春のそよ風夏の雨

嬉しいひととき。好きなこといろいろ書いています。

目が見えない方も目が見える方も楽しめる絵本

2018年08月09日 | 気になる本・映画・ドラマ
目が見えない方でも、朗読や点字などで本を楽しめる。
でも、絵本を楽しむことは難しいですよね。

目が見えない方でも楽しめる絵本を作りたい。
そんな思いから、ベネゼエラのお二人で作られたのがこの本です。

El libro negro de los colores
Cottin Menena+Rosana Faria
Libros del Zorro Rojo


こんな本は見たことがない!と思いました。
色は真っ黒。文章は白。
エンボス加工で絵が描かれていて触れると絵が分かる。
そして、文章は点字でも書かれています。

絵を触って感じられる絵本なのですね。
それでいて、エンボス加工の部分は光に当たってきらっと光るので、
見てもとても美しいのです。

内容は、色について書かれています。
目をつぶって、絵を触りながら色を感じてみます。
指からどんな風に伝わってくるんだろう。

この本、英語、ドイツ語など複数の言語で訳されています。
でも、日本語には訳されていません。
こんな素晴らしい本が日本語でも読めるようになればと、
スペイン語多読の会会長の川本さん、イスパニカの本橋さんなどが
がんばって、クラウドファンディング形式でのプロジェクトが始まりました。

ご興味を持っていただける方はこちらをご覧ください。
この本のこと、多くの方に伝えていただけたら嬉しいです!

こういう本が、地区の図書館や学校図書館に置いてあったらいいなぁ。
そしていろんな方が手に取ってほしい。

指で絵を感じてみるというのは素敵な体験です。
美術好きとしては、美術書としてもとても素敵な本だと思います。

内容については、ミランフ洋書店さんのサイトにも書かれています。

ちなみに、私が持っているのは英語版。
原書もスペイン語多読の会で読ませていただきました。
発行国も違うので、絵のページも少し違ったりしてそこも面白いです。
読んではないのですが、ドイツ語版はエンボスの凹凸が特にはっきりしているそうです。

英語版はこちら。
The Black Book of Colours
Cottin Menena+Rosana Faria
Walker Books Ltd
コメント

Redouteの素敵な画集!

2018年07月02日 | 気になる本・映画・ドラマ
Redouté: The Book of Flowers / Das Buch de Blumen / Le livre des fleurs (Fp)
Redoute
Taschen America Llc


ショーメの展示会を見て、ショップに行ったら、
ルドゥーテの素敵な本が置いてありました。

日本語版だと、

Les Roses バラ図譜 【普及版】
ピエール=ジョセフ・ルドゥーテ
河出書房新社


美花選 【普及版】
ピエール=ジョセフ・ルドゥーテ
河出書房新社


は持っているのですが、紙と印刷はTaschenの方がよい感じがしましたし、
ボリュームからすると文章もあるけれど絵もさらに載っているのかなと。

ルドゥーテの花の絵は本当に大好きなので、Amazonで注文しました。
少し時間がかかるようですが、とても楽しみ。
コメント

例文がみんな吸血鬼関係なんだって。

2018年06月21日 | 気になる本・映画・ドラマ
Twitterで知って気になった本。
翻訳本を見てきたら、面白そうでした。

The Deluxe Transitive Vampire: A Handbook of Grammar for the Innocent, the Eager and the Doomed
Karen Elizabeth Gordon
Pantheon


邦訳本はこちら。
吸血鬼の英文法
カレン・エリザベス・ゴードン
彩流社
コメント

南アフリカ出身のコメディアンの自伝

2018年06月03日 | 気になる本・映画・ドラマ
気になる本をもう一冊。これは本屋で邦訳本を見かけて面白そうだと
思った本です。レビューもいい感じですね。
オーディオブックも最高なのか。

