向日市自治功労者、大橋 満 の平和ト-ク・・・世直しご一緒に!

世界の変化を見ながら世直し提言
朝鮮・韓国・中国・ロシアとの友好交流促進
日本語版新聞紹介

クリーニング店は消費税を価格に転嫁できず

2012-11-28 | 市民のくらしのなかで

        長野県クリーニング組合 共産党を推薦

               消費税増税「やっちゃいけない」

 
 
 
 
 

 

写真

(写真)加藤氏(左)から推薦状を受け取る北村(右)、松沢の両氏=27日、長野県安曇野市

 長野県クリーニング生活衛生同業組合(加藤文人理事長)は27日、総選挙で日本共産党と県内小選挙区候補5人を推薦すると決定しました。

同日、安 曇野市のクリーニング店を訪問した北村正弘衆院2区予定候補(党中信地区委員長)に伝えました。松沢好哲・安曇野市議も同行しま

した。

 「いま消費税の増税はやっちゃいけない」と語る加藤氏。同組合事務所にはこの間、7件の廃業届が出されました。「後継者不足」が原因です。

加藤氏は「いま増税すれば余計に経済は停滞する。景気回復がこの業界の願いです」と要望しました。

 北村氏は消費税に頼らない別の道があるとした総選挙政策を説明し、議席倍増を目指すことを表明しました。

 加藤氏は、「景気回復と言って、ただお札を刷るのは安易だ」「活断層があると言われているのに、原発再稼働とはなんだ」「日本は農業国に

しないといけない」と力説。加藤氏は「体力勝負だからしっかり頑張って」と北村氏を激励し、がっちり握手を交わしました。

 加藤氏は今年2月の本紙インタビューで、クリーニング店は消費税を価格に転嫁できず、身銭を切っていることを告発。「国民の不安を解消し、明日への希望を持てるような政策を提示してくだ

さい」とし、日本共産党に期待を寄せました。


コメント   この記事についてブログを書く
« 申し入れの中身はしっ かり... | トップ | 京都にも少なからず放射能被... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市民のくらしのなかで」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事