向日市自治功労者、大橋 満 の平和ト-ク・・・世直しご一緒に!

世界の変化を見ながら世直し提言
朝鮮・韓国・中国・ロシアとの友好交流促進
日本語版新聞紹介

「ジョセフ・ユン元米国務省北朝鮮政策特別代表は20日、京畿道と京畿研究院が主催した「DMZフォーラム2019」の特別セッションの一つとして開かれた

2019-09-22 | 核兵器禁止条約に署名を!

「北朝鮮核問題の解決に魔法はない…漸進的な忍耐が必要」

登録:2019-09-21 07:27 修正:2019-09-21 09:12

「DMZフォーラム2019」京畿平和共同宣言で閉幕 
DMZ平和賞を新設 
ムン・ジョンイン大統領特別補佐官
「過渡期の困難に耐えなければ持続的平和は不可能」 

DMZフォーラム2019」が今月20日、「2019DMZフォーラム平和宣言文」を採択して閉幕した=京畿道提供//ハンギョレ新聞社

 「ジョセフ・ユン元米国務省北朝鮮政策特別代表は20日、京畿道と京畿研究院が主催した「DMZフォーラム2019」の特別セッションの一つとして開かれた朝鮮半島非核化の展望と課題」討論で、「ハノイ会談が物別れに終わってから、(年内)早期に朝米実務協議が行われるだろうし、(相互)合意が実現するものの、最終的合意よりは中間的合意になるだろう」と予想した。

 彼は「トランプは、来年選挙が行われる前に二つを示さなければならないが、第一は北朝鮮(問題)で、第二は米中貿易交渉だ。この二つの問題の解決目標に達しなければならない。北朝鮮は南北・朝米間の会談でも孤立状態が大きく変わらず、経済的・外交的制裁が続く状況で、経済は実質的な発展がなく、依然として貧困状態にある住民の問題を解決しなければならない」と述べた。トランプ米大統領と金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長の間で交渉を続ける内部的必要性のため、早期の実務協議と成果があるだろうということだ。第3回朝米首脳会談の成功のためには「実務交渉で、米国と北朝鮮が物別れに終わったハノイの会談から、それぞれプラスアルファを得られる方向で行われるだろう」とし、「このような協議については楽観的だが、非核化については楽観視できないと考えている」と述べた。

 彼は朝米間の実務交渉でスムーズな合意案として、朝米による「朝鮮半島における戦争終結宣言」と平和協定に向けた交渉▽朝米間の連絡事務所の設置という2つの案を提案した。

 
「DMZフォーラム2019」で「朝鮮半島非核化の展望と課題」めぐってムン・ジョンイン大統領統一外交安保特別補佐官とジョセフ・ユン元米国務省対北朝鮮政策特別代表、ジークフリード・ヘッカー教授(左から)が討論をしている=京畿道提供//ハンギョレ新聞社

 スタンフォード大学のジークフリード・ヘッカー教授は同日、「北朝鮮の核の現況」と関連し、「北朝鮮の高濃縮ウランの年間生産力は150キログラムであり、インベントリー(核燃料の在庫量)は400~650キロに達するものと見られる」とし、「北朝鮮が高濃縮ウランを利用して年間6発の核爆弾を製作する力量を備えているとみられる。12発という話もあるが、それは違う」と述べた。

 ヘッカー教授は12年間、米国ニューメキシコ州にある核研究所の所長を務め、北朝鮮を7回訪問しており、このうち4回は直接、寧辺(ヨンビョン)の核施設を訪問して、北朝鮮の高濃縮ウラン施設を直接視察した。彼は「北朝鮮の核爆弾の製造能力について6回の原子力テストを行ったことなどから、十分可能だ」としながらも、「ミサイル発射実験が十分ではなく、グァムや米国まで到達できる水準ではない」と分析した。

 彼は、非核化の可能性については、「北朝鮮が核兵器を放棄した方が良いという体制保証が実現すれば、核兵器を放棄する可能性もある」としながらも、「実際に非核化を達成するまで、北朝鮮を説得することが必要だ」と述べた。ムン・ジョンイン大統領統一外交安保特別補佐官は「(朝米間の交渉を控えて)米国などで悲観論が90%を超える状況で、ジョセフ大使とヘッカー教授の楽観論はかなり鼓舞的だ」とし、「実事求是の精神で北朝鮮の核問題を解決していくものの、北朝鮮核問題を解く魔法はないため、漸進的に忍耐心を持って問題にアプローチしなければならない。過渡期的な困難があるが、それを我々が耐えてこそ、我々が望む安定的で持続可能な平和が朝鮮半島に実現するだろう」と述べた。一方、「DMZフォーラム2019」は同日、「2019 DMZフォーラム平和宣言文」を採択して閉幕した。

 イ・ファヨン京畿道平和副知事らをはじめとする出席者らは「われわれは冷戦の遺産であるDMZが分断と対立の象徴ではなく、平和と協力を象徴する空間にならなければならないと主張する」とし、DMZの軍事的緊張の緩和▽西海経済共同特区および漢江河口の平和的活用と、開城(ケソン)工業団地、金剛山(クムガンサン)観光など既存の南北交流協力事業の再開、▽DMZのユネスコ世界文化遺産の登録に向けた取り組みを宣言した。

ホン・ヨンドク記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr)

コメント   この記事についてブログを書く
« 私は、新版『資本論』の刊行... | トップ | 朝米協議の北朝鮮側首席代表... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

核兵器禁止条約に署名を!」カテゴリの最新記事