向日市自治功労者、大橋 満 の平和ト-ク・・・世直しご一緒に!

世界の変化を見ながら世直し提言
朝鮮・韓国・中国・ロシアとの友好交流促進
日本語版新聞紹介

NO.19 やわらかい地面の上で、10センチくらいの釘の頭を逆さに持って地面にたてて遊ぶ。

2017-01-21 | 「私がお話し」します。

メンコはおもちゃ屋で売っていたが、強いものは買わなくてもいっぱいたまった。

めんこ。

 べったんともいう。丸いのや、長方形のものがあったが、地面において順番にめくりあって勝負する。

自分のメンコで相手のものをひっくり返せば自分の物になる。地面にうちつけたときに、裏向けになったり、半分石の上に乗ったりすると、

次のものがめくり安くなるので、地面にうちつけるときに、相手のものがめくれなくても、自分のがめくられないようにすることが、

勝利のかぎである。5~6人で順番にかわるがわるやっていく。メンコはおもちゃ屋で売っていたが、強いものは買わなくてもいっぱいたまった。

 くぎさし。

 やわらかい地面の上で、10センチくらいの釘の頭を逆さに持って地面にたてて遊ぶ。5人で遊ぶときは、地面の5角形の絵を書いて

それぞれ自分の出発点を決める。5角の近くに釘を立て自分の出発点からそこまで線をひく。釘がこければ次のものに交代し準順に進める。

くもの巣のような模様になっていくのだが、相手が書いた線を越えることができないのでできるだけ前にある線の近くに釘を指し、

後で来るものが来にくいようにする。相手の線を越えて外にいきたいときは、線の真上に釘を立てると外に出られる。

そういう場所があると後に続くものは必ず線の上にたてなければ外に出られない。どんどん順番にすすむとまさにくもの巣のような模様になる。

ぐるぐる周囲を廻って自分が書いた線の上に釘を立てればリーチで最後に5画形の中に釘を立てれば上がりである。

それを競うのだが、リーチをかけてから上がりの場所に釘をさすことができなければ、逆転されることもある。2人から5人くらいで遊ぶ。

ドッチボール

 現在も行われているのでルールはご存知のとおりである。

私は作戦をたてた。外に出ている人にボールを送るときに相手チームのターゲットの1メートル横にボールを送る人が位置するよう伝えておいて、

強いボールを外の人に送る。ターゲットはボールをとることも逃げることもできない。当てるときは足を狙う。

失敗しても味方の陣地にボールが帰って来る。その繰り返しで相手をやっつける。狙った人は絶対逃げられない。


コメント   この記事についてブログを書く
« 志位氏ら新役員は自民、公明... | トップ | トランプと中国の習近平国家... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

「私がお話し」します。」カテゴリの最新記事