webで探すと、ご本人の動画なども結構みられますね。

Born a Crime: Stories from a South African Childhood
Trevor Noah
Spiegel & Grau


トレバー・ノア 生まれたことが犯罪! ?
トレバー・ノア
英治出版
コメント

中年男とロボット

2018年06月03日 | 気になる本・映画・ドラマ
丸善の洋書売り場で気になった本。
中年男とロボットの話。
あらすじを読んでいると面白そう。

二巻目は、日本で先行販売されていて原書は未発売だとか。
それなら日本語で読む方がいいかな。ちょっと悩む。

A Robot In The Garden
Deborah Install
Black Swan


ロボット・イン・ザ・ガーデン (小学館文庫)
デボラ・インストール
小学館


ロボット・イン・ザ・ハウス (小学館文庫)
デボラ・インストール
小学館
コメント

写真集が欲しいな。

2018年05月27日 | 気になる本・映画・ドラマ
TwitterでGuy Talさんという方の写真を見て、ずきゅんという感じだった
ので、写真集あるかなと探してみたのですが、写真入りの・・・という本は
あっても、いわゆる写真集はないみたい。

webでは見られるのだけど、本としてじっくり見るほうが好きなんですよね。
写真集でないかな。

More Than a Rock: Essays on Art, Creativity, Photography, Nature, and Life
Guy Tal
Rocky Nook


The Landscape Photographer's Guide to Photoshop: A Visualization-Driven Workflow
Guy Tal
Rocky Nook
コメント

Britta Teckentrupの羽根と卵。

2018年05月20日 | 気になる本・映画・ドラマ
Birds and Their Feathers
Britta Teckentrup
Prestel Junior


The Egg
Britta Teckentrup
Prestel Junior


6月かなと思っていたら、思いがけなく早く届きました。
まずは、全部絵を眺めてみました。

やっぱり、Britta Teckentrupさんの絵大好きです!!!

科学絵本ですが、これは読みやすそうです。



コメント

Twitterで知った本

2018年05月20日 | 気になる本・映画・ドラマ
こうやって、気になる本メモを書いていますけれど、
これは結構危険というか、買ってしまう率が高いのですよね。

でも、面白い本が多いしやっぱりメモっておきたい。

The Shakespeare Secret: Number 1 in series (Kate Stanley) (English Edition)
J. L. Carrell
Sphere


シェイクスピアでダ・ヴィンチ・コード風の本のよう。
面白そうかなと。

This Book Will Send You to Sleep
Professor K. McCoy+Dr Hardwick
Ebury Press


眠くなりそうな文章をランダムに集めた本だそう。
睡眠障害気味なので、かわいい装丁でもあるし、なんか気になります。
持っていても読まなそうだけど、持っているだけで眠れそうな。
コメント

Sebastian Meschenmoserさんの邦訳本

2018年05月10日 | 気になる本・映画・ドラマ
ユーモアとウィットたっぷりのSebastian Meschenmoserさんの絵本。
英語、スペイン語、その他いろいろな言語に訳されています。
邦訳もあるようなので、機会があったらぜひ。

って、まだちょっと面白さに浮かれています。。。

ペンギン

空の飛びかた
ゼバスティアン・メッシェンモーザー
光村教育図書


リス

リスとお月さま
ゼバスティアン・メッシェンモーザー
コンセル


リスとはじめての雪
ゼバスティアン・メッシェンモーザー
コンセル


リスとはるの森
ゼバスティアン・メッシェンモーザー
コンセル


リスと青い星からのおきゃくさん
ゼバスティアン・メッシェンモーザー
コンセル
コメント

絵が好き過ぎて・・・。

2018年05月06日 | 気になる本・映画・ドラマ
Look at the Weather
Britta Teckentrup
Owlkids


週末にBooks Kinokuniya Tokyoに行って、表紙がきれいと手に取り、
中身を見たら、もう抱きしめていました。

そんなわけで入手した本。
内容は科学的だし、かなりボリュームもあるので眺めただけなのですが、
もう、もう幸せすぎる〜。

こういう絵大好きなのです。

なんとなく絵を見て、フランスっぽいような、でもフランスでもないような
ヨーロッパっぽい感じの絵だなぁと思っていたのですけれど、ドイツの方
だったのですね。
それなら、原書が欲しかった〜。
もう、好きになりすぎて翻訳かもとか考えずに買っていました。

いろんな天気の絵。ほんとに素敵です。

著者のサイト見つけて夢中になってしまいました!
卵と羽根の本欲しいな。
コメント