Michiyo Kamei "Shape of life"いのちのかたち  

画家 亀井三千代 記
「身体曼荼羅」春画と解剖図
michiyokamei diary

亀井三千代 HP/Michiyo Kamei official web site 

https://michika-6.wixsite.com/michiyokamei

三渓園、散策。

2021年05月07日 08時28分16秒 | 日記

(前回の続きで)
まぁ4月にいろいろあったもので
GWは引きこもっていたら心が死んでしまうやろ、
ということで 三渓園 に行きました。

コロナは怖いので、早朝に車で出発。
開園時間とともに入場。
ほとんど人が居なくて景勝地をほぼ独り占め。


三渓園へのきっかけはこれ 「アートの庭」

この展覧会が開催されてたからです。
友人の作家2名、木村浩之さん、河合悦子さんが参加されています。


南門から入場してすぐ、木村浩之さんの作品を見つけました。

少しだけ作品をご紹介します。これらは全体のほんの一部↓









河合悦子さん作品↓

至る所に様々な作品があるので見どころ満載。
庭園散策していてもメリハリがあって楽しい、面白い。


帰り際には三渓園内の 雁音茶屋 でうどんと団子も堪能しました。
特にうどんは絶品。
麺の歯ごたえも良いですが、口に含んだ瞬間のだし汁がめちゃ旨かった。

SNSは何となく自粛ムードなのでブログに投稿しました。
引きこもっているのもいいけれど、安全な形を模索して外に出かけるのはありだと思います。

亀井三千代SNSはコチラから全てアクセスできます。
HOME | MichiyoKamei (wixsite.com)


「ノマドランド」観ました。

2021年05月06日 19時21分03秒 | 映画

久しぶりに映画館で映画を観ました。
「ノマドランド」。
これは3月の人人展の時に、是非見た方が良いよ、と
お客さまがチラシを下さって気になっていた映画です。

展覧会の後、4月はいろいろなことがあって
たった1ヶ月で何ヶ月分もの重みがのしかかった。
これは私の人生にとって笑えない重大な1ヶ月だったと思う。
(コロナではないですよ)
まぁ何とか耐え忍んでその嵐が去った時、映画館に駆け込んでいた。
「ノマドランド」を奨めてくれた人は私にとっては預言者だ。


家を持たない漠とした人々の繋がりを
何の前知識も持たずに見たが、
最後のエンドロールを眺めながら、
登場人物名と俳優名が同じ人が多いことに、あれ?って思った。

帰宅して調べたら
これはドキュメンタリー映画ではないですか!!(笑)
米国に増えている高齢の白人「ノマド」。
彼らは家を持たずにキャンピングカーで生活をしている。
その米国の社会的、経済的な背景を知ってひっぱたかれた気がしました。

★ひっぱたかれたい人、まずは観て下さい。
ノマドランド

★現在、山梨県の甲府・シュミヤ・アート・ウインドーで展示中の
亀井三千代展「トーテム=団結の装置」のインタビューは続いています。
是非ご覧ください→ インタビュー


最近のあれこれ・雑誌やインタビュー

2021年04月07日 08時46分37秒 | 日記

棚上げしていたことにコツコツ着手しています。
作品も少しずつですがたまってきました。



1年前の4月、緊急事態宣言が出されて
羽黒洞での個展「カルマフリー」も延期になった。
その時は、これは来年には収束しているだろうと軽く考えていたが
それから1年経った今、もうそんな甘い考えは全くない。

少なくともこれから2,3年、悪くすると5年はかかるか
あるいはこのままずっといくか。
以前はなんとなく、
「これはコロナがおさまったらやろう」と後回しにしたアイデアもあったが
おそらく間違っている。

全く逆で
今、それまで以上に沢山のことにチャレンジして失敗の出来るとき。
大いに動けば成長の望める時だと今更気づいた。
ただ「待っている」はアウトです。



現在発売中の アートコレクターズ4月号 の特集「いまこそ幻想美術」に掲載頂きました。

青木画廊さんの対談の充実、
また掲載されている作家さんもバラエティーに富んでいて
一言に「幻想」と言っても、その幅の広さを改めて実感。
ただやはり西洋由来の「幻想」概念に引っ張られている感が否めません。
日本には妖怪文化があるので日本独自の湿っぽい「幻想」概念もあると思います。
妖怪画、幽霊画もある意味「幻想美術」なのではないでしょうか?

でもそれは別のカテゴリーなんだよなぁ、何故分けるのかなぁ、
そこら辺がよく分かりません。
私は、日本には日本の風土があり、そこから離れることはできないと感じています。
海外由来の概念に固執している限り堂々巡りで出口はないように思うのですが
どうなんでしょう…



雑誌の他に、
現在展示中のshumiya art window Vol.13
亀井三千代展「トーテム=団結の装置」のインタビュー出ております。
https://www.facebook.com/shumiyaartwindow/

お時間あるときに、お読みいただけましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします!!


第44.5回人人展@羽黒洞、終了いたしました。

2021年04月02日 17時09分44秒 | EXHIBITION

3月24日に、滞りなく第44.5回人人展@羽黒洞は終了いたしました。

コロナ禍だということを忘れてしまいそうな毎日でしたが
事態は全く良くなくて感染者数は増えているようです。

展覧会が終わって2,3日くらい経ったところでドっと疲れが出て、ヘロヘロになりました。
燃え尽き症候群的な感じでしょうか。
気分もすぐれず、川崎大師のおみくじですら「凶」が出ましたね。

とはいえ、絵を描いていないとそれはそれで不健康なので
描きかけだった作品に少しずつ手を入れ始めました。

見た目や声が元気そうなので、実際に元気でなくても「亀井は元気だから大丈夫」と思われがちで
損をしていると思う。
どこかでゆっくり休まないと、心に愛を取り戻せない。

休みます。。。

画像は今回の人人展より。







ま、こんなんだから元気そうだと思われるんですね。
実際楽しかったデス(^_^; 

//////////////////////////////////////////////////////////
人人展は終わりましたが、shumiya art window亀井三千代展「トーテム=団結の装置」
は開催中です。やっとインタビューが上がりましたので次回お知らせ申し上げます。


「はじめての水彩画」亀井三千代水彩画教室 @ つきのみちくさ・浦和

2021年03月27日 22時27分38秒 | 水彩画教室

浦和にて、独立して水彩画教室を開講することになりました。
受講者大募集中です。

「はじめての水彩画」亀井三千代水彩画教室 @ つきのみちくさ・浦和



透明水彩は、日本人に馴染みの深い「水」に親しむものでもあります。この講座では静物、花、写真、野外スケッチなどさまざまなモチーフを描きます。基礎的な知識も織り込み、初心者から経験者までそれぞれの方が楽しく描くことができるようプログラムを組みました。根気よく続けているといつの間にか上達し、絵は描き手に寄り添うものになっています。絵がその人にとって「一生のかけがえのない友」になるよう親身にご指導いたします。     
亀井三千代・波露の会主催

★受講要項
日時:毎月第1,第3土曜日15時半~17時半
場所:つきのみちくさ
受講料:3ヶ月6回 15,000円(施設費、モチーフ代込み)途中受講できます。

★体験と見学
ご興味のある方には、1回体験をおすすめいたします。
1回体験2,800円、見学は20分できます。希望日の1週間前にご予約ください。
お問い合わせ・ご予約 ✉  michikame66@gmail.com  波露の会事務局まで

★注)新型コロナウイルス対策の為、手指消毒・マスク着用でお願いいたします。



          
お待ちしております。