向日市自治功労者、大橋 満 の平和ト-ク・・・世直しご一緒に!

世界の変化を見ながら世直し提言
朝鮮・韓国・中国・ロシアとの友好交流促進
日本語版新聞紹介

世界の約380人の学者や活動家らが参加する「日本軍慰安婦研究会」の設立を推進する計画を明らかにした。

2016-01-04 | ソウル連合ニュース

強まる慰安婦合意撤回要求 「屈辱交渉」の声も=韓国

2016/01/04 16:24 

【ソウル聯合ニュース】韓国で旧日本軍の慰安婦問題をめぐる日本との合意を批判し、撤回を求める動きが強まっている。

合意の撤回を求める梨花女子大の総学生会メンバー=4日、ソウル(聯合ニュース)

合意の撤回を求める梨花女子大の総学生会メンバー=4日、ソウル(聯合ニュース)

  慰安婦問題を研究する韓国の教授らでつくる「日本軍慰安婦研究会設立の会」は4日、日本との合意は慰安婦問題の解決策にならないとして、撤回するよう求め る報道資料を出した。また、慰安婦問題の核心は数多くの女性に性奴隷を強制した犯罪行為に対する日本の国家責任として、「日本がその責任から逃れるために は、事実認定や謝罪、賠償、真相究明、歴史教育、追悼事業、責任者処罰が欠かせないというのが国際社会で確立された法的な常識」と強調した。その上で、世界の約380人の学者や活動家らが参加する「日本軍慰安婦研究会」の設立を推進する計画を明らかにした。

 一方、韓国の名門女子大、梨花女子大の総学生会はこの日、大学近くの公園に学生らの募金で設置された「平和の少女像」の前で記者会見を開き、「被害者の声が反映されていない屈辱的な交渉を直ちに破棄せよ」などと促した。

 韓国外国語大の総学生会も記者会見を行い、「今回の交渉はわが国の歴史とプライドを10億円で日本に売り飛ばしたもの」として合意の撤回を要求した。

 大学生ら約20人はソウルの日本大使館前に設置されている慰安婦被害者を象徴する少女像のそばで合意の無効や同像の移転反対などを主張し、先月30日から座り込みを続けている。

kimchiboxs@yna.co.kr

コメント

イノシシに出くわした場合は、視線をそらさずにゆっくり後ろに下がり、イノシシの視野から外れるように

2015-12-17 | ソウル連合ニュース

ソウル都心でイノシシ出没急増 昨年の倍=餌不足などで

2015/12/17 10:05 

【ソウル聯合ニュース】ソウル市消防災難(災害)本部は17日、ソウル都心にイノシシが出没したとの119番通報を受け出動した件数が、年初から11月末までに月平均29.4件に達したと発表した。昨年1年間の月平均出動件数の15.4件からほぼ倍増した。

都心に出没したイノシシ=(聯合ニュース)

                                             都心に出没したイノシシ=(聯合ニュース)

 イノシシ出没による月平均の出動件数は2011年に3.6件、12年に4.7件、13年に11.3件と増加を続けている。

 イノシシが都心に出没するようになった主な原因は、増加する登山客がドングリなどを採取することによる餌不足や、トレッキングコースの造成などにより生息地が狭まったことによるとみられる。

 季節別でみると、2010年から現在までの総出動件数821件のうち56%が9月から翌年2月の秋~冬季に集中している。

 消防災難本部は、イノシシに出くわした場合は、視線をそらさずにゆっくり後ろに下がり、イノシシの視野から外れるよう指導している。

ikasumi@yna.co.kr

コメント

シベリアのクズバス炭田から石炭を羅津まで鉄道で運び、羅津港から韓国の港へ船で輸送する。

2015-11-16 | ソウル連合ニュース

ロシアの石炭 北朝鮮経由で韓国にテスト輸送へ=3度目

2015/11/13 15:23 

【ソウル聯合ニュース】韓国企業が参加する北朝鮮北東部の経済特区・羅先の羅津港とロシア極東沿海地方のハサンを結ぶロ朝物流協力事業をめぐり、事業の妥当性を確認するための韓国への3回目のテスト輸送が17日から30日まで行われる。韓国統一部が13日、明らかにした。

 同事業に参加するポスコ、現代商船、コレール(韓国鉄道公社)の3社企業連合が実施する。

 今回のテスト輸送は1、2回目と同様にシベリアのクズバス炭田から石炭を羅津まで鉄道で運び、羅津港から韓国の港へ船で輸送する。

 現場を点検するため3社企業連合と政府関係者がロシア鉄道の関係者と共に17~20日まで訪朝するという。

 同プロジェクトは韓国をはじめとするアジア諸国の輸出貨物を船で北朝鮮の羅津港に運び、羅津―ハサン区間の鉄道とロシアを横断するシベリア鉄道を利用して欧州まで輸送するという物流協力事業。

 政府は同プロジェクトを2010年3月に発生した海軍哨戒艦「天安」沈没事件を受け同年5月から実施している対北朝鮮制裁措置(5・24措置)の例外とみなし支援してきた。

