達ちゃんの下町グルメレポート

主に浅草を主とした下町で飲み歩いている達ちゃんです。行きつけのお店はもちろん、気になるお店をどんどん紹介していきます。

萬鳥でワインを飲もう!

2011年05月16日 23時31分34秒 | 酒 - ワイン
「東日本大震災」で亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますと共に
、被害に遭われた方々へ心よりお見舞いを申し上げます。
当ブログでは、未だ行方のわからない
・小山肇(おやまはじめ)さん(住所:宮城県石巻市北上町十三浜字崎山)
の安否情報を募集しております。
(小山美和子さんは無事が確認できました)

どんなささいな情報でも構いませんので、情報をコメント欄に書き込んで下さい。
娘さんの真由子さんを始め多くの方が探しています。

《ツイッターで知りました。可能な方で是非ご協力を↓》
♪福島の唄がBGMで流れてますよ♪
個人物資の会「十人十色」~福島っ子ごみちゃん~

《ツイッターで知りました。ハナサケニッポン!↓》
♪東北の酒で東北を応援しよう♪
ハナサケニッポン

記事は、
一軒目は萬鳥
に続きます。

夕方5時30分。
田原町駅でK子ちゃんと落ち合って先ずは萬鳥本店で飲み始めます。
萬鳥は、浅草が本店で丸の内に支店を持つお店。
浅草本店は西浅草の裏通りにある為、少しわかりにくいロケーションにある店で
すが、お客さんが絶えないお店。
その秘訣は、一つは鳥を洒落た感覚で料理にして、酒はワインで楽しもう!とい
ったユニークなコンセプトにあるような気がします。
お客さんの5割はカップル、あとは女性通しかな。。。
この日も女性だけのグループがいました。

   
メインのお店のつもりでもないし、軽めに。。。。
でもせっかくだから、一品だけ焼きものを頼もうということになりメニューを。
「ほろほろ鶏のモモ焼き」美味そうだね。。。
とK子ちゃんが、
「福島の鶏にしましょうよ。」
と。。。
何とも優しいお言葉で。
ということで福島産伊達鶏モモ焼きを頼む事に。

   
キター( ´ ▽ ` )ノノ
美味しそうだねー。
福島産の伊達鶏。。。

   
葱も添えられて、、、
酒欲をそそられまする。

   
K子ちゃんは、今回もスパークリングワイン。

   
そして僕は白ワインだ。

   
日本の白ワインです。
銘柄は上和田ピノ・ブラン。

   
追加でオーダーしたベーコントマト巻きと椎茸の焼き物。

   
椎茸は芯もちゃんと焼いてくれる。
芯が美味しいんだよねー。

5時30分から入って、小一時間半くらいいたかな。
そろそろ「次行ってみよー」と話してたら、女性だけのお客さんのうち一人がト
イレの前で突然倒れちゃって。。。
飲みすぎたのかな?
そのお客さんの呷りでお店の店員さんも巻き添えをくっちゃって。
K子ちゃんが、心配そうにしきりに話しかけてました。。。

なんだかんだでお店を出たのは7時ころになってたかな?

   
そして、目をつけてたお店であるKinukawaに到着。
しかーし、なんと店内満員で入れません!
へたこいた~。
まさか、こんな人気店だとはつゆ知らず。。。。
しかし、絶対次会チャレンジしようと、次のお店をK子ちゃんと考えながら浅草の
夜は更けてゆくのです。

   
記事はつ、続きます。。。-o-); *o*)~....汗)

お店の情報はこちら↓
【萬鳥 オフィシャルWEBサイト】
萬鳥 ばんちょう/田原町 [食べログ]
※食べログとかでは評判がいいとは言い切れないけど、少なくとも自分はお気に
 入りです...

