達ちゃんの下町グルメレポート

主に浅草を主とした下町で飲み歩いている達ちゃんです。行きつけのお店はもちろん、気になるお店をどんどん紹介していきます。

居酒屋牛肉盛り - 北千住/もうひとつの家 一歩一歩 -

2016年10月02日 13時09分13秒 | グルメ - 創作料理
9/19(月)。そして祝日。
午後から、Sちゃんと亀有で映画を観にお出かけ。
本当は一人で行く予定だったが、Sちゃんも休みで暇らしいので誘って行く事に。
映画とはいえ、観た映画はアメコミのスーサイド・スクワット。
ある意味、つきあって感はあったが、Sちゃんもバットマンシリーズは、そこそこ観ているので、面白かったとの感想。
観終わったのは、もう夕方の6時。
帰りがけに飯でもと、千住で下車。
さ迷い歩いて、いい店を見つけた。
店の名前は、「もうひとつの家 一歩一歩」という少し変わった名前の店。
1階の店舗が、外から除いて満卓だったので、入ってみようという流れになった。
それでも1階は満席で入れず。

      
同じ系列が2階にもあるって事で、2階の店に案内された。
店内は、割と広い造り。
古い民家を改築して造った様に思える。
店員さんたちは、皆若くて元気で愛想もいい。
これだけでも、気持ちはいいよね。
さて、席はカウンター席に案内されました。
L字型の大きなカウンターは、詰めて20人は座れるくらいの大きさ。
そして奥には、テーブル席もある様だ。

      
はい。
まずは生ビールで乾杯。
そして、スーサイド・スクワットとバットマンに乾杯!
生ビールのお値段は、500円。
銘柄は、プレミアムモルツである。
ちなみに、きゅうりはお通し。
最初驚きましたが、何気にいいアテである。

      
まずオーダーしたのは、茹で落花生。
お値段は、480円。

      
Sちゃん、実は茹で落花生が好きらしい。
自分は、これまであまり積極的に食べてこなかったが、コレ結構いけますね。

      
そして珍しい魚の刺身があったので、頼んでみた。

      
さめがれいの刺身。
お値段は、880円。
脂がのってて、ヒラメの縁側に近い部位の刺身に似ている感じがした。
美味しかったです。

      
らっきょう。
何ともかつお節がお洒落である。

      
お次は、ちょっと変わった贅沢な一品。

      
生雲丹のローストビーフ巻きで、お値段は1,280円。

      
美味しい料理は、美味しい醤油で頂くって事で、こんな醤油が登場しました。

      
刺身メニューでも、変わったシステムのメニューが用意されている。
それは、一切れ刺身。
その名の通り、一切れ80円というコスパの高さ。
日と切れ刺身 1毎 80円
下の右がさわら、下の左がイナダ。
上右が鰯、上左がヒラメ。
嬉しい限りですね。

      
季節は秋。
秋と言えばキノコ。

      
アワビ茸のバターソテー。
お値段は、480円。
美味しゅうございます。

      
特筆すべき酎ハイが抹茶割り。
店員さんが、目の前で抹茶を点てて、それで割ってくれる。
濃い抹茶でした。
そして自分が好きなカフェインが多そうだ。

      
生ポテトのサワークリーム漬け。
お値段は、480円。
こういうポテトチップは、始めてかも知れない。

      
魚もあれば、肉もある。
メニューの種類が豊富である、変わったものも置いてる。

      
って事で、牛肉盛り。
お値段は、1,580円。
ランプ、イチボ、シンタマとは覚えているのですが、右からなのか左からなのか忘れてしまいました。
真ん中がイチボだってのは確かですね。

      
蕎麦まで置いてるので、1軒で全部済んでしまう。
〆に山葵蕎麦いってみました。

      
お値段は、680円。
すり立ての山葵が新鮮で、さっぱり。
〆にいい感じだ。

さて、おまけですが、ちょっとだけスーサイド・スクワットのレビューです。
ネタバレもありますので、ご注意!

      
「バットマン」や「スーパーマン」に登場する悪役たちが、チームを組んで戦うストーリー。

      
バットマンの悪役としては、群を抜いているキャラのジョーカーも登場する。

      
そしてファンとして堪らないのが、ところどころに登場するバットマンの姿。
カッコいいです。
バットマン好きには、たまらない作品に仕上がっているって事ですね。

      
もうひとつオマケ。
この日、映画を観た亀有では、こち亀祭りで大変な盛り上がりになってました。

映画にコチ亀に、美味しい料理。
満喫できた一日になりました。

お店の情報はこちら↓
もうひとつの家 一歩一歩 - 北千住/居酒屋 [食べログ]

他のブロガーさんが書いたお店の紹介ブログ...↓
暴飲美食徒然日記 : もうひとつの家 一歩一歩@北千住 - Livedoor

グルメ ブログランキングへ
居酒屋 ブログランキングへ
イタリアン(レストラン) ブログランキングへ
スペイン料理(レストラン) ブログランキングへ

〒120-0034
東京都足立区千住3-53 2F
もうひとつの家 一歩一歩
営業時間
 17:30~24:30
定休日
 無休
03-3881-8700
コメント (2)

