”レイキのめぐみ。”の日常

嬉しい偶然、思いがけない幸運、驚きの贈り物を一緒に見つけませんか?

『成功ではなく、幸福について語ろう』2

2018年06月11日 | Weblog
『成功ではなく、幸福について語ろう』(岸見 一郎 著)2

*****



P77~


挫折体験は幸せになる「チャンス」


 私にとって、成功というのはあまり意味がないのです。成功は一般的なものであり、その気になれば誰にでも模倣できるのです。

 私が目指しているのは成功ではなく、幸福です。幸福は誰にも真似られないものです。多くの本を書く中で、プラトンの対話篇を翻訳したことは私にとって幸福ですが、誰もうらやましいとは思わないでしょう。それでいいのです。幸福は一般的なものではなく、あくまでも個人的で、誰のものでもない独自のものです。

 今回、「挫折」というテーマをいただいたのですが、どうも私の話は歯切れが悪いでしょう?それは私が、自分だけの、他の人が追随できない幸福を目指してきたからです。私の体験を一般化しても大して意味を成しませんし、成功という軸で自分の人生を見ていないから、それと対になる「挫折」とか「失敗」という概念にも頓着していないのです。世間的には挫折と見なされるような体験がたくさんあったかもしれませんが、すべてチャンスだったと思っているのです。

 ただ、一つ確実にいえることは、幸福になるために、いわゆる挫折体験は絶対に必要です。生きていくうえで感じる苦しみや挫折感は、鳥が空を飛ぶために必要な空気抵抗のようなものです。

 鳥は真空の中では、飛ぶことが出来ません。空気抵抗があるから、鳥はその羽で空気を掴んで空に飛び立つことが可能になるのです。

 そう考えると、やはりあらゆる挫折は幸せになるためのチャンスなのかもしれません。



******


この文章を読んだ方にとって、何かが心に残りますように。勿論、人それぞれの考え方があっていいでしょう。それが自然だと思います。その一方で、いつもの自分の「これって当たり前でしょ?当然でしょ?」から少しでも外れる考えを取り入れれば、それが新しいものの見方になりえます。

心の視界が広がれば、幸運を見つける目が変わるのだろうと思っています。



挫折をした後には、きっと、必ず幸せがある・・・そんなふうに解釈しています、私は。



百合はあっという間に満開になりました~。じっと見ていたら、花開く様子がわかったりしてね。


紫蘇です。思ったほど香りがしないんです・・・。




 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 『成功ではなく、幸福につい... | トップ | 新月満月からのメッセージ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (やすさん)
2018-06-12 21:15:21
梅雨入りしましたが、
ご機嫌いかがですか?

岸見一郎さん。
機会があればお会いしたい方です。
今日も心に栄養を頂きました。
ありがとうございます。

良かった (管理人 めぐみ)
2018-06-12 22:57:48
やすさん

お変わりなく、お元気ですか?
いつもコメントを頂き、ありがとうございます。

岸見さんの本は、気持ちに力がないと読み進むことができないので(私はね)、なかなか一気には進みません。「自分はどうだろう」と頭を巡らせながら読んでいます。

その人なりの幸せや成功があっていいのだと思います。人に認めてもらうことはずっと順位が低いと思うので。



コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事