気ままなあれこれ日記

50代主婦が、日々の雑事から感じたことを日記にしました。

発達障害児への配慮

2017-05-21 19:52:18 | Weblog
つくづく、勤務校の特別支援学級(自閉症・情緒)の子供の特殊な行動に辟易している。

4年の男子。IQは、130ぐらいあって頭がいい。

でも、集団行動が苦手らしく、通常学級での授業がストレスらしい。

それにしても、教室の棚の上に乗っかって腰掛けたり、校舎内の備品を引きずって校舎内を歩き回るとか、職員室の教師の回転椅子に腰掛けたりして。

それって、明らかに変でしょう?

でも、この学校の職員は、この子に対して、よく言うと寛容。悪く言うと、いけないことを教えてないのだ。

そして、担任は、この子が、通常学級の授業を頑張ったからご褒美と称して、本人の希望で、体育館で遊ぶ時間を確保したりするのだ。

なんだそれ?

これが、合理的配慮じゃないでしょ?

単に、その子が、キレないようにご機嫌をとってるだけでしょ。

なんで、教えないのだ?

それはダメだよと。

発達障害児に、「NO」と言ってはいけないという法はないでしょう?

おかしな職員集団だ。

理解不能。

将来、その子供、大人になって、規制がきかないでしょ。

決まりやルールを守る、我慢することを教えてやってないんだから。

頭いいし。
コメント