このお店の過去記事はこちらです↓
「K子ちゃんと浅草ワインツアー」
「浅草の萬鳥(1)」
「浅草の萬鳥(2)」

この記事の関連記事はこちらです↓
X'masなジャルディーノ
浅草寺じゃないよ
どぜう屋さんだ
浅草は国際通り
浅草を歩こう!
一軒目は萬鳥

酔い(良い)ブログ見つけました。お酒の記事が事こまかに書いてある↓
Rouge et Blanc

〒111-0032
東京都台東区西浅草2-2-13
萬鳥 浅草本店
営業時間
 [月~土] 17:00~23:00 [日・祝] 16:00~22:00
 夜10時以降入店可、日曜営業
定休日
 水曜日
03-3845-4430

コメント (4)

ワインのカバ #hanasakenippon

2011年04月17日 20時29分42秒 | 酒 - ワイン
「東日本大震災」で亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますと共に
、被害に遭われた方々へ心よりお見舞いを申し上げます。
当ブログでは、未だ行方のわからない
・小山肇(おやまはじめ)さん(住所:宮城県石巻市北上町十三浜字崎山)
の安否情報を募集しております。
(小山美和子さんは無事が確認できました)

どんなささいな情報でも構いませんので、情報をコメント欄に書き込んで下さい。
娘さんの真由子さんを始め多くの方が探しています。

《ツイッターで知りました。可能な方で是非ご協力を↓》
♪福島の唄がBGMで流れてますよ♪
個人物資の会「十人十色」~福島っ子ごみちゃん~

《ツイッターで知りました。とても勇気づけられます。》
復興の狼煙(のろし)ポスタープロジェクト

記事は、
AMORへ #hanasakenippon
に続きます。

4月のとある週末。
久しぶりにK子ちゃんと浅草で食事。
夕方、神谷バー前で落ちあい、口開けは、浅草駅から吾妻橋を渡って区役所通り
沿いにあるアサヒアネックスビルの23番カフェで、まずはビールで乾杯。
その後、浅草駅から江戸通り沿いを蔵前方向に5分程歩いたあたりに位置するAMOR
(アムール)というお店でお食事...というか飲みか。。

   
まずは、この日のメインで頼んだ料理。
「豚フィレの三枚肉巻き2種ソース」。
お店の人が勧めてくれた。

   
厚めにスライスされた豚フィレは食べ応え十分。
実に美味しい。
世の中、下を向いてては駄目。
義援金とか自分たちのできる事は協力するけど、外に出ないとか買い占めるとかは
違う話だと思う。
そんな話をK子ちゃんとした。
K子ちゃんの知り合いにも自衛隊の方がいて、被災地に行っていたらしい。

   
そして、この日選んだワイン。
というか、僕はワインの知識も無いので、K子ちゃんに選んでもらった。
「カバ」
という名のスパークリングワイン。

   
赤ワイン派のK子ちゃんとしては珍しい選択だ。
正確には、
「ドミニオデラベガ カバ ブリュット ブランコ」
という下を噛みそうな何とも長い名前らしい。

   
こちらがボトルです。
シンプルで洒落てるね。

   
何か「カバ」ってスパークリングワインは、超有名らしいね。
K子ちゃんに軽く呟かれ、ちょっと悔しいな。。。

   
まっ、飲兵衛同士のワインボトルなんてのは、あっという間に空いてしまいます。
って事でグラスの赤ワインを追加でオーダー。

最後に、マスターと少しだけお話をしました。
とても優しい方で、自分がブログ記事にしたいという事を喜んで頂きました。
本当に美味しい料理をリーズナブルな料金でごちそうさまでした。

さて、そろそろ次の店に行こう...
記事は続きます。

記事は続きます。
ぐるなび - AMOR

この記事の関連記事はこちらです↓
花咲け日本 #hanasakenippon
23番カフェ #hanasakenippon
AMORへ #hanasakenippon

〒111-0043
東京都台東区駒形2-7-5 前川ビル1F
AMOR
営業時間
 ランチ 火~日 11:45~15:00(L.O.14:30)
 ディナー 火~日 17:30~22:00(L.O.21:00)
定休日
 月・第3火曜日
03-5827-2218
コメント (8)

ウメキチもワイン好き?

