向日市自治功労者、大橋 満 の平和ト-ク・・・世直しご一緒に!

世界の変化を見ながら世直し提言
朝鮮・韓国・中国・ロシアとの友好交流促進
日本語版新聞紹介

これで政党と言えるのでしょうか? 私はあきれて・・・・   ものを言います。

2012-11-20 | 市民のくらしのなかで

      維新:企業献金禁止を撤回 旧「太陽」に譲歩、目玉骨抜き

毎日新聞 2012年11月20日 12時21分(最終更新 11月20日 17時12分)

太陽の党の石原慎太郎共同代表(左)と、維新の橋下徹代表(大阪市長)
元太陽の党の石原慎太郎共同代表(左)と、
元維新の橋下徹代表
 

 日本維新の 会の橋下徹代表代行(大阪市長)は20日、記者団に企業・団体献金の全面禁止を撤回する方針を示し、「旧太陽の党と合流する時に現職の国会議員について (禁止すること)

は難しかった」と釈明した。今後、全面禁止を定めた党規約を改正し、献金の上限額や受領できる期間を定める。旧太陽との合流を優先するた め、維新が看板施策を譲歩した形となった。

 維新と旧太陽が合流時に合意した基本政策では「企業・団体献金は廃止」としながらも、「経過措置として上限を設ける」と明記し、事実上の抜け穴を設けた。

 橋下氏はこの日、市役所で記者団に「個人献金を促すような法制度も整っていない」と釈明。合流協議で、旧太陽の園田博之前衆院議員が「法制度ができるまでは一定の上限を定めること

が限界だ」と全面禁止に難色を示し、維新側が受け入れた経緯を明らかにした。

 松井一郎幹事長(大阪府知事)も府庁で記者団に「旧太陽との話では、今すぐ(禁止)では齟齬(そご)を きたすとの話だった」と説明。「大企業や団体からドカンともらうとしがらみができるが、

少ない金で応援してくれるのはいい」と述べ、中小企業などからの少 額献金は容認する考えを明らかにした。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  私の最近のツイッターより

安倍氏調子乗りすぎ、日銀へ土足で殴り込む?態度、何様のつもりだ。日銀総裁に筋を通され、記者会見までされて、赤恥かいて、あの人しか担げない自民党の 限界もなさけない。賃上げし消費税増税をやめ圧倒的に多い庶民の懐を暖め、中小企業に資金が廻らなければ、暮らしと経済・国家財政もよくならない

維新:手元が狂い・足元ふらふら・口元その場かぎり、ビデオを再生すれば矛盾だらけ、もう政治家じゃない、安モンのタレント以下だ。これだけ人をだませるものかと あきれる。石原おじいも、人生の終わりにあほなことをやらかして、値打ちがた落ちだ。がた落ちなもんか、始めからこんなもんだったのよ

野田:「TPP推進」が民主公認の条件。よほど米国から命をかけろと言われたのだ。国民負担が増え、命が狙われ、モルモットにされる。アメリカの一部の金 持ちのために利用されたくない。TPP賛成は、国民と日本を米国に献上すること。TPP反対は、日本と国民を守ること。TPPヤンキーゴーホーム

大企業とアメリカに日本国民の立場を筋を通して言いとおすことが出来なければ、日本国民の暮らしは守れないところに来ている。そのことが実行出来るのは日 本共産党だけだ。国民の浄財と党員のカンパで国民のための政策を実現するために活動している政党だから、それが出来る。今度は共産党にかけよう。

韓国の新聞が、手を握った石原-橋下、一部では2人の結合は“ヒットラー-ムッソリーニ”コンビを連想させる」という指摘もあると報道 。隣の人にはそのように写っている、中国・韓国とのトラブルは、野田・安倍+2人組みの極右の台頭のせいだと。しかし、後方から操る米国がいることを見る べきだ。

都知事を辞職、東京から比例で出る?民の暮らしをわすれた人を、支持するもんですか! 彼が頭で、コスプレ兄さんが副責任、ライト・マフィヤ・上納金を もってこい。誰のために何をするのか?TPPではアメリカの手先、原発では大資本の手先、安倍自民の手先、明治維新を復活? 支持するもんですか!

世論誘導役のマスコミ、昔・自民でなければ人でなし、前の選挙・反自民、民主でなければ人でなし、今・自民か第三極でなければ人でなし、ころころ変えて国 民だますデスクこそ人でなし。「基準をきめよう」嘘をつかない。いつも国民の立場で活動、資金は国民が自主的に出している党は、日本共産党だ。


コメント   この記事についてブログを書く
« 政党選択の第一に日本共産党... | トップ | 真の対決軸は“自民党型政治か... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市民のくらしのなかで」カテゴリの最新記事