春のそよ風夏の雨

嬉しいひととき。好きなこといろいろ書いています。

筆記体

2015年02月24日 | フランス語関連書・参考書など
英語の筆記体は、中学校の時ちょっと勉強したくらい。
基本的には書くときはブロック体です。

なので、筆記体を読むのも得意ではないのですが、
英語だとまだ少しは読めるかな~という気がします。

フランス語は英語とはまた違って、ちょっと読みにくい。
けれど、バンド・デシネ(BD)など筆記体のものが結構あるので、
フランス語の筆記体を勉強してみることにしました。

フランス語筆記体レッスン―たのしく、おしゃれに始めるフランス語の第一歩
クリエーター情報なし
国際語学社


まず一通り目を通して、
BDを読みながら、分かりにくい文字を確認して読んでいくと、
少し慣れて読みやすくなってきました。

書くよりも読みたいのですが、ワークブックなので一日数語くらい書いて
みようかなとも思っています。

くるんくるんなフランス語だな~。

ドイツ語は、子供が作中で描いた手紙が筆記体で描かれているものなど
あって、これもちょっと読みにくい。
ドイツ語の筆記体は、英語ともフランス語ともまた違う感じのようですね。
ドイツ語の筆記体もすごく気になるのですが、クラシカルな絵本などは、
フラクトゥールで書かれているものもあって、こちらのほうが気になるかな。
読めたらかっこいいですよね。

ドイツ語は、くるんではなく、すっと伸びている感じかな。
コメント

「清岡智比古講演会「フラ語入門、八重洲からはじめましょ!」」@八重洲ブックセンター

2014年04月06日 | フランス語関連書・参考書など
ハートにビビッとフランス語 清岡&レナ式初級講座 (NHK CDブック)
清岡智比古+レナ・ジュンタ
NHK出版


八重洲ブックセンターに、
清岡 智比古先生 講演会 「フラ語入門、八重洲からはじめましょ!」」を
聞きに行きました。

一日だけなので、発音(発音記号を見ながら、フランス語の歌を見ながら)が
中心でした。こんなにフランス語の発音練習をしたのは初めてかも。

発音練習の他に、

パリ、ジュテーム プレミアム・エディション [DVD]
いろいろ
ジェネオン エンタテインメント


という5分間ずつのオムニバス映画の中から、セーヌ河岸を舞台にした
一作品を一度見て、もう一回解説を聞きながら見るというのがあって
面白かったです。
パリの人たちの構成、名前、歴史・・・。

5分間のオムニバスって、フランス語多視聴向きですね。
このDVDは欲しいな。輸入盤とか安くないかしら・・・。

もっとにぎやかな外国語の世界 (白水Uブックス)
黒田龍之助
白水社


この講演には、清岡さんの元同僚の黒田龍之助もいらっしゃっていて、
黒田先生は・・・?、黒田くんは・・・?、などと清岡さんに何度か振られて
いました。

質疑応答では、回答も振られて、前に出たりも・・・。

黒田さんの講演も聞いてみたい!ぜひともぜひとも。

フランス語の勉強になったかというと、ちょっと?な気はしますが、
とっても楽しく、こういうライブな感じはいいなぁと思いました。
歌も一曲、もう少し練習すれば歌えそうな気がしますし。
フランス語(というか言語)モチベーション?もあがりました。
コメント

辞書でフランス語ボキャビル

2012年01月27日 | フランス語関連書・参考書など
Collins First Time French Dictionary
クリエーター情報なし
Collins


読む単語集の他に、例文が多い単語集の例文読みをしているのですが、
その単語と結び付けたいのにと思うと、難しい例文が多かったり、
この単語ならこういう使い方の例文もあるといいのにと思ったり、
なんだかいまひとつしっくり来なくて、ふっと、前に少し読んでいた
辞書がいいかもと読んでみました。さすがは子供向け。
例文が易しく、辞書なのでいくつかの意味で例文が載っていて、
使いやすい!前はあまりボキャビルを考えていなかったので、
数回で止めちゃったのですが、今なら仏英部分全部読めそう。
それに、日本語ではなく易しい英語での説明もいいですね。
前置詞などはやっぱり英語対応の方が分かりやすいですし。
オンラインでワークブックなどもあるみたいでいいかも。

