misty green and blue

Life is like an onion...

柴犬。

2020-06-27 | something


やんちゃな一面もあるが、飼い主には忠実、日本犬ならではのクールで頑固な特性が、“サムライ”を彷彿させるのか、昨今は海外でも人気が高い柴犬
柴犬好きの著名人には、「一弓」と名付けたイチロー夫妻や「ヨーコ」と名付けたLady Gagaがいるという

柴犬が海外で愛されるきっかけとなったのが、HACHI(秋田犬)の子犬時代を演じた2009年公開のアメリカ映画『Hachi : A Dog's Tale / HACHI 約束の犬』 (映画『ハチ公物語』(1987)のリメイク版)のヒットだった
また、2012年にイギリスはバーミンガムにて毎年3月に開催される、200種におよぶ2万匹以上の気品と才能に溢れる犬たちが競い合う世界最大のドッグショー『Crufts』で優勝したこともあるという

かつて純粋犬種・赤柴を飼っていたことがあるにも関わらず、柴犬についてあまり詳しくない
柴犬が日本の天然記念物に指定された7つの日本犬種(現存は6犬種)の1つであることも、毛色が赤・黒・胡麻(赤胡麻・黒胡麻)・白の4色あることも、顔形が優し気な丸顔の‘タヌキ顔’とキリリとした顔立ちの‘キツネ顔’があることも、今の今まで知らなかった私だ

子犬時代は‘タヌキ顔’、成犬となった頃は何故か‘キツネ顔’に変わった愛犬ルビー(♂)
当時はちょっと不思議だったが、それほど気にも留めていなかった
近所でも評判のルビーは、町一番のgood-lookingだったことは確かだ

ルビーが他界してから早30年以上になるが、今でも時折思い出す
短命であったことが、今尚惜しまれる...

警戒心と好奇心が強く、相反する性格を兼ね備えていたルビー
しばしば仲裁犬?として親子喧嘩の和解に尽力した、健気なルビー
ルビーと過ごした7年2ヶ月は、宝物のような貴重な年月だった


散歩の道すがら、町で柴犬を見かけると、不意に胸がちょっぴり痛むことがある

コメント   この記事についてブログを書く
« 歌姫 2 | トップ | distance »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

something」カテゴリの最新記事