2010年04月27日 00時28分10秒 | 酒 - ワイン
4/18(日)
記事は、
そして「大升ワインバー」
に続きます。

飲み友達のバイオさんと、久しぶりに浅草で待ち合わせて飲む事に。
ホントによく当たる浅草寺のお守り屋さんでお守りを買い、ピタリ去年の事を当て
られて、ビックリしたまま浅草を練り歩いて辿り着いた先。。。

浅草公会堂近くにある、洒落たスペイン料理のお店「El Aire(エル・アイレ)」
結局はワインを一本空けてしまい店を出て向かった先。。。。。
それは、僕のブログの読者さまで「よしみ」さんのお兄さんがやってらっしゃると
いう浅草の老舗の居酒屋「赤垣」さん。

ボトルもキープし、ほろ酔い気分で店を後に。
そして、本日の〆の店として、三人は「大升ワインバー」に潜入します。

   
そして、Mっちはこの店でもウメキチをバッグから出すのでした。

   
ワインといえば、やっぱりチーズ。

   
バイオさんは、青いチーズが苦手とか。。。

   
何だか、酔いも回ってきたような。。。

   
あ、ちなみにここではグラスの白を。。。

   
マシャレッリ トレッビアーノと、ラ ヴィエイユ フェルム ブラン。
を一杯づつ。

   
で、も一つワインに合わせましょう。

   
「エスカルゴのオーブン焼きブルゴーニュ風」
写真だけじゃ何だかわかりませんね。
でも、ニンニクの香りたっぷりの憎いヤツです。

記事は続きます。
(調子こいて写真撮り過ぎました....)
バイオさんとMっちのガールズトークもまだ続くみたいです。

株式会社ダイマス
ハナマルエブリデイ@ラ・ヴィエイユ・フェルム・ブラン
ファブレガスとワインに酔う...@マシャレッリ トレッビアーノ・ダブルッツォ カステッロ・ディ・セミヴィコリ2006
酒の大桝 WINE-KAN

この記事の関連記事はこちらです。
「日曜日、浅草に繰り出そう」
エルアイレ(スペインです)
El Aireのスペイン料理
達ちゃん「赤垣」に現る!
そして「大升ワインバー」

〒111-0032
東京都台東区浅草1-14-8
酒の大桝 wine-kan
営業時間
 ●[月~土]12:00~翌1:00(フードLO23:00)
 ●[日祝]12:00~24:00(フードLO23:00,ドリンクLO23:30)
 ※月~土ドリンクLO翌1:00、バーメニューLO翌1:00
定休日 水曜日,※水曜日が祝日の場合は木曜休
03-5806-2281

コメント (6)

魚菜でピザとワイン

2009年11月21日 14時58分51秒 | 酒 - ワイン
9/21(月・祝)。

記事は、
雷門といえば「魚菜」です
に続きます。

Aちゃんの煎餅屋で、大家さんへの御挨拶代わりの煎餅を購入した後、
浅草は雷門通り裏手の魚菜で飲む事に。
新鮮な霜降り馬刺しに舌鼓をうったという記事を前回記事で書きました。