辞書といえば、子供用仏仏辞典も注文中で今日届くみたい。
Dictionnaire Larousse Junior
イラストもたくさんあるのを選んでみました。
こちらも時々ぱらぱらと読んでみたいなと思います。
コメント

島崎貴則「ゼロからスタートフランス語単語BASIC1400」

2012年01月23日 | フランス語関連書・参考書など
ゼロからスタートフランス語単語BASIC1400
島崎貴則
ジェイ・リサ-チ出版


ボキャブラも少しずつやっています。
何冊か単語集を持っているのですが、今のところ一番気に入ったのはこの本。
これは、初心者用ではなくて、ある程度は分かっている人向けです。

第一章 重要動詞 10語
第二章 「意味と用法」で覚える 338語
第三章 「語形」で覚える 750語
第四章 日常語

第二章では、日本語訳ではおなじになるような単語の使い分けとか、
単語の意味の広がりなどの説明がしっかりあったり、
第三章では、接尾辞や英語との比較があったり、
闇雲にではなく、なるほどと理解しながら読み進めていけるので、
頭に残りやすい気がします。

説明も多いので、読む単語帳と言った感じです。
読む時間は、移動時間などでも取れるのですが、書く時間はなかなか
取れないので、まず二回くらいしっかり読み込んで、覚えていない単語を
書いて覚える予定です。

下のに参加しているのでよかったらクリックしてくださいね。

にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
コメント

中島万紀子「大学1・2年生のためのすぐわかるフランス語」

2012年01月20日 | フランス語関連書・参考書など
大学1・2年生のためのすぐわかるフランス語
中島万紀子
東京図書


1/4位まで読んでいた本を、最初から読み直して、
最後まで読み終わりました~。

初中級くらいまでのレベルなのかな?
今まで読んだ本の中では一番のお気に入りです♪
この本は、10回以上読み返したいなと思います。

余白もたくさんあり、見開きを見ただけで、何を学ぶのかはっきりと
目に入って来る感じです。
その後に例文もたくさんあるので、しっかりと分の中で確認することが
できます。なので、頭の中にもすっと入って来やすいです。

例文にも遊び心があり、7章以降は、普通の例文以外にも「三姉妹物語」という
遊んだ物語もあります。

説明は、ちょっと男前?な、語り口調。
講義も聞いてみたくなっちゃいます。

この本は、同じシリーズのドイツ語版が良かったので買ったものなのですが、
ドイツ語版もかっこいい感じでした。

下のに参加しているのでよかったらクリックしてくださいね。

にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
コメント

久松健一「ケータイ〈万能〉フランス語入門」

2012年01月19日 | フランス語関連書・参考書など
ケータイ〈万能〉フランス語入門 (CD BOOK)
久松健一
駿河台出版社


フランス語は、何回も入門書挫折を繰り返したので、
入門書が何冊もあります。
全部一通り読んで、読み直そうと思うものを除いて
減らそうかなと思いました。

この本は再読です。
ただ「入門」なのに、初めて学ぶ人はあちこち飛んで
読むようになっていて、最初読んだときは、なんだか
流れがつながってないようなぶつぶつ感が強くて、
あまり頭に入ってきませんでした。

今回は最初から、本の順番で読み直ししました。
基本的には、左ページは先生と生徒の会話、右ページは
表などを中心とした構成となっています。

入門書は、範囲を少なくしてある程度詳しく書かれた本と、
範囲はある程度広めだけれど細かい部分を省いたものとが
ありますが、この本はどちらかというと前者。
過去形などについての記載はないです。

会話のセンスはちょっと?と思いましたが、
まずまず分かりやすかったし、どうしてと思って
いたことについて、ちょうどQ&Aで書かれていたりして、
今回は、割といい感じでした。

音は聞かなかったので、一度音を聴きながら読んでみよう
と思います。

コメント

アニー・モヌリー・ゴアラン「謎が解けるフランス語文法」

2012年01月16日 | フランス語関連書・参考書など
謎が解けるフランス語文法
アニー・モヌリー・ゴアラン
第三書房


フランス語関連のブログを見ていて、これはよさそうかも
と思った参考書を見に行ったのですが、それではなく、
その数冊横にあったこの本がとても面白そうだったので、
これを買って来ました。

この本は、フランスで外国人のためのフランス語学習の
ために書かれた本のようです。
(外国人=日本人ではないので、日本人にとってはやや
補ってほしいと思うところもあります。)