 当初、3社企業連合とロシア事業者間のプロジェクト本契約が年内に締結される見込みだったが、交渉が長引き来年前半に締結される可能性が高まった。

sjp@yna.co.kr

コメント

新連載 世直しご一緒に 28  市民の願いを受けて市政を動かす、議会初の公聴会開催へ

2015-08-23 | ソウル連合ニュース

 ■□学校給食調理業務民間委託反対   議会初の公聴会開催へ

 向日市は、安上がりの学校給食をめざし二〇〇一年度(平成一三年)より、調理業務の民間委託制度がはじまり、全小学校に広げられてきました(二〇一二年度、六校中五校実施)。学校給食制度をめぐっては、学校給食調理業務検討委員会を設置していましたが、教育委員会内部での人選で構成され、望ましい学校給食の在り方について検討した記録がありませんでした。

 法的にも学校給食は公教育の一環に位置づけられています。行政は、子どもたちに安全でおいしい給食を提供する義務があり、また、保護者、教職員、栄養士、調理員の連携が求められます。

 市が、財政的理由のみで行っている調査業務の、民間委託を前提にした検討にたいして、市民からは不安の声があがっていました。

 「より豊かな学校給食をつくる向日市の会」から市教委に出された民間委託にかかわる質問状にも、市は回答せず、また法律面から学校給食民間委託の違法性を指摘する弁護士の意見書も無視していました。

 そして、始まった事業に派遣されてきた給食委託業者の責任者が、自殺するという大問題(理由は不明)が起こる中でも、すべての学校への民間委託を進めようとするものでした。私は繰り返し民間委託に反対する発言を行いました。


 二〇〇一年の第四回議会では、 市教委がモデルとした東京江東区の実状も明らかにして追及、また、法律面から学校給食業務の民間委託は、学校給食法に違反するばかりでなく、労働者派遣法が禁止している偽装請負であり、直ちに中止せよと迫っています。そのときの質問は次のように結びました。

  市教委は、議会に検討委員会報告書を配っただけで、直接利害関係者の声を聞かずに、 市民団体の質問にも答えずに進めた。つまり、直接民主主義も間接民主主義も守らなかったのが今日までの経過です。

 「給食の会」の方も、あるいはまた、今議会に請願書を出しておられる方も、関係者を含む検討の場をつくることと情報の公開を求めておられ、一万五〇〇〇人以上の市民が賛同されており、市長の指導性の発揮が今、待たれているのであります。(略)

 これは市長や市教委だけの評価ではなく、向日市議会としての評価にもかかわる重大問題であると考えており、地方自治法の中で認められているあらゆる方法を使って、市民参画の議会とするため、「公聴会」の開催などを含めてあらゆる努力をし、市民の声を聞かなければならないと考えております。答弁を求めます。

 

 そして、この質問のあとに公聴会を開くことが提案され、向日市議会として初めて「公聴会」が開かれることになりました。

コメント

米韓合同軍事演習と言う名の挑発行動が発端では? まず「軍事演習」を中止せよ!・・管理者

2015-08-22 | ソウル連合ニュース

南北高官協議 板門店で始まる=局面転換の分岐点

2015/08/22

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の韓国に対する砲撃などで朝鮮半島の緊張が高まる中、南北が22日午後、南北軍事境界線がある板門店で高官協議を始めた。統一部当局者が伝えた。

左から金寛鎮・国家安保室長、洪容杓・統一部長官、黄炳誓・朝鮮人民軍総政治局長、金養建・朝鮮労働党書記=(聯合ニュース)

左から金寛鎮・国家安保室長、洪容杓・統一部長官、黄炳誓・朝鮮人民軍総政治局長、金養建・朝鮮労働党書記=(聯合ニュース)

 韓国からは金寛鎮(キム・グァンジン)国家安保室長(閣僚級)、洪容杓(ホン・ヨンピョ)統一部長官が、北朝鮮からは黄炳誓(ファン・ビョンソ)朝鮮人民軍総政治局長、金養建(キム・ヤンゴン)朝

鮮労働党書記(統一戦線部長)がそれぞれ出席した。

 協議は当初予定されていた午後6時(日本時間同)より、やや遅れて始まったという。

 北朝鮮の韓国に対する砲撃をきっかけに朝鮮半島の緊張が高まる中、対話局面に転換できるか、それとも危機が続くのかの最大の分岐点になるとみられる。

 

午後6時半開始の南北高官協議 9時現在も開催中

 【ソウル聯合ニュース】

 北朝鮮による砲撃事件で朝鮮半島の緊張が高まっている中、南北当局は22日、軍事境界線がある板門店で高官協議を行っている。韓国 統一部などによると、協議は板門店の韓国側の施設「平和の家」で当初の予定より30分遅い午後6時半ごろに始まり、午後9時現在も行われている。
 協議には韓国から金寛鎮(キム・グァンジン)国家安保室長(閣僚級)と洪容杓(ホン・ヨンピョ)統一部長官、北朝鮮から黄炳誓(ファン・ビョンソ)朝鮮人民軍総政治局長と金養建(キム・ヤンゴン)朝鮮労働党書記が出席している。 

コメント