ふわっふわ穴子を焼きで頂く - 鶯谷/万年本店 -

2016年06月04日 04時45分02秒 | グルメ - 創作料理
5/15(日)。
記事は、
24時間系の赤ウインナー - 鶯谷/信濃路 -
に続きます。

日曜日の夜。
Sちゃんと鶯谷で飲もうって話になり、一軒目は酒場「信濃路」で渋い酒場を体験。
からの2軒目。
鶯谷、実はグルメという意味では、古くから浸透されている街なのである。
あまり知られていないが、とにかくいい店が揃ってる。
お気に入りの店が何軒かあるが、やはりこの店は絶対に外せないでしょう。

      
それは、
「旬の拘り食材を使った料理で、味だけでなく目でも楽しませる」
とうマスターの拘りの店、万年本店。
自分も、これまで何度か訪れ、そのたびに記事を書いてきた店である。

      
Sちゃんに店に電話を入れてもらい、予め席を予約しておいてもらっての訪問。
さて、今宵はどんな料理が楽しめるのだろうか。

      
予め電話で席確保っつう事で、テーブル席に座る事ができた。

      
カウンターでマスターの食への拘りを聞きながらもいいので、複雑な気分ではあるが。。。
写真は、お通しです。

      
さて、まずはお決まり、生ビールで乾杯です。(本日2回目の)
生ビールのお値段は、600円。

      
さて、お勧めメニューを見る。
相変わらず旬の食材を使った、バラエティに富んだ料理のオンパレード・
何を頼んだらいいのやら、迷ってしまう。

      
こんな時は、旬の食材を中心にってのがいいんです。
って事で、この日最初にオーダーしたのは、この料理だ↑
写真を観ても判りますまい。。。

      
鰆と長芋のステーキです。
お値段は、900円。
長芋を鰆で巻いて、ステーキにした料理。
味付けも最高だし、よくもまぁこんな綺麗に造れるのか。。。
味の美味しさは、言わずもがなだが、食べるのが勿体無いくらいですよ。
直ぐに無くなりましたけど。

      
お次は、ふわふわ穴子。
焼きで頂きました。

      
お値段は、950円。
まぁ穴子という食材を、十分過ぎるくらいに引き出した一品。
美味しいの一言である。

      
お次は、旬のもの。
新筍の刺身です。

      
お値段は、750円。
旬の新筍は、食感が実にいい。
新鮮な筍は、刺身という拘りもいい。

      
さて、拘りの料理は続きます。
お次は、八色椎茸焼き。

      
新潟からの取り寄せらしいです。
八色椎茸は、大型で肉厚なことで有名らしい。
まぁ観て納得、食べて納得。
ジューシーで美味しいですねぇ。
椎茸って、こんな美味しい食べ物だったのかと、現実に戻れないくらいの感動物。
八色椎茸焼き、お値段は1,250円。

      
こきらで、天婦羅も行っときましょう。
アスパラガスの天婦羅と、奥に見えるのが「海老とふきのとうのかき揚げ」だ。

      
まぁ見事なアスパラすわ。
アスパラは、何処の店でも食べれるが、このアスパラはこの店でしか食べれないだろう。

      
マスターからの粋なはからいで、サービスで出してもらった皮煎餅。
Sちゃん大喜びである。

      
〆で炒飯を一皿だけ頂いた。

      
っていうか、炒飯まで造ってしまうマスター。
凄すぎると思う。
ちょいと焦げ目が付いてるあたりが、また拘りだし、これを好む客は多いだろう。

      
炒飯も、漏れなく美味しい。
炒飯のお値段は、700円。

      
最後は、お茶とデザートまで出してくれる。
お会計をすると、必ずこのサービス。
やっぱいい店だな。

また来ようと思わせる店である。

もう1軒だけ、記事続きます。

お店の情報はこちら↓
快食倶楽部 万年 - 鶯谷/居酒屋 [食べログ]
快食倶楽部 万年

他のブロガーさんが書いたお店の紹介ブログ...↓
「とんかつのこだわり!」~鶯谷・万年 - アメーバブログ

このお店の過去記事はこちらです↓
食の美と美味しさを味わうべし - 鶯谷/万年本店 -
栗蟹と秋の食材を創作料理で頂く - 鶯谷/万年本店 -
セイコ蟹に銀カレイ...冬の味覚を堪能です - 鶯谷/万年本店 -

この記事の関連記事はこちらです↓
24時間系の赤ウインナー - 鶯谷/信濃路 -

グルメ ブログランキングへ
居酒屋 ブログランキングへ
イタリアン(レストラン) ブログランキングへ
スペイン料理(レストラン) ブログランキングへ

〒116-0014
東京都荒川区東日暮里4-35-16
快食倶楽部 万年
営業時間
 ランチタイム
  11:30~14:00 ※月~金のみ(土日祝は除く)
 ディナータイム
  17:30~翌3:00(L.O.2:00)
定休日
 月曜日(月に1回火曜連休あり 不定)
050-5868-5545 (予約専用番号)
03-3806-1522 (お問い合わせ専用番号)
コメント (2)

