九州地方の中小企業応援ポータル~助成金情報

本サイトは、助成金情報を必要としている中小企業に的確に情報を届けることを目的として運営しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スーパーものづくり補助金~平成26年度の目玉!

2013-11-08 20:08:53 | スーパーものづくり補助金

「スーパーものづくり補助金」

中小企業庁が、今年度まで「ものづくり補助金」として行ってきた支援策が、来年度、

「スーパーものづくり補助金」として拡充する予算要求を行っています。

http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0620130816aaar.html

平成26年度の目玉!になることは間違いありません。

補助金額が、これまで1000万円だったのが、2倍の2000万円に増額です。

補助率は、これまでと同じく3分の2なので自己負担額も2倍の1000万円になります。

8月の新聞ニュースなので、予算要求通り認められるか分かりません。

しかし、取って代わる中小企業支援策は、現状難しく、恐らく認められる公算は大です。

政府は、中小企業に補助金を取って欲しい。

しかし、黒字化を達成できそうな企業に優先的に補助金を出すために、申請書を判断材料にしているのです。

政府は、来年春に実施予定している消費税値上げで、ようやく上向きかけている景気が落ち込むことを一番懸念しています。

申請書づくりは、簡単ではありませんが、各県にある支援機関(工業技術センター、産業財団、発明協会、企業化支援センターなど)の専門家に相談すれば、採択される補助金申請書を作る事は、例え補助金を取った事のない中小企業でも必ず出来るはずです。

補助金を獲得するためには、募集が始まってから準備するのでは絶対だめです。

締め切りに間に合いませんし、完成度の高い申請書に仕上げる事は無理です。

補助金とは別に、事業計画書をしっかり作り込む作業を外部専門家の知恵を借りて実施すれば、初心者でも不可能ではありません。

第1回の募集開始は、予想では3月なので、それまで約5カ月ありますので、これから準備を始めましょう。

2000万円の補助金は、利益2000万円と考えると、利益率5%の事業ならば、4億円の売り上げに相当します。

普通の中小企業で4億円と言う売上はそうそうあるものではありませんから、大きなビジネスチャンスと捉える事が出来ます。

まずは、支援機関の専門家と相談できる関係をつくることから、始めてみることをお勧めします。

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
   | トップ | 平成26年度中小企業・小規... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スーパーものづくり補助金」カテゴリの最新記事