店でパラパラと見てみました。

糖尿病・肥満を克服する 高雄病院の「糖質制限」給食
江部康二
講談社
コメント

ピエール・フランク「宇宙に気軽にお願いする法」

2012年04月28日 | 心と体を整える
宇宙に気軽にお願いする法 (Successful wishing 3)
ピエール・フランク
サンマーク出版


一冊目が良かったので、続けて読んでみました。
最寄りの図書館にほぼ置いてあるようなので、ラッキー。

一冊目を読んだ人の手紙がたくさん載っています。

みんなワクワクと楽しんでいる感じで読んでいて楽しい。
他の本も読んでみようっと。ドイツ語でも買ってみようかな~。

なんだかこのところ、図書館の本に追われ気味かも・・・自分の本も読んで
いるけれど。




コメント

中川ちえ「器と暮らす」

2012年04月27日 | 和書
器と暮らす
中川ちえ
アノニマスタジオ


器を作る作家と会ったよエッセイという感じでしょうか?
写真もありますが、器自体というよりも、
作り手がいて作り出されてくるものがある。
そんな様子を見て感じたことが書かれている感じです。

出てくる器は、温もりがあって使いやすそうなものが多かったです。
作り手を思いながら器を使うって素敵ですね。


コメント

ピエール・フランク「宇宙に上手にお願いする法」

2012年04月26日 | 心と体を整える
宇宙に上手にお願いする法 (Successful wishing)
ピエール・フランク
サンマーク出版


いわゆる「ひきよせの法則」系の本ですが、
ちょっと気になったアマゾンレヴューアーさんが、この著者の本を
気に入っているようなので気になったら、著者がドイツの方だと知って
読んでみたくなりました。

この本は、一冊目のようなので選びましたが、レヴューが書かれていたのは
別の本。

すごく軟らかく優しい感じの文章なので、気持よく読めました。
パートナーのミヒャエラさんへの信頼と愛情が感じられるのも良かったです。
スピリチュアルの本なのだけど、ポジティブシンキングの本としても読めそう。

Youtubeに結構上げていらっしゃいますね。

ちなみに著者とミヒャエラさん
ドイツ語の勉強にも?1/3くらいしか分からない。

そして、娘さんと猫も。かわい~。
kopfはheadなので、Kopfmassageは頭部マッサージですね。
日本語でも一語!
コメント