やんばる地鶏のもも焼き☆旨す♪ - 入谷/オオイリヤ -

2016年01月23日 05時38分07秒 | グルメ - 創作料理
12/29(火)。
記事は、
セイコ蟹に銀カレイ...冬の味覚を堪能です - 鶯谷/万年本店 -
に続きます。

昨年末、Sちゃんとのハシゴ酒。
さて、2014年の酉を飾る事になった店。
入谷駅近くに、最近新しくできた店がある。
店の名前はオオイリヤ。
Sちゃんが、店前を何度か通りかかっていて、店内がいつも賑わっているらしいというので、気になって突入って運びになりました。

      
はい。
店内、込み合っております。

      
どうやら、人気店のようですね。
店の方も若いけれども、感じがよく、こういう店って人気あるのわかるな~って思いました。

      
まず、このお通しでやられました。
アサリの吟醸蒸しだそうです。
決して洒落を言うつもりは無いが、実にアッサリしていて食べ易い。
思わず、おかわり~と叫びたくなりました。

      
この日の客層は、若いカップルが多い感じではありました。
あと、外国人の方も何人かいました。
外国人もOKな店の様ですね。
で、オーダー一発目はポテトサラダ。
お値段は、380円。

      
お次のオーダーは、もつ煮。
お値段は、580円。

      
特筆すべきは、鶏を使っているという事。
そして、味がアッサリしていて、実に食べ易いという事。
ゆで玉子が丸ごと投入されてます。

      
普通のもつ煮では味わえない美味しさです。

      
酒のお供も置いているのが嬉しい限り。
牡蠣の塩辛。
珍しい一品ですよね。
お値段は、530円。

      
そして、これが馬路で絶品でした。

      
嫁のぬか漬け。
お値段は、400円。
美味しいぬか漬けを頂くと、思わず笑みがこぼれてしまう。。。

      
こちらも沖縄料理では、昔から有名な一品。

      
この店では、お洒落な料理に変身してしまう。
スパムを使った、スパムペルシェ。
お値段は、300円。

      
そして、この店の一押しがこの料理。

      
やんばる地鶏の焼き。
お値段は、1,280円。
クリスマスに、これを頂けたら、さぞかし幸せだったろうに。。。(笑)

      
最後はイクラのガーリックトースト。
お値段は、580円。

      
結局、閉店まで居てしまった。。。
いい店です。
また再訪したいと思いました。

お店の情報はこちら↓
暮ラシノ呑処 オオイリヤ - 入谷/居酒屋 [食べログ]
暮ラシノ呑処 オオイリヤ - Facebook

この記事の関連記事はこちらです↓
セイコ蟹に銀カレイ...冬の味覚を堪能です - 鶯谷/万年本店 -

グルメ ブログランキングへ
居酒屋 ブログランキングへ
イタリアン(レストラン) ブログランキングへ
スペイン料理(レストラン) ブログランキングへ

〒110-0004
東京都台東区下谷2-21-8 河野ビル1F
暮ラシノ呑処 オオイリヤ
営業時間
 18:00~24:00
定休日
 日曜日と第三月曜日、月曜日が祝日の場合は日曜日営業
050-5589-8274 (予約専用番号)
03-4291-7771 (お問い合わせ専用番号)

コメント

セイコ蟹に銀カレイ...冬の味覚を堪能です - 鶯谷/万年本店 -

2016年01月22日 00時00分04秒 | グルメ - 創作料理
12/29(火)。
前日も、Sちゃんと飲んだのだが、この日も連ちゃんて事になった。
毎年思うが、本当に年末年始の休み中は、酒を抜く事がない。。。
若干、不安でもあるが。

      
この日は、Sちゃん家の近くで、美味しい創作料理の店「万年」に行く事に決定。

      
Sちゃんが、予め店に電話で予約。
年末って事もあってか、早い時間から満席近い状態。
カウンターの2席の空きを、埋めた感じになった。
狭いが、美味しいものを頂くんだから仕方が無い。

      
お通しは、切干大根とインゲンの和え物。

      
まずは生ビールで乾杯!

      
店の方が、オススメな鯛からオーダー開始。

      
この店のマスターは、本当に料理が好きなんだろうなという事が、素人の自分でも料理を見てわかる。
マスターは、店長でもあり、料理人でもある。
客と会話しながら、仕事もチャッチャとこなしている。
盛り付けにも拘りがあり、見た目も重視している。
そして、食材の研究にも余念が無いと感じてしまう。

      
この料理も、いい例の一つでしょう。
柿生ハム冷菜。
お値段は、750円。
柿という食材と生ハムの組み合わせ。
これが、絶妙にマッチしてしまうのだから、不思議である。

      
もちろん、素材の良さも然り。
自家製カラスミ。
お値段は、1,000円。

      
この店は、和洋中と、あらゆるジャンルを楽しめるのも魅力の一つである。

      
下仁田葱と鶏のグラタン。
お値段は、700円。
グラタン一つとっても、拘りが見える。
下仁田葱という素材を使うあたり。
流石の一言!