   
魚菜といえば、和の食材を洋食っぽく食べれるお店。
もちろんワインも期待できます。
で、ワインと言えば、やっぱりピザ。
しかも自家製です。

   
この店のピザは、どちらかというと薄生地で、こんがり焦げ目がいけてます。
ワインが飲みてぇぇぇ。

   
その前に、ちょっと変ったタバスコだったので、一枚撮っておきました。
中々お洒落です。

   
そして、この日オーダーしたワインがこれ。
「イル・ラ・フォルジュ シラー」
という名前の赤ワイン。

   
南フランス産の赤ワインでした。
そういや、今週はボジョレヌーボーも解禁されましたし、ワインの美味しい季節ですね。

   
そして、そしてもう一品。
ワインにグッと相性の良い相棒をオーダーしました。

   
「アサリと帆立のエスカルゴバター焼き」。

   
ガーリックとバターの香りが、酒飲み心をくすぐります。

   
そして、ワインに持ってこいの肴をメニューで見つけました。

   
自家製チョコ。
チョコレートって甘いお菓子ですが、何故か酒飲むと食べたくなります。

   
そして、気付けば閉店までいちゃいまして。。。
いつもの事ですが。
この店、浅草でもかなりの人気店なので、行く時は要予約をお勧めします。


海鮮旬菜の隠れ家「魚菜」

この記事の関連記事はこちらです↓
「つきなみですが、桜煎餅」
雷門といえば「魚菜」です

〒111-0032
東京都台東区浅草1-17-9
海鮮旬菜の隠れ家「魚菜」
営業時間
 月~土 17:00~23:30(L.O.23:00) 
 日・祝 12:00~22:30定休日(?)
定休日
 無休
03-3842-1919
コメント (6)

ワインバーFUKUHIRO(1)

2009年05月05日 23時21分56秒 | 酒 - ワイン
5/1(金)。
記事は、
「浅草の萬鳥(ワイン編)」
に続きます。

K子ちゃんと「浅草の萬鳥」でフレンチな焼き鳥とワインを楽しんだ後の記事です。

二人は、西浅草を出て国際通りを言問通りに向かって歩き始めました。
目的のお店は、トラットリア Fukuhiroです。

本来であれば、Myちゃん、Anyと去年訪れた事のあるワインバーFukuhiroに行きたかっ
たのですが、4/18(土)にバイオさん、Mっちと行こうとした時に、
「しばらく休業します」
との張り紙があり(ショックが記憶に新しい)、系列のトラットリアFukuhiro
におじゃましたいと思ってました。

しかし、トラットリアFukuhiroのお店の中を覗いてみると、超満員。
ガックーン!

   
ところが、嬉しい誤算が。
なんと、隣のワインバーFukuhiroのお店に灯りがついてます。

どうやら、ワインバーFukuhiroが営業しているらしい。
当然のごとく、お店に入ります。

   
お店の中にいた店員さんは、残念ながら去年お世話になったKさんではなく、女性
の店員さんでした。

すぐに休業の事を聞いてみると、人手が足りなかった為に一時的に休業していただ
けらしいのです。
なので、これからもこのお店は営業するとの事でした。
よかった!
よかった!

   
K子ちゃんが真っ先に目をつけたのは、なんとアメリカの赤ワインです。

Cabernet Sauvignon Bonterra(カベルネ・ソーヴィニオン ボンテッラ '06)

アメリカというのが以外でしたが、やはりK子ちゃんの好みにぴったりらしい。

   
左にちょっと写ってる白ワインは僕が飲んでいたもの。

   
Oro de Castilla Verdejo(オロ・デ・カスティーリャ・ヴェルデホ)

スペインの白ワインです。

   
味のほうは、ぴったりという訳には行きませんでした。
自分はやはり辛口でスッキリ感が強ければ強いほど好きなので。
ワインの難しさをつくづく身にしみて感じました。

   
写真ボケてます。
ちょいホロ酔い気分でしょうか。。。
いやいや、そんな事はない!

記事は、まだまだ続きます。

ぐるなび - トラットリア Fukuhiro

この記事の関連記事はこちらです↓
「K子ちゃんと浅草ワインツアー」
「浅草の萬鳥(1)」
「浅草の萬鳥(2)」
「浅草の萬鳥(ワイン編)」

〒111-0032
東京都台東区浅草2-18-10
TORATTORIA FUKUHIRO
営業時間
 18:00 ~ 1:00
定休日
 月曜日
03-3841-4896




コメント

浅草の萬鳥(ワイン編)

