フランス人交友記録

フランス人との交流を通して感じたことを書いています。

ミッシェルさん宅で最初の一泊が始まった。

2021-09-25 08:49:12 | 2014年初夏の旅行(サルラ・ボルドー・ナント・アンジェ・アミアン)

2012年に続いてのフランス。まず到着日は、その時と同じパリのビットショーモン公園近くのミッシェルさん宅だ。

いつも空港まで迎えに来てくれる。2年ぶりだ。

今回もANAだったので、(2016年以外ミッシェルさん宅にお世話になるときはいつもANA)ターミナル1の古いターミナルに迎えに来てくれた。

 

いつもウエルカムディナーを用意してくれるのだが、今回はマルチーヌが迎えに来ていないので、ミッシェル夫妻とだけのディナーでもあり、「スープとサラダだけでいい」とお願いした。

奥さんのJ・クロードの作るスープが好きなので、いつも楽しみだが、今回も2012年と同様、ミントが添えられたプチポワ(グリーンピース)と他の野菜やたぶんベーコンなども入っていたと思う。

しかしメインも軽く用意してくださっていたので、やはり頂かないわけにはいかない。(照り焼き風?)

そしてデザートも。

 

再会を喜び合い、明日の予定を聞き、早めに休むことにした。

*******

翌朝は、奥さんが最近できたイギリスのスーパー?マークス&スペンサーで見つけたという紅茶やアメリカンマフィン、クリームチーズが出てきた。

意外なことに、クリームチーズが出されることはフランスではあまりない。(私は初めてだった。)

 

ましてや朝食に出てくることはなかった。

キリーという日本でも有名なクリームチーズは、エスカレーターに言わせると、「子供向けのチーズ」ということになる。

でも、このアメリカのクリームチーズも奥さんがお気に入りとのことだ。日本ではポピュラーなチーズ。

パリジャン、ミッシェルさんは食べないらしい。



朝食をいただいた後は、マルチーヌも合流してパリ散策の予定になっている。

 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« フランス滞在28泊という過去... | トップ | エリザベス女王も来たことの... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

2014年初夏の旅行(サルラ・ボルドー・ナント・アンジェ・アミアン)」カテゴリの最新記事