      
そして、マスターが進めてくれた品をオーダー。
セイコ蟹。
お値段は、2,250円。

      
茶色いのは卵。
小さいが、美味しさが凝縮されている蟹。
何より嬉しいのは、むいた状態で出してくれるってところ。
自分達でむく必要がないからね。

      
何処にでもある料理でも、妥協が無い。

      
生いものフライドポテト。
お値段は、500円。
見た目だけで、美味しいが判る料理でもある。

      
そして、最後は魚の好きな自分が、是非にとオーダーした品。

      
銀カレイの煮つけ。
お値段は、1,000円。

      
最後は、必ずお茶とデザートを出してくれる。

      
この日はシナモンでした。

さ、いよいよ年末。
今年最後の店は、いづこやら...

記事は続きます。

お店の情報はこちら↓
快食倶楽部 万年 - 鶯谷/居酒屋 [食べログ]
快食倶楽部 万年

他のブロガーさんが書いたお店の紹介ブログ...↓
「とんかつのこだわり!」~鶯谷・万年 - アメーバブログ

このお店の過去記事はこちらです↓
食の美と美味しさを味わうべし - 鶯谷/万年本店 -
栗蟹と秋の食材を創作料理で頂く - 鶯谷/万年本店 -

グルメ ブログランキングへ
居酒屋 ブログランキングへ
イタリアン(レストラン) ブログランキングへ
スペイン料理(レストラン) ブログランキングへ

〒116-0014
東京都荒川区東日暮里4-35-16
快食倶楽部 万年
営業時間
 ランチタイム
  11:30~14:00 ※月~金のみ(土日祝は除く)
 ディナータイム
  17:30~翌3:00(L.O.2:00)
定休日
 月曜日(月に1回火曜連休あり 不定)
050-5868-5545 (予約専用番号)
03-3806-1522 (お問い合わせ専用番号)
コメント (2)

コジャレた酒場で枝豆かき揚げ - 鶯谷/あじとよ屋 -

2015年11月20日 05時40分14秒 | グルメ - 創作料理
10/12(月)そして(祝)。
記事は、
再びのビクトリー - 鶯谷/グリルビクトリヤ -
に続きます。

グリルビクトリヤで老舗洋食を頂いた後。。。
さて、もう一軒って話になった。
そう言えば、鶯谷には「万年」という人気の創作料理の店があるが、この店に負けないくらいレベルの高い店があった。

      
店の名前は、あじとよ屋。

      
店の造りもコジャレている事から、若い人を中心に人気の店である。
予め電話で予約を入れて、店へ入る事に。。。

      
この日は2階のテーブル席に案内された。

      
2階の席は、割と広々していて、ゆったりできる。
ラッキーである。

      
あじとよ屋も、万年同様にメニューが豊富。
特に創作料理の部類に入るメニューが目立つ。
料理への拘りが強い店である。

      
この日、まずオーダーしたのはコレ。
明太チーズ揚げ春巻き。
凝ってますよね~
お値段は、480円。

      
二品目は、外国人が喜びそうな一品を頼んでみた。

      
寿司では無いが、アボガド海苔わさび。
お値段は、350円。

      
三品目は串もの。
まぁ酒場と謳っているだけあり、普通に串ものも美味しゅうございます。

      
豚タン塩。
お値段は、250円。(1本)

      
あつあつ枝豆は、お値段330円。

      
本日のなめろう。
お値段は、680円。
何の魚を使ってるのか、結局確認できず仕舞い。。。
でも、美味しかったです。

      
ぬか漬けは、お値段350円。
お皿も洒落てるが、盛り付けも奇麗である。

      
そして、自分はコレ初めて頂きました。
納豆のかき揚げ。
これはマジ旨かった~
というか、自分は納豆が好きなので、余計に美味しく感じました。
もちろん、かき揚げなんかで頂くのは、初めてだしね。
お値段は、450円。

      
最近、酒場でよく見かけるバイスサワー。
コダマです。

      
お腹に優しい和のメニュー。
カブそぼろ味噌がけ。
お値段は、520円。

      
この日の〆は、おにぎりでは無かった。

      
チャンジャ巻き寿司。
お値段は、550円。

て事で、鶯谷のあじとよ屋。
まだまだ美味しいが、たくさん潜んでいるであろう店。
今度も足を、運び続けてみます。

お店の情報はこちら↓
あじとよ屋 (【旧店名】一休) - 鶯谷/居酒屋 [食べログ]

他のブロガーさんが書いたお店の紹介ブログ...↓
通常パトロール(1) あじとよ屋@鴬谷 - Yahoo!ブログ
鶯谷 あじとよ屋 居酒屋 - きまぐれ屋-食旅日記- - Gooブログ

この記事の関連記事はこちらです↓
再びのビクトリー - 鶯谷/グリルビクトリヤ -

このお店の過去記事はこちらです↓
コジャレた人気の居酒屋さん - 鴬谷/あじとよ屋 -

グルメ ブログランキングへ
居酒屋 ブログランキングへ
焼鳥・串焼き ブログランキングへ

〒110-0003
東京都台東区根岸1-2-13
あじとよ屋 (【旧店名】一休)
営業時間
 17:00~24:00
定休日
 日曜日
050-5869-6451 (予約専用番号)
03-3871-7712 (お問い合わせ専用番号)

コメント

栗蟹と秋の食材を創作料理で頂く - 鶯谷/万年本店 -

2015年11月18日 05時58分08秒 | グルメ - 創作料理
10/11(日)。
記事は、
巷で話題の熟成焼肉 - 西日暮里/エイジング・ビーフ -
に続きます。

Sちゃんの誕生日のお祝いの日。
一軒目は、巷で噂のエイジング・ビーフ。
しか~し、これだけでは終わらない。。。

      
二軒目、何処かと散々迷いましたが、Sちゃん家の直ぐ側にある創作料理の店、万年本店へ足を運ぶことにします。
こちらも超人気店だけに、予め電話してみると、カウンターのみ2名分空いている。
何か、こういうパターンが多いが、決して作っている訳ではありません。
ラッキーなのでしょう!