2009年05月03日 08時55分32秒 | 酒 - ワイン
5/1(金)。
記事は、
「浅草の萬鳥(2)」
に続きます。

K子ちゃんと「浅草の萬鳥」でフレンチな焼き鳥を楽しみました。

前回記事までは料理の紹介でしたが、今回はワインを紹介させて頂きます。
数多くのワインを飲む為に、今回はボトルではなく、グラスで頼む事に。

   
K子ちゃん、ビールは一杯でお終い。
そして、店員のお兄さんに
「白で料理とぶつからない様なお勧めありませんか?」
と問いかけます。
そこでお兄さんのお勧めがこれ。
RONCO CLIONA(ロンコクリオナ)のシャグリンだそうです。

   
それにしても、
「料理にぶつからない」
とは良い表現ですよね。
後でK子ちゃんに聞いてみたところ、まぁ
「料理の邪魔をしない」
的に使っただけみたいでした。
何か専門用語か何かと思っちゃいました。

   
こちらが、萬鳥のお勧めワインのメニュー。
すっきりした爽やかな辛口が好みと店員のお兄さんに言ってみると、右列の
上から3つが該当するらしいので、上から順に頼みました。
写真撮り忘れてますが、一番上の「マコンクリュージル」が一番好みでした。

   
こちらは、フランスの白、PICPOUL DE PINET (ピクプールドピネ)です。

   
それにしても、ワインの名前とかぶどうの名前とか、長くて覚えきれません。

   
K子ちゃんは、やっぱり赤派らしく、次にオーダーしたのが、
Cagiolo(カッジオーロ)。

   
K子ちゃん曰く、色も味も深いものが好みらしい。
確かにこの赤、透けてません。

   
時刻は夜の8時。
さて、そろそろ次の店を考えねば。。。

   
萬鳥。

初めて入りましたが、なかなか良いお店。
気軽にワインを楽しみたい時に使いたいお店ですね。
二人は、西浅草を出て国際通りを言問通りに向かって歩き始めます。

記事は、まだまだ続きます。

萬鳥 浅草本店

この記事の関連記事はこちらです↓
「K子ちゃんと浅草ワインツアー」
「浅草の萬鳥(1)」
「浅草の萬鳥(2)」

〒111-0032
東京都台東区西浅草2-2-13
萬鳥 浅草本店
営業時間
 17:00~23:30 (L.O.22:30)
定休日
 水曜日
03-3845-4430

コメント (8)   トラックバック (1)

K子ちゃんと浅草ワインツアー

2009年05月02日 11時58分44秒 | 酒 - ワイン
5/1(金)。
僕のブログでも度々登場してるK子ちゃん。
去年の年末以来会ってなかったのですが、久々に浅草で飲みました。
今回のテーマはどれだけたくさんのワインを飲めるか。。。。

   
待ち合わせは、雷門前。
午後5時40分。

当初19時待ち合わせでしたが、K子ちゃんから午後休暇をとったとのメール。

達:「時間が早いので、お茶でもします?」
K子:「お茶?早く飲みに行きましょうよ!」
達:「そうすね。。。。」

すみません、まだかなり酒が残ってるので、記事後ほど詳細書きます。
あー気持ち悪っ
コメント (2)

丸の内TENQOO(ワイン編)

2008年12月29日 18時08分24秒 | 酒 - ワイン
11/28(金)。
記事は、”丸の内フレンチ「TENQOO」”に続きます。

東京丸の内の「ホテルメトロポリタン丸の内」
の27階にあるフレンチレストラン「TENQOO」で山ちゃんとの再会を果たし
つつも、美味しいフランス料理の数々を堪能した事まではお伝えしました。
今回の記事では、この時に飲んだワインの紹介を中心に書かせて頂きます。

   
まずはどのワインを飲むかの選定。
山ちゃんの本職はバーテンさんであり、ソムリエではないのですが、
「学校で勉強してますので、それなりに知ってますよ」
と心強いお言葉。
その山ちゃんのお勧めで、「バローロ」という赤ワインを頼む事にします。

