向日市自治功労者、大橋 満 の平和ト-ク・・・世直しご一緒に!

世界の変化を見ながら世直し提言
朝鮮・韓国・中国・ロシアとの友好交流促進
日本語版新聞紹介

消費税増税について「なんのための税金か、社会保障のためでも財政再建のためでもなかったとただしたが、具体的にあげた数字を否定できずに、

2019-10-09 | 安倍内閣の本当の姿は?

聞いたことにまったく答えない首相

代表質問後の会見で志位委員長

 日本共産党の志位和夫委員長は8日、国会内で記者会見し、衆院本会議での代表質問への安倍首相の答弁の感想を問われ、「聞いていない問題にすべてすり替え、具体的に聞いた肝心なことにはまったく答えなかった」と語りました。

 志位氏は、消費税増税について「なんのための税金か、社会保障のためでも財政再建のためでもなかったとただしたが、具体的にあげた数字を否定できずに、ご指摘はあたりませんというだけ。力ない答弁だった」と批判しました。

 5%への増税以降、20年間でGDP(国内総生産)が伸びていない事実を示し、消費税増税が日本経済にもたらした深刻な影響を指摘しても認めようとせず、「8%への増税が間違いだった」とただしても従来型の答弁で反省がなかったと指摘。法人税や所得税などの不公正な税制について聞いたものの肝心な問題に答えなかったと述べました。

 イージス・アショアや辺野古の米軍新基地建設の質問にも同様に、答弁がなかったと指摘しました。

 関電の疑惑については、「誰が見ても原発マネーの還流だと認識をただしたが、それに対する答えがなかった。総理自身が還流だと見ていない、人ごとですまそうとしている」と強調。「本質は再稼働利権だ。原子力行政の根幹問題なのに人ごとの答弁だ」と述べ、「引き続き予算委員会で追及していきたい」と語りました。

コメント

「白露」が厳しい暑さから涼しさへの切り替わりの節気とするなら、「寒露」は涼しさから寒さへの切り替わりの節気だと言える。

2019-10-09 | 中国をしらなければ世界はわからない

10月8日は二十四節気の「寒露」

人民網日本語版 2019年10月08日14:38
 

10月8日午後10時6分に「寒露」の節気を迎える。「寒露」を過ぎると晩秋に入り、二十四節気の中で、最も早く「寒」という字が登場する節気だ。「白露」が厳しい暑さから涼しさへの切り替わりの節気とするなら、「寒露」は涼しさから寒さへの切り替わりの節気だと言える。人民網が報じた。

〇寒露の過ごし方とは?

紅葉を愛でる。寒露の頃には、各地で紅葉を楽しむ習わしがあり、「紅葉は2月の花よりも紅なり」と言われるのも、この季節。ただし寒露が紅葉のベストシーズンなのは、北方地区、特に黄河以北の地方となる。

菊花酒を楽しむ。寒露が訪れる旧暦9月は、「菊月」とも呼ばれ、菊の花が満開を迎える。春・夏に満開となる多くの花々と異なり、菊は秋から冬にかけて見頃を迎え、寒さが厳しくなればなるほど鮮やかで美しい花を咲かせる。寒露は重陽節(旧暦9月9日、今年は10月7日)と近いことから、寒露に「菊酒を飲む」習わしがある地方もある。

カニを食べる。寒露の頃はかなり秋が深まっており、カニを味わうのに絶好の季節となる。ただし、アレルギー体質の人や胃腸の弱い人は、食べ過ぎに気をつけなければならない。またカニと柿を一緒に食べると、胃石ができやすくなるため、注意が必要だ。

〇寒露に気を付けることとは?

寒露を過ぎると、だんだん寒さが増していくことになる。そのため、天津中医薬大学第一附属病院栄養科の李艶玲主任は、「脚は、心臓から最も遠いところにあり、脂肪も薄いため、保温性が悪く冷えやすい。いったん冷えると、毛細血管が収縮しやすくなって抵抗力が低下し、風邪をひきやすくなる。保温性の高い靴下を履いたり、温水で足浴をしたり、マッサージをするなどして、脚の保温に努めるとベスト」とアドバイスしている。

〇寒露以降の天気は?

10日から12日にかけて、中国中東部の広い地域に強い寒気が入り込むとみられており、今週末にかけて、北方の各地では気温がまた一段と低くなるとみられている。

(編集KM)

「人民網日本語版」2019年10月8日

最新ニュース

コメント

「周辺国航空機の韓国防空識別圏(KADIZ)侵犯防止のための軍事外交的努力を強化している」としてこのような計画を公開した。

2019-10-09 | 世界の変化はすすむ

韓国軍「韓露空中ホットライン設置推進…

防空識別圏侵犯防止」

ⓒ 中央日報日本語版2019.10.08 13:39  9
 
 

韓国合同参謀本部は8日、韓国とロシア空軍が「飛行情報交換用直通電話」(ホットライン)の設置に向けた了解覚書の締結を推進していると明らかにした。

合同参謀本部はこの日、龍山(ヨンサン)合同参謀本部で開かれた国会国防委員会国政監査業務報告を通じて「周辺国航空機の韓国防空識別圏(KADIZ)侵犯防止のための軍事外交的努力を強化している」としてこのような計画を公開した。

合同参謀本部は「了解覚書締結時期および形式については追加協議する」としながら、今月22日に韓露合同軍事委員会が開催される予定だと説明した。

今年に入ってからだけでもロシアは韓国防空識別圏に13回無断進入したことが分かっている。特に、7月23日にはロシア軍用機「A-50」1機が独島(ドクト、日本名・竹島)付近の領空を2回侵犯し、緊急出撃した韓国空軍戦闘機が警告射撃をする状況が発生したりもした。

 

韓国軍制服組トップ 

日本戦闘機の独島領空侵犯時「断固たる措置取る」

政治 2019.10.08 15:10
 
 

【ソウル聯合ニュース】韓国軍制服組トップの朴漢基(パク・ハンギ)合同参謀本部議長は8日の国政監査で日本の戦闘機が独島上空など韓国領空を侵犯した場合の対応について問われ、「定められたマニュアルに従って断固たる立場を示す」と答えた。

独島(資料写真)=(聯合ニュース)

1 of  2

 国会国防委員会所属の与党議員の質問に対し、朴氏は「国際法が許容する範囲内で断固たる措置を取る」とも述べた。

 また、日本はこれまで韓国防空識別圏(KADIZ)に進入する際には事前に通知し、独島領空を侵犯したことはないと説明。もし領空を侵犯する状況が発生したとすれば「それは多分に意図を持って侵犯した状況だろう」との見解を示した。

 朴議長は7月23日にロシアの軍用機が独島付近の韓国領空を2回にわたり侵犯した際に警告射撃以上の措置も検討したのかとの質問には「事前に考慮した」と答えた。

 しかし、ロシア軍用機が空中早期警報統制機であったことや、韓国に対して危害を与える意思表示が全くなかったことから「強制着陸、撃墜は行き過ぎた行為になり得ると判断した」と述べた。

 韓国軍の領空侵犯への対応規則は、大きく分けて▼警告通信▼遮断飛行▼警告射撃▼強制着陸および撃墜射撃の4段階に分けられる。

ynhrm@yna.co.kr

コメント