      
でもって、店の奥のカウンターに陣取りました。
でも、ご安心。
この店のカウンターは、ゆったり広々設計。
おまけに店長がカウンター越しにいるので、いろいろ会話も楽しめちゃうって訳だ。
もちろん、料理の話を聞いた日なんかにゃ、いろいろ話してくれるんですよね。

      
まず一品目。
恐らくですが、他の店では中々お目にかかる事が、難しいのでは無いかと思われる品。

      
薄いピンク色の、この食材。
それは、生白子。
こりゃ、旨い訳だ。

      
二品目。
自分が大好きな魚であり、魚の王様でもある。

      
それは、鯛でしょう!
鯛の刺身でしょう!
軽く炙っていて、一層美味しさが増してました。

      
三品目。
自分もSちゃんも、聞いた事の無い食材。
メニューを見るなり、気になって店長に聞いてみた。

      
それは栗蟹。
毛蟹の一種らしいのですが、普通の毛蟹に比べると小さいらしいのです。
でも、味は間違いないらしい。
ちなみに、これでこの日は売れきれ。

      
四品目。
椎茸バター。
お値段は、750円。

      
肉厚で、プリっプリ。
美味しいです。
芯もちゃんと丁寧に調理されているし。

      
五品目は、秋という季節を代表する食材だ。

      
それは、もちろん。
松茸。
松茸の土瓶蒸し。
お値段は、950円。

      
こんな感じで、お酒の様に頂きます。
写真用に松茸も浮かせてみた。

      
六品目。
何だかわかりますか~?

      
揚げ銀杏なんです。
でも、銀杏だけじゃなく、ポテトをスライスしたフライドポテトが付け合せ。
何ともありがたい。
しかも、ポテトはブランドの「インカの目覚め」を使っているのだとか。。。
美味しいです。

      
お新香の盛り合わせ。

      
Sちゃんは、〆に鮭のおにぎり。

      
自分は、〆に茶蕎麦。

      
アッサリ、ツルっと頂く。

      
お決まりになってる、デザート。
この日はミルク豆腐。
会計すると、持ってきてくれるんです。

て事で、ご馳走様でした~♪

お店の情報はこちら↓
快食倶楽部 万年 - 鶯谷/居酒屋 [食べログ]
快食倶楽部 万年

他のブロガーさんが書いたお店の紹介ブログ...↓
「とんかつのこだわり!」~鶯谷・万年 - アメーバブログ

このお店の過去記事はこちらです↓
食の美と美味しさを味わうべし - 鶯谷/万年本店 -

この記事の関連記事はこちらです↓
巷で話題の熟成焼肉 - 西日暮里/エイジング・ビーフ -

グルメ ブログランキングへ
居酒屋 ブログランキングへ
イタリアン(レストラン) ブログランキングへ
スペイン料理(レストラン) ブログランキングへ

〒116-0014
東京都荒川区東日暮里4-35-16
快食倶楽部 万年
営業時間
 ランチタイム
  11:30~14:00 ※月~金のみ(土日祝は除く)
 ディナータイム
  17:30~翌3:00(L.O.2:00)
定休日
 月曜日(月に1回火曜連休あり 不定)
050-5868-5545 (予約専用番号)
03-3806-1522 (お問い合わせ専用番号)
コメント

食の美と美味しさを味わうべし - 鶯谷/万年本店 -

2015年10月27日 06時56分28秒 | グルメ - 創作料理
9/20(日)。
記事は、
フラメンコは観れなかったけれど... - 日暮里/アルハムブラ -
に続きます。

Sちゃんと、西日暮里のアルハムブラで軽く飲み、店を出てぶらぶら歩いていたら、あっという間に鶯谷。
そう言えば根岸には、美味しい創作料理の店があるのを思い出した。

      
「万年」という店。
そう、実はこの店、言問通り沿いにも店舗を持っている。
その言問通りの方には、自分も過去に何度か訪れており、ブログの記事にもしている。
Sちゃん曰く、根岸の本店は店長自ら腕を振るう店であり、好きなんだとか。
人気店だけに飛び込みで入れるか不安要素はあるが、店の前まで来てしまったので店内へ突入。

      
案の定店内は、ほぼ満卓。
何とか、小上がりの方の席に座る事ができた。
店内は、言問通り沿いの店に比べると狭い様な気がするが。
短時間の間でも、後から後から客が絶えない。
入ってみては断られの連続である。

      
まずはお通し。
一番左が、インゲン、真ん中が切り干し大根とタコの和え物、そして一番右に注目だ。
レンコンのすり身で作った饅頭と説明してくれた。
これが旨いの何のって。

      
さぁ、ではオーダーした料理達を紹介しましょう!