何が楽しいかと言うと、詩や広告文などがたくさん載って
いるのです。
まず文法があって、少し例文が・・・と言う形ではなく、
まず実際に使われている文章があって、その中から文法を
行くというスタイルなんですよね。
(まずは文法も読んで、後は文章を繰り返して読んで、
多読本にしちゃおうかなとも思っています。)

まだ、買ってそれほど経ってないので進んでないのですが、
ちょこちょこと読み進めています。

フランス語多読をしようと思ったとき、簡単なフランス語
文法知識を付けようと、amazonで簡単だと言う参考書を読み
かけ、分からなくて挫折というのを3回ほど繰り返して、
やっとできたのがワークブック一冊だけなのですが、ある程度
フランス語多読をしてから参考書を読むと結構読めるのですよね。

まず、法則だけ示されてもよく分からない。
でも、ある程度文章に接していて、その中でこんな風に
使っているのかなぁとおぼろげながらでも分かっていると
法則を見ても結構分かる。
今なら、フランス語文法も楽しいだろうなと思います。
コメント

佐藤康「フランス語のしくみ」

2012年01月07日 | フランス語関連書・参考書など
フランス語のしくみ
佐藤康
白水社


多読前に読んだフランス語関連本はとても簡単な3冊だけ。
そのうちの一冊がこの本で、久しぶりに読んでみました。

多読で文法が分かるのかと言えば、よく目にするうちにこんな感じ
なんだろうなというのは分かってきます。

その後で、文法についての本を読むと、そうそうと。

多読前は、分からないところもあったこの本。
今読んだら、ほぼ知っていることでしたが、形として表してもらったようで、
頭の中がすっきりして読んでよかったです。

もう少し、文法書読んでみてもいいかな~。
コメント

だぶってしまった。ご注意を・・・。

2011年12月30日 | フランス語関連書・参考書など
Teach Me Frenchは楽しくてやっぱりいいな~と続編を注文してみました。

Teach Me More French (Teach Me Series)
Judy Mahoney
Teach Me Tapes


Teach Me Even More French: 21 Songs to Sing and a Story About Pen Pals (Teach Me Series)
Judy Mahoney
Teach Me Tapes


Teach Me... French and More French (Teach Me Series)
Judy Mahoney
Teach Me Tapes


今日、届いたのですが一番下の本よく見ると、Two in one book・・・。
Teach Me FrenchとTeach Me More Frenchが一冊になった本でした。
念のため、CDで曲数を確認したのですがやっぱり一緒。
あーあ。誰かにあげるかなぁ・・・。それとも、一冊は書き込み用にして、
もう一冊は書き込まないで置いておくかな。
この本、塗り絵仕立てなので、いっそのこと一冊は塗り絵にする?

Even Moreは歌よりも文章が多いみたいで、急にぐっと量が多くなった
気がします。

そういえば、英語で何冊か持っているこのシリーズのフランス語も気になります。
本屋さんで見かけたのですが、ソフィーという女の子の半ページ程の文章が
あって、その後に数ページの説明があってという構成なんですよね。
読み物としては少ないかなとも思うのですが・・・。よさそうな感じ。

Painless French (Barron's Painless Series)
Carol Chaitkin+Lynn Gore
Barrons Educational Series Inc


改訂版?もでるのですね。

Painless French (Barron's Painless Series)
Carol Chaitkin+Lynn Gore
Barrons Educational Series Inc
コメント

レナさんの声目当て。

2011年12月23日 | フランス語関連書・参考書など
フラ語ボキャブラ、単語王とはおこがましい!(改訂版)《CD2枚付》
清岡智比古
白水社


10月からNHKのまいにちフランス語を聞いているのですが、
すっかりレナ・ジュンタさんの声のファンになりました。

明るくて元気がでる声!

そんな声なら、単語を覚えられるかななんて一冊選んでみました。
この本楽しい~。飽きずにどんどん聞いて読んでいます。
テーマごとなので、自然と派生語の感覚も分かります。
テーマごとなので、ストーリーはないのだけど、どこかストーリーがある
感じがします。
男性名詞は男性が、女性名詞は女性(レナさん)が読んでくれるのもいい感じ。

ただ、どの章にどの意味の単語があるかは覚えてしまうから、
チェック用には使えませんね。
コメント