   
山ちゃんが「バローロ」を持ってきてくれたところを一枚。

   
そして、ワインと言えばやっぱり食べたくなるのがチーズ君達。
今晩も例外なくチーズ盛り合わせをオーダーします。

   
メニューには
「赤ワインにしては、ライト」
といううたい文句が書かれてましたが、結構深みのある味わいでした。

   
K子ちゃんの好みは、赤ワインの深い味わいのあるヤツらしいので、少し
安心ですね。

   
美味しいフランス料理と赤ワインを堪能しました。
でも、何か物足りない。
そう、山ちゃんにカクテルを作ってもらわなければ。。。。

次回の記事では、山ちゃんに作ってもらったカクテルを紹介します。
記事は続きます。

このストーリーに関連する過去記事はこちらです↓
「さよなら山ちゃん(2)」
スペイン料理「フレスカ」」
山ちゃんと再会
丸の内フレンチ「TENQOO」

〒100-0005
東京都千代田区丸の内1丁目7番12号 ホテルメトロポリタン丸の内27階
Dining & Bar TENQOO
営業時間
 ご朝食    6:30~10:00
 ティータイム 10:00~17:00
 ランチ    11:30~14:30
 ディナー   17:00~22:30
 バー     17:00~24:00(ラストオーダー 23:30)

03-3211-0141

コメント (10)

FUKUHIRO(ワイン編)

2008年10月26日 06時27分13秒 | 酒 - ワイン
10/24(金)。
浅草の飲み友達で、大のワイン通でもあるMyちゃんとフレンチレストラン
「ラ・シェブール」
で食事をした後の二次回の記事です。
Myちゃんの行きつけのお店でもある
「トラットリア - Fukuhiro」
さんにおじゃまする事になってしまいます。
時刻はもう23時になろうとしてました。

   
なんだか、結局今宵も長~い夜になってしまうのでしょうか?
いやいや、この店で最後にしよう!
いつも飲み方がズルズルだから次の日後悔するんだし。
そう、心に誓ってこのお店に入りました。

   
まずMyちゃんが頼んだのがコレ。
「Framboise(フランボワーズ)」

   
小さなツブツブは、木苺らしいんです。
僕は、グラスで白ワインを頼みましたが、ここでもお勧めに従いました。
残念ならが、銘柄を控えてません。

   
ワインといえば、これでしょう。
「チーズの盛り合わせ」です。

   
Myちゃんが、突然。。。↓
「ボトルで飲むか。。」

達↓
「そうだね。頼もうか。」
(えぇぇぇ、さっきボトル空けたばっかじゃん。。)

写真がその頼んだワインです。
「ファットリア・ボッジョビアーノ - キアンティクラッシコ 2005」

Myちゃんが赤ワインが好きとの事で。。。。
素直に従う事に。

   
一晩でフランスとイタリアの2カ国を駆け巡ってる様な気持ちです。

   
それにしても、長~い名前ですよねぇ。
よく覚えられるよなぁ。

   
「赤ワインって今一好きになれないんだよねぇ。」
なんて話をブツブツと

(達):「白は冷たいからおいしいんだよ。」
(Myちゃん):「達ちゃんさぁ、日本酒って常温で飲まないの?」
(達):「あっ、飲むね。」

   
カウンターの上の照明。。。
よく見るとワインボトルを工夫したものです。
凝ってますよね。

   
そして、この壁はワインの箱だとか。
とうとう夜があけて、日付が変わってしまいます。
昔よく飲んでた飲み友達の存在でAnyがふっと頭をよぎり。。

(達):「そういや、Any元気かなぁ」
(My):「そうだね、ちょっとメールしてみよっか」

よく冷静に考えると、この流れ。。。。正しいのか?