      
料理の名前が長いので、正確では無いかも知れませんが、
「照り焼きハンバーグと南瓜のスープ仕立て」
とかいうやつだったと思う。

      
南瓜というと好き嫌いがあるかも知れない。
でも、絶品です。
やられました。
甘さ控えめながら濃厚なコクと旨さの競演...とでも例えたら良いのやら。。。
とにかく美味しい。

      
刺身からチョイスしたのは、
「炙りサーモン刺身」
で、お値段は700円。

      
観ても美しい。
美味しくて美しい。

      
揚げ餅ガーリック。
お値段は800円。

      
揚げ餅というのは、何処にでもありふれた料理。
でも飾り付けは怠らない。
こんなところを感じ取れる。

      
今度は、「篠とうがらしの肉巻き」という料理。
京都の唐辛子なんだそうです。
お値段は300円。(1本)

      
中身はこんな感じ。
唐辛子の食感と豚肉の美味しさが、見事にマッチしている。
そして、付け合せの味噌が絶品!

      
「味噌うま~!」
を叫んでいたら、「胡瓜と一緒にもお出しできる」と提案してくれたので、お願いしましました。

      
そんな気配りにも感動もの。
店の品格を感じました。

      
さぁ、お次は何だ。。。

      
美しく盛り付けられた料理。
海老とホタテのふわふわ蒸し。

      
今度は中華って訳だ。
お値段は700円。

      
ぬか漬けだって、この美しい盛り付けだ。

      
コレがぬか漬けの盛り付けに見えますか?って話だ。
ぬか漬けのお値段は550円。

      
そしてパスタだって置いてるんです。

      
ワサビの冷製パスタ。
ワサビって食材でパスタをやっちゃうんだから。。。
恐れ入谷の鬼子母神である。

      
お値段は、800円。

      
そして、Sちゃん。
〆はやっぱり。
おにぎりだ。

      
〆のデザート。
言問通りでも同じヤツを出してくれてたっけ。

食の美と美味しさを楽しむ事ができた。
ご馳走様でした♪

また伺わせて頂きます☆

お店の情報はこちら↓
快食倶楽部 万年 - 鶯谷/居酒屋 [食べログ]
快食倶楽部 万年

他のブロガーさんが書いたお店の紹介ブログ...↓
「とんかつのこだわり!」~鶯谷・万年 - アメーバブログ

このお店の過去記事はこちらです↓(但し、言問通り店)
とんかつだけじゃない@鴬谷の万年
万年に再訪です☆
ワイワイやって旨いもん食って@鶯谷の万年

この記事の関連記事はこちらです↓
フラメンコは観れなかったけれど... - 日暮里/アルハムブラ -

グルメ ブログランキングへ
居酒屋 ブログランキングへ
イタリアン(レストラン) ブログランキングへ

スペイン料理(レストラン) ブログランキングへ

〒116-0014
東京都荒川区東日暮里4-35-16
快食倶楽部 万年
営業時間
 ランチタイム
  11:30~14:00 ※月~金のみ(土日祝は除く)
 ディナータイム
  17:30~翌3:00(L.O.2:00)
定休日
 月曜日(月に1回火曜連休あり 不定)
050-5868-5545 (予約専用番号)
03-3806-1522 (お問い合わせ専用番号)
コメント

花の御江戸は吉原の割烹屋 - 浅草/京まち -

2015年10月02日 05時32分12秒 | グルメ - 創作料理
8/29(土)。
記事は、
酒場へゴー! - 日暮里/いづみや -
に続きます。

さて、次の店は吉原の近くの割烹屋「京まち」さん。
吉原は歴史ある遊郭で、昔から映画などでも取り扱われたりして知名度もそれなりにある。
それが関係あるか無いかは別として、吉原周辺には老舗の料理屋さんなんかが数多く立ち並ぶ。

      
「京まち」さんは老舗では無いものの、何処と無く外観が素敵な雰囲気がある割烹屋さん。
そんな「京まち」さんに初潜入となりました。

      
店内も綺麗で、店奥に小上がりがあり、ほとんどの席は置くの小上がり。
小上がりのテーブルは6卓程度。
小上がりの部屋は広々として落ち着ける空間である。

      
お通し。
おそらくは松茸。

      
さて、まずオーダーしたのは茶豆。
見るからに美味しそうな茶豆。
お値段は、550円。

      
これだけ見ても、仕入れの拘りが伺える。

      
こんなメニューも置いてありました。

      
パリパリミート。
お値段は、850円。

      
丸い生地(ピザ生地だろうか...)の上に、ミートソース(の様なもの)を乗せて頂く。
なかなか考えるものですね。
割烹なんですが、創作料理とも言える感じでしょうか。

