フランス人交友記録

フランス人との交流を通して感じたことを書いています。

「手ぶらサービス」を初体験

2024-06-17 19:14:12 | 2024年の旅

今回は4組の友人に絞ったことで、事前に買うお土産も少なくて済んだが、日程調整などのメールのやり取りもかなり楽だった。

前回は20組以上だったので、それはそれは大変だった。

 

前回のことを考えるとスーツケースの移動も大幅軽減だ。

何より、出発前にスーツケースの半分を占めていたお土産が少ないことで、重量も容量もほぼ半分程度。

また今回はANAの「手ぶらサービス」を初めて利用することにした。

つまり家までスーツケースを取りに来てもらい、受け取りはシャルルドゴール空港のターンテーブルなのだ。

もちろん有料サービスではあったが、これは本当にありがたかった。

(大型スーツケースが二つで約8000円弱)

手荷物だけで、自宅近くからリムジンに乗り、伊丹空港から羽田空港。

羽田では翌朝の9時半出発ということもあり、空港ターミナル直結ホテルに宿泊。朝も早いので素泊まりだ。

 

手荷物だけということは、オンラインチェックインの意味も大きくなる。

預け入れのスーツケースがあったならGWのさなかの出発のため。本来なら余裕を持って

空港へ向かわなければならない。

それが、長蛇の列を横目に、すぐセキュリティ検査に進める。

これはかなり大きいと感じた。

 

ANAとヤマトの連携サービスのため、帰りのパリ空港ではこのサービスは使えない。

しかし羽田に到着後、家までの配送も頼めるとのことだった。(後で知るが、帰りはひとつ1,000円でのサービス)



14時間余りのフライトだ。

前回はコロナ禍ということもあり、空席が目立ったが、今回は結構いっぱいであった。

しかし心なしか日本人客は少ないと感じた。

 

前回はANAでもパリではターミナル2に到着だったが、今回は改装後のターミナル1ということだった。

上から見た様子↓

いつもは到着後パリ市内へ、もしくはそのままニースへ移動となるが、

今回はやはりこれもシニア世代の疲労軽減対策として、パリ空港近くに宿を取った。

シャトルで移動する。

初めての試みだったが、このホテルは駅の近くだったので、すんなり到着。

まだ外は明るく、意外に気温が高い。

 

部屋はエアコンをつける時期ではないということで、窓を開けて寝るように言われた。

空港至近距離のホテルとあって、結構高いホテルだった(円安でもあるので)。羽田のホテルとほぼ同金額でも、冷蔵庫や水などの飲み物はない。ポットもない。

ただシャトルの駅に近いだけがとりえのホテルである。

 

それでもまずは疲れを取るべく

シャワーを浴びて、横になることにした。

コメント    この記事についてブログを書く
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2年ぶりの渡仏について | トップ | 体が不自由な人の旅行をサポ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

2024年の旅」カテゴリの最新記事