向日市自治功労者、大橋 満 の平和ト-ク・・・世直しご一緒に!

世界の変化を見ながら世直し提言
朝鮮・韓国・中国・ロシアとの友好交流促進
日本語版新聞紹介

国民は米言いなりと、国民の意思を認めない菅氏に懸念!

2010-10-25 | 市民のくらしのなかで

菅首相:中国海軍力増強に懸念

自衛隊観閲式で訓示

2010年10月24日 20時2分 更新:10月24日 21時55分 毎日jp

観閲式で儀仗(ぎじょう)隊栄誉礼を受ける菅直人首相(中央奥)=陸上自衛隊朝霞訓練場で2010年10月24日午前11時59分、三浦博之撮影
観閲式で儀仗(ぎじょう)隊栄誉礼を受ける菅直人首相(中央奥)=陸上自衛隊朝霞訓練場で2010年10月24日午前11時59分、三浦博之撮影

菅直人首相は24日、陸上自衛隊朝霞訓練場(埼玉県朝霞市と新座市)で行われた自衛隊観閲式で訓示し、北朝鮮のミサイル・核開発と同時に中国情勢 について「軍事力の近代化を進め、海洋における活動を活発化させている」と指摘し、沖縄県・尖閣諸島を巡る緊張関係を念頭に中国の海軍力増強や海洋進出に 懸念を示した。

その上で国際テロ対策などを含め「自衛隊は多様な事態に対処し得る態勢を常に取っておく必要がある」と強調した。また、日米安全保障条約改定50 年に当たることに触れ「同盟関係を21世紀にふさわしい形で着実に深化させたい」と述べた。改定50年を記念し、観閲式の関連行事として米軍機計6機が初 めての祝賀飛行を行った。

観閲式は毎年、陸海空の自衛隊が持ち回りで開催。この日は隊員約3800人、戦車など車両約240両、航空機約60機が参加。菅首相の前を迷彩服 姿の隊員や戦車などが隊列を組んで行進した。昨年は鳩山由紀夫首相(当時)が海外出張で欠席したため、民主党政権では初めて首相が観閲式に出席した。【樋 岡徹也、青木純】

top

コメント   この記事についてブログを書く
« 民主本部×沖縄県連ネジレ? ... | トップ | 私学も当然無償であるべし、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市民のくらしのなかで」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事