      
もちろん割烹ダネ!ってメニューも置いてます。
そんなメニューの中から新さんま。

      
お値段は、700円。
新鮮で旨す☆
やっぱ刺身すね。
でも、もうお腹がいっぱいで、頼みたくても頼めない。
次回来た時は、絶対刺身中心で攻める。

      
夜も更けて参りました。
やはり、Sちゃん、〆は絶対おにぎりをオーダーする様だ。
まっ、自分も便乗して頼んだけど。

      
Sちゃんは、筋子のおにぎり。
お値段は、250円。

      
自分は、焼きおにぎり。
お値段は、250円。

いや~日暮里に始まった、今宵の飲み。
ちょいちょいですが、結構ハシゴしましたな~
でも終わってみれば、全部始めての店ばかりにチャレンジできた。

お疲れちゃんでした♪

お店の情報はこちら↓
ぐるなび - 京まち(浅草/小料理)

この記事の関連記事はこちらです↓
祭の日には焼きビーフン - 諏方神社 例大祭/台湾屋台 -
えっ? 喫茶で美味しい餃子? - 日暮里/あづま家 -
酒場へゴー! - 日暮里/いづみや -

グルメ ブログランキングへ
居酒屋 ブログランキングへ

〒111-0031
東京都台東区千束3-28-14
京まち
営業時間
 
定休日
 
03-3876-0672

コメント (2)

刺身も美味いがデミ煮に涙♪ - 浅草/越後屋 -

2015年08月28日 00時00分03秒 | グルメ - 創作料理
7/18(土)。
夕方、Sちゃんからのお誘いで、浅草で飲もうって話になった。
もういい加減浅草の店もずいづんと周ったんじゃないかって思うのだが、これが全然。。。
まだまだ行けていない店は山ほどある。

      
今回は、そんな未だ行ってなかった店に初潜入。
店の名前は越後屋。
店の外観からして、和食屋さん?なんだろうか。。。
まぁ、自分にとっては願っても無いが。
場所は六区から国際通りに出た付近。。。
国際通りを渡って、トンテキ元気の斜め向かいあたり。
さぁ、入ってみると致しましょうか。

      
まずは生ビールで乾杯。

      
店内はカウンター席、テーブル席は3~4卓、そして小上がりのお座敷。
どうやらこの日は、小上がりのお座敷の方が団体の予約が入っている様だった。

      
お通しは、もやしと何かの和え物。。。
これが何かがわからなかった。
けど、美味しくて、Sちゃんと何だろう?ってずっと呟いたが、結局何だかわからなかった。
店の人に聞こうと思っていたが、結局最後まで聞けず仕舞い。。。

      
まずオーダーしたのは若鶏の唐揚げ。
お値段は850円。

      
唐揚げというよりは竜田揚げ。
盛り付けに上品さが感じ取れる。
味はもちろん美味い。

      
和食屋さん?にしては、珍しいメニューが置いてあったのでオーダーしてみた。

      
オーダーしたのは、牛タンのデミ煮。
お値段は1,200円。

      
いわゆるタンシチュー的な料理なんですが、これが実に美味しい。

      
賛否両論あるかも知れないが、大きめのじゃがいもと、ゴロっと煮込まれている。
牛タンも大きめの塊がそのまま煮込まれているんですね。
自分は、こういうのが好き。

      
牛は、箸で切れるほど、十分トロトロに煮込まれてます。

      
お次は、どじょうの唐揚げ。
浅草らしい一品だ。
お値段は800円。

      
実はSちゃん、どじょうが大の苦手。
なので、この人とはこれまで一度もどじょう屋に顔を出した事がない。
だが、唐揚げは別なんだそうで、食べれるらしい。
自分は、どじょうって食材が大好きなんだが。。。

      
そしてお楽しみは刺身盛り合わせ。

      
メニューの中から好きな魚を選んで盛り合わせにできるのが嬉しい。

      
では、メンバーを紹介しよう。(笑)
まずは、つぶ貝。
新鮮です。

      
真ん中は、シマ鯵。
これも新鮮で美味しい。

      
最後はヤガラ。
珍しいので頼んでみた。
ちょっと周りを焼いているのだろうか?
どんな魚なんですか?
と店員さんに聞いてみたところ、穴子とか鰻の様に長い魚らしい。。。

      
どの料理も本当に美味しいのだが、コレがまた泣けるほどに美味しかった一品。
自家製のぬか漬け。
ほどよく漬かり具合で、ぬか漬けの美味しさがコレって感じ。

      
新鮮じゃないと口にすることが難しいタチ魚。
塩焼きです。
お値段は1,000円。

      
そして、本日のメイン。
何だかわかりますか?

