佐世保便り

2008年7月に佐世保に移住。
海あり山あり基地あり。そしてダム問題あり。
感動や素朴な疑問など誰かに伝えたくて…

石木は今日は雨だった

2010-04-01 | 石木ダム

今朝は、雨が降ったり止んだり・・みんなレインコート姿です。

今日はこれだけ?

いえいえ、あと4人はいますよ。

少し離れていたり、あとここにも一人・・ね。

 

真ん中の背の高い人は男性です。若者代表Y君。

昨日の女性陣の優しすぎる行動にあきれて?やってきたようです。

 

しばらくして、警備員の方がやってきました。

  どいてくれんですか?

  どかんよ~

  どいてもらわんと仕事ができんですが・・

  俺たちも仕事に行きたかとよ~

  仕事をせんば、生活がかかっとるけんですね。

  俺たちも生活かかっとるとよ。

  私たちはずーっと生活かけてきとるとよ!

 

警備員さんは携帯を出して電話をしていましたが、まもなく帰っていきました。

その後、1,2台、様子を見に来た車がありましたが、素通りして行きました。

トラブルや危険な事態を避けたいのは、私たちも工事関係者も皆同じなのです。

 

事情をよくご存じでない方の中には、工事を妨害する住民は加害者で、

妨害されている工事関係者は被害者のように見えるかもしれませんが、

そうではないのです。

 

このまま工事を進めることは、

いずれ反対住民の土地を奪うこととなり、住民こそが被害者なのです。

住民は自分の土地や家や生活を守るために、工事を止めてと訴えているのです。

 

日本人の誰もが、自分の財産を守る権利や居住する権利を憲法で保障されています。

反対住民の方々は、その当然の権利を守りたいだけなのです。

 

50年ほど前にダム計画が持ち上がり、それをただ引き継いできた行政。

時代が変わり、状況が変わり、その大きな変化に応じて、

事業の是非をあらためて考えてみようともせず、

何が何でもダムを造ろうとする行政に、彼らは何度も何度も提案しました。

ダムの必要性を考える公開討論会をしましょう、

専門家を招いて市民の前で話し合ってもらいましょうと。

 

そういう提案にはいっさい耳を貸さず、いきなり付替え道路の建設工事を始めたのです。

 

あなたが住民なら、どうしますか? 

 

 

追伸:今日の「ニュース23」見た方、ごめんなさい。

   石木ダムのこと、何も出ませんでしたねー。

   佐世保市の水道料金値上げ問題だけは取り上げていましたが・・・

   私に教えて下さった方(TBSから取材を受け、放送日の事前連絡を告げられた方)

   の聞き間違いだったのか、TV局の都合で変更になったのか・・・?

   今のところ定かではありませんが、私が予告したばっかりに、

   遅い時間まで起きてて下さった方がいらっしゃったかもしれません。

   その方々には本当に申し訳ありませんでした。  m(_ _)m

      

 

コメント (4)