コットン・フィールド

田舎の織り暮らし

ブラウス

2017-07-27 | 織り
暑いですねぇ

言い飽きるほど 言ってますが、ほかに言葉が見つからなくて…
今年は 特に湿度が高くて 例年以上、身に堪えます

保多織りのブラウスが出来ました。
型紙から起こして作ったのは、数十年ぶりです。

水を通すと、縮みのような小さな絞ができます。
これ、結構、縫いにくいですね

糸も針も薄地用に変えてミシンをかけても、何んとなく つってるように見えて、納得できず
結局解いて、半分以上手縫いになってしまいました。
手縫いは好きですが、ミシン縫いを解くには困りました。
ちょっと油断すると、織り糸を切ってしまいそうで、縫うより解く方に時間がかかりました


ノースリーブのワンピースの上に着ると、こんな感じでしょうか
もう少し、ダーツとか入れて、遊んでも良かったかなぁ
と、なると、もっと大変でした

保多織りは、肌触りが ”さらり” とした、夏向きの素敵な織りです。
また、挑戦したいと思います。





『クラフト・ハンドメイド』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手提げ | トップ | 最近のハティー »
最近の画像もっと見る

織り」カテゴリの最新記事