      
石焼の中にご飯、そして上には刺身が乗せられてました。
それをかき混ぜる。

      
焦げない様に混ぜて混ぜて。。。

      
料理の名前は、石焼き鯛飯。
いやー、もう絶品です。
セットのお値段は2,100円なんですが、そこをあえて単品でオーダー。

      
お茶の入った急須が用意されてます。

      
そうです、茶漬けで頂けちゃうって話です。
これが鯛の旨い出汁が十分に染み出て、美味しさこの上なし。。。
と書いておきましょう。

      
あとは、味噌汁の代わり的にオーダーした一品。

      
新玉ねぎの浅利スープ仕立て。
お値段は、750円。

      
こちらは味噌汁にもよく使われる浅利、それに丸ごと玉ねぎ。
こいつらの出すスープなんだから、もう美味しさは書かなくても伝わる事でしょう。(笑)

      
いや~、美味しかった。

メニューの種類も豊富なので、次回が楽しみです。
ご馳走様でした♪

記事は続きます。

お店の情報はこちら↓
新日本料理 越後家 (しんにほんりょうりえちごや) - 浅草/割烹・小料理 [食べログ]

グルメ ブログランキングへ
居酒屋 ブログランキングへ

〒111-0035
東京都台東区西浅草3-1-2
新日本料理 越後家 (しんにほんりょうりえちごや)
営業時間
 [火~金]
  11:30~14:00(L.O.13:30)
  17:00~24:00(L.O.23:00)
 [土]
  12:00~14:00
  17:00~24:00
 [日・祝]
  12:00~20:00(L.O.19:30)
定休日
 月曜日
03-5828-5152

コメント

コジャレた人気の居酒屋さん - 鴬谷/あじとよ屋 -

2015年08月20日 05時50分11秒 | グルメ - 創作料理
7/11(土)。
記事は、
サルサ&チップス&ビール - 押上/スーパードライ東京ソラマチ -
に続きます。

夜はMaちゃんにもお祝いしてもらう流れになり、Sちゃんが店に電話して予約を入れてくれた。

      
店は鴬谷にある超人気の居酒屋「あじとよ屋」さん。

      
最近オープンした言問通り沿いにあるコジャレた雰囲気の人気店。
まず電話予約しないと入る事は難しいであろう店。
特に女子が好みそうな店なのである。

      
まずオーダーしたのはコレ。
ポテトサラダ。

      
お値段は420円。

      
そしてお次はコレ
海老とアボガドのサラダ。

      
お値段は630円。
如何にも女子が好みそうなメニュー。
というか、この店のメニューの品数の凄さには、ただただ驚くばかり。
こんなところも人気の秘訣なのであろう。

      
お次は、見た目も涼しげなメニュー。

      
黄色い花びらは何の花なんだろうか。。。

      
そうそう。
見た目だけじゃハッキリしないんですが、ハモ焼きしゃぶポン酢ってメニューだ。
他にもハモを使った料理はいくつか見かけたが、変わりどころを狙ってコレに決めました。
ハモを東京で出してくれる店は少ない。
そんな料理まで出してくれるあたりは、嬉しい限りである。
お値段は800円。

      
串物もいろいろ置いてある。
まぁ酒場という謳い文句があるくらいだしね。
って事で串物も頼んでみました。

      
では、メンバー紹介。
まずはタンでお値段は250円。(2本)

      
お次はハツ元。
お値段は240円。(2本)

      
自分はおそらく初めての串。
ふりそでという部位。
お値段は240円。(2本)

      
最後は御馴染みでレバー。
お値段は240円。(2本)

      
串物を頼んだので、アッサリ目の谷中生姜もいっしょに。。。
お値段は、400円。

      
今度はスタミナ肉豆腐。

      
ちょっと辛めの味付け。
お値段は490円。

      
こんなメニューも置いている。

      
牛肉のタタキ山葵。
お値段は1,080円。
見た目も綺麗だが、食べても旨し♪
新鮮さが際立っている。

      
そして刺身も豊富だ。
この店のメニューを全部制覇するには、相当な時間を要すのでは無いかとさえ思う。(笑)

      
しかも、刺身も中々普段お目にかかれない品を取り揃えているではないか。
まずは太刀魚。
お値段は680円。
この魚は、本当に新鮮じゃないと刺身で食すのは難しいとされている。
だが旨い。
恐れ入りましたと言わせてもらおう。

      
そして、刺身のもう一品はイシダイ。
お値段は720円。
石鯛という魚も、なかなか置いている店は少ない。
磯に住む魚という理由なんだろう。
しかし、旨い。

      
最後は枝豆。。。。

      
でもただの枝豆じゃあ無い。
新枝豆の醤油漬け。
お値段は430円。

      
酒場。。。
あじとよ屋。
またイイ店出来たなぁ。。。

上野に移動して、最後にもう一軒。。。
記事は続きます。

お店の情報はこちら↓
あじとよ屋 (【旧店名】一休) - 鶯谷/居酒屋 [食べログ]

他のブロガーさんが書いたお店の紹介ブログ...↓
通常パトロール(1) あじとよ屋@鴬谷 - Yahoo!ブログ
鶯谷 あじとよ屋 居酒屋 - きまぐれ屋-食旅日記- - Gooブログ

この記事の関連記事はこちらです↓
雲上で頂く絶品フレンチ - とうきょうスカイツリー/634 (MUSASHI) -
サルサ&チップス&ビール - 押上/スーパードライ東京ソラマチ -

グルメ ブログランキングへ
居酒屋 ブログランキングへ
焼鳥・串焼き ブログランキングへ

〒110-0003
東京都台東区根岸1-2-13
あじとよ屋 (【旧店名】一休)
営業時間
 17:00~24:00
定休日
 日曜日
050-5869-6451 (予約専用番号)
03-3871-7712 (お問い合わせ専用番号)

コメント