向日市自治功労者、大橋 満 の平和ト-ク・・・世直しご一緒に!

世界の変化を見ながら世直し提言
朝鮮・韓国・中国・ロシアとの友好交流促進
日本語版新聞紹介

インターネットの「ツイッター」を通じて、反原発・脱原発の一点で幅広い市民とつながる

2012-11-26 | 市民のくらしのなかで

      ツイッターで「原発なくせ」の思いつながった

 
 
 
 
 

 

名古屋

若者が太鼓響かせ

写真

(写真)脱原発を訴えて市内を練り歩く参加者ら=25日、名古屋市

 若者たちが中心の「脱原発デモ NoNukes!NAGOYA」が25日、名古屋市で行われました。300人が太鼓や管楽器、自作のプラカードを

持って「原発いらない」「子どもを守ろう」「一緒に歩こう」と唱和し、行進しました。

 主催はTwitNoNukes758(ツイートノーニュークス名古屋)で、7月に続く3回目。飛び入りで参加する人や「すげえな」などの感嘆の声もあが

りました。

 呼びかけ人の林晃佑さん(27)は「当初は名古屋でデモを盛り上げるために、あちこちの新聞社に知らせに行くなどの苦労があったが、今で

は他の団体の協力もあり、メディアの注目度も上がってきている」と語ります。

 8歳の子どもと歩いた瀬戸市の女性(34)は「東電は福島で原発事故を起こした。中電の原発は静岡にある。原発は危険。子どもに影響がな

いか、とても心配」と話しました。

 

東京 渋谷・原宿

未来救う「即時ゼロ」

写真

(写真)「原発いらない」と声をあげながらデモに参加する人たち=25日、東京都渋谷区

 買い物客などでにぎわう東京の渋谷・原宿の街で25日、原発に反対するデモに参加した市民が「原発なくせ」「今すぐなくせ」と声を響かせま

した。 インターネットの「ツイッター」を通じて、反原発・脱原発の一点で幅広い市民とつながる「TwitNoNukes(ツイット・ノーニュークス)」の

主催で す。

 参加者は、「原発即時停止」「バイバイ原発」などと書いたプラカードを手に持ち、ドラムやトランペットなどの演奏とともにアピールし行進しま

した。「飛び入りOK!」の看板に応えて途中まで一緒に歩く通行人の姿もありました。

 都内の大学生(23)は、「今すぐ廃炉へ決断してほしいです。時間がかかるといわれる廃炉作業を先延ばしにするということは、半永久的に

原発を残すことと同じだと思います」と話します。

 「即時ゼロ 今この勇気が未来を救う」と印刷されたTシャツを着た神奈川県藤沢市の会社員の男性(49)は、「“即時ゼロ”はやる気しだいだ

と思 う。このぐらいかかげないとね。誰かがやってくれるじゃなくて、一人ひとりから声をあげていかないと社会は変わらないと思う」と話してい

ました。


コメント   この記事についてブログを書く
« 大企業の260兆円の内部留... | トップ | 申し入れの中身はしっ かり... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市民のくらしのなかで」カテゴリの最新記事