ミカウバー日記!音楽とグルメと旅行が好き!

今まで行ったライブや食べ歩いた店や訪れた場所についての雑感を書いていきます!

今年のジュリーは凄いぞ! Shout ! 参戦記 ③

2019-05-17 13:57:48 | ジュリー ライブ
10曲めの 吉いらん からタイトル曲の SHOUT! までの6曲は僕にとってはクールダウンの時間となった