向日市自治功労者、大橋 満 の平和ト-ク・・・世直しご一緒に!

世界の変化を見ながら世直し提言
朝鮮・韓国・中国・ロシアとの友好交流促進
日本語版新聞紹介

「日本カトリック正義と平和協議会」など6団体が共催する「SISTERS ACT憲法にラブソングを」の7回目の行動です。

2019-09-15 | 世界の宝日本国憲法守ろう。

憲法にラブソングを

シスターら 3000万人署名訴え

東京・新宿

写真

(写真)改憲反対の3000万人署名を呼びかけるシスターら=ボ日、東京・新宿駅西口

 「過ちあるところに優しい心の許しを 疑いあるところに信仰があるように」

 東京・新宿駅西口の雑踏のなか、修道院のシスターたちの歌声が響きます。14日、カトリックのシスターをはじめとする宗教者たち約50人が、安倍9条改憲反対3000万人署名を訴えました。

 「日本カトリック正義と平和協議会」など6団体が共催する「SISTERS ACT憲法にラブソングを」の7回目の行動です。

 呼びかけ人の一人、べリス・メルセス宣教修道女会の清水靖子さん(81)は、1980年からミクロネシアに派遣され、現地のお年寄りの体験を聞きました。「日本がどんなに残酷な加害者だったか、私たちは忘れてはなりません」と語ります。「再び加害者とならないためにも、お祈りのなかで願うだけでなく、街頭で訴えなければ」とシスターたちに行動を提起しました。

 初めて参加した都内のカトリック教会のシスター(78)は「ここに立つだけで勇気がいります。でも、心ある方が署名を寄せてくださって心強い。戦争は神の教えに反することです」と語りました。川崎市から買い物に来た女性(74)は、「戦争を起こさせないために」と署名しました。


コメント   この記事についてブログを書く
« 「若者たちは進歩か保守かで... | トップ | 今月9日、チェ・ソンヒ外務省... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

世界の宝日本国憲法守ろう。」カテゴリの最新記事