春のそよ風夏の雨

嬉しいひととき。好きなこといろいろ書いています。

ダン・アイアランド「希望のちから」

2017年11月24日 | 英語多聴・多視聴
希望のちから [DVD]
ダン・アイアランド
Happinet(SB)(D)


以前、

小さな命が呼ぶとき [DVD]
トム・ヴォーン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


をAmazonで購入するときに、Amazonにオススメされたのが「希望のちから」
です。この合わせて購入しました。

どちらも、実際の医薬品開発についての話を映画化したものです。

「希望のちから」は、乳がん治療によく用いられているハーセプチンという
医薬品の開発について描かれています。時代は1980年代〜1990年代にかけて。

乳がんには種類があるのだけど、その中にHER-2というタンパクを持つ乳がんが
ある。HER-2を標的にして薬を作ったら乳がんに効くはず。
そんな信念のもと研究をすすめるデニス。家庭よりも研究を優先するような毎日。
しかし製薬会社は、上手く行くか分からない薬の開発には慎重な態度で・・・。

デニスも、乳がん患者さんたちも、とても魅力的なキャラクターの人が多くて、
現実のシビアな部分などももちろん感じるのだけど、全体的に明るさもあって、
温かい作品です。
日本では、映画館で公開されなかったそうですが、医薬品開発にそれほど
興味がなくても、人々のドラマとして魅力的な作品でした。

今は、癌に関しては競争が激しいから、新しい機序の薬でもこれは効きそう
となったら早く動く製薬会社もあるなと思うけれど、この映画の時代は
もっと大変だったのかな。

とてもいい映画でした。

こちらのサイトにこの映画の案内と、モデルであるデニス・スレイモン先生が
来日されたときの動画へのリンクなどが載っています。
(動画は結構長いので、まだ見ていないのだけど、これは見てみたい。)
コメント

バズ・ラーマン「ムーラン・ルージュ」

2017年11月24日 | 英語多聴・多視聴
ムーラン・ルージュ [Blu-ray]
バズ・ラーマン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


「ロミオ&ジュリエット」と同じ監督の作品だったのですね。
この監督は銃が好きなのかなぁ・・・。

内容はほぼ知らないで見ました。
印象派の時代の頃のパリという設定なのかと見始めたら、
有名なミュージカル映画の中の歌やマドンナの歌などが出てくる
一風変わったミュージカル映画でした。

そして、おはなしは、これは・・・オペラの「ラ・ボエーム」を
思い出しました。(ちょっと設定が違うけれど。)

うーん。
面白さはあるのだけど、なんだか伝わってこなくて。
思いというか執着というか、そういうのにリアリティが感じられなくて。
そして、やっぱり銃に違和感があって・・・。

この監督とは合わないのかも。

一時期、いろんな英語の作品を見てみようと値段が安いDVDを結構買って
いたころの一枚です。(見てみようと思いながらも見てなかった作品が
多いな・・・。)
コメント

バズ・ラーマン「ロミオ&ジュリエット」

2017年11月24日 | 英語多聴・多視聴
ロミオ&ジュリエット [Blu-ray]
バズ・ラーマン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


アロハシャツを着て、銃社会なんだけど、
youではなくthouを使う(日本語だと汝とかそんな感じかな)
ような映画。

このアレンジは好きじゃないかな。
銃社会なら、ウエストサイドストーリーの方がぴったりだし、
ロミオ&ジュリエットはちょっと違うかなぁ・・・。

ただ、この映画の中のクレア・デーンズとレオナルド・ディカプリオの
二人はとてもかわいかったな。
コメント

ビリー・ワイルダー「昼下りの情事」

2017年11月24日 | 英語多聴・多視聴
昼下りの情事 (ニューマスター仕様) [DVD]
ビリー・ワイルダー
ジェネオン エンタテインメント


ゲイリー・クーパーはかっこいいけれど、この映画の中だとちょっと
おじいちゃんっぽいかなぁ・・・。公開時56歳くらいのようだから、
撮影時は55歳くらいかなぁ・・・。

私立探偵の娘アリアーヌは、父の仕事の資料の中にとてもハンサムな
男性の写真を見つけます・・・。

オードリー・ヘップバーンのツインテールがかわいいなぁ。
パンツスタイルかわいいなぁ。
と、キュートさを楽しめる作品でした。

コメント

高階秀爾「ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」はなぜ傑作か?」

2017年11月24日 | 本(美術書)
ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」はなぜ傑作か?: 聖書の物語と美術 (小学館101ビジュアル新書)
高階秀爾
小学館


キリスト教絵画についての本。

高階秀爾の本は難しい本も多いのだけど、小学館101ビジュアル新書から
でているのはどの本も入門者が楽しめるくらい易しくて、図版もたくさん
なので、とても読みやすいです。

新書ということもあって、取り扱われている題材は限られていますが、
同じ題材のいろいろな画家の作品を並べて見られたりして、結構深く
語られていると思います。

コメント

James Howe+Jeff Mack「Creepy-Crawly Birthday (Bunnicula and Friends 6)」

2017年11月24日 | 英語多読
Creepy-Crawly Birthday (Bunnicula and Friends)
James Howe+Jeff Mack
Simon Spotlight


Monroe家の次男Tobyの誕生日。
なにやらサプライズがあるらしい。
犬のHaroldたちは探り当てようと・・・。

Tobyは性格がいいなぁって思います。
Haroldが大好きなのも分かる。

コメント