こんな流れで、Anyが合流するのです。
Anyはとってもお酒が好きで、しかも詳しい頼れる人。
酒も強いのです。

(達):「ご無沙汰してます。」
(Any):「どうも!」
(達):「明日、仕事すか。」
(Any):「仕事。7時30分起きだよ。」
(達):「すみません、じゃ軽めで。。」
(達):(Anyは明日仕事かぁ。。。じゃそんなに飲めないね。ほっ)

   
こちらが、お店のKさん。
料理も全部一人でこなしてます。
お顔はNGだったので、雰囲気だけでも。
なかなかのイケメン君でしたよ。

時刻は2時になろうとしてました。
いやー、今宵も飲んだなぁ。

こうして、3人は「Fukuhiro」を後にします。

........
(Any):「達ちゃん、もう一杯だけ飲み行くか。」
(達):「そうですね。」
(達):(!!!!一杯?ホントかなぁ?まぁ一杯だったらいいか。。)

記事は続きます。。。
このストーリーに関連する過去記事はこちらです↓
「ラ・シェーブル」
「ラ・シェーブル(ワイン編)」
「ワインバーFUKUHIRO」

ぐるなび - トラットリア Fukuhiro

東京都台東区西浅草2-18-10
TORATTORIA FUKUHIRO
営業時間
 18:00 ~ 1:00
定休日
 月曜日
03-3841-4896
コメント (6)

ラ・シェーブル(ワイン編)

2008年10月25日 16時22分40秒 | 酒 - ワイン
10/24(金)。
浅草の飲み友達で、大のワイン通でもあるMyちゃんとフレンチレストランでお食
事。
前回の記事
「ラ・シェーブル」
では、料理の記事が中心でしたが、今回はワイン編。

   
この日のオーダーは、このワインにしました。
毎度のことですが、ワインに関しての知識はまったくの皆無。
連れのMyちゃんは、ワイン通ですがそのMyちゃんからも
「お店の人にお勧め聞くのがいいよ」
とのお言葉をいただいたので、遠慮なくお店の人に聞くことにしました。
このワインは、
Quincy Vieilles Vignes 2004(カンシー ヴィエイユ・ヴィーニュ)
という名前。
僕もMyちゃんもボトルのラベルの黒が気に入りました。

   
それにしても、ワインの名前ってのはどうしてこんなに複雑なの?
いつもいつもそう思いつつ。
生産者は、
「Domaine Troterau(ドメーヌ・トロテロー)」
という方だそうです。

   
お味の方は、僕の大好きな辛口。
(お店の人にお勧め聞く時も、そう伝えましたが。。。)
しかも、このワインはしっかりとした味が印象的でした。
そう、白ワインでありながら、決して軽くはない味なのです。
口の中にしっかりと広がるその味は、忘れる事の出来ない味になりそうです。

   
ナイフには、蜂のモチーフ。

   
Myちゃんのお話によると、このナイフ相当なブランドらしい。
Laguioleという文字が彫ってあります。
Laguiole(ラギオール)、正式にはブランドではないらしいのですが、その質の
良さは、世界的に認められているそうです。

   
時間は23時になろうとしてます。
夜も更けてまいりました。。。。。
でもでも、この夜の記事はまだまだ続きます。
次はMyちゃんの行きつけのワインバーにお供する事に。。。
とりあえず、シェブールを後にします。
次のお店は言問通りに程近い場所なんですが、少し西浅草を散策することに。

   
「萬鳥(ばんちょう)」
という名前のお店に通りかかります。
このお店も、シェブールの姉妹店らしい。
食事してる時に、このお店の話を聞いた限りでは、「焼き鳥屋」とばかり思って
たんですが、オシャレなお店です。
丸の内にもあるらしい。
機会があれば、このお店にも来てみたい。

   
「萬鳥(ばんちょう)」は、イタリアンレストラン「ジャルディーノ」に近い場
所にありました。

次に行こうとしておるお店は、Myちゃんの行きつけのワインバー。。
そんな流れで、この夜はワイン三昧の夜になっちゃうのです。
ただ。。。。ワインだけではおさまらず。。。。
記事は続きます。

前回の記事
「ラ・シェーブル」の料理の記事はこちらです↓
「ラ・シェーブル」

La Chevre(ラ・シェブール)ホームページ

ラ・シェブール - 浅草フレンチ【グルメGyaO】


東京都台東区西浅草1-1-12
La Chevre(ラ・シェブール)
営業時間
 18:00 ~ 22:00
定休日
 月曜日
03-3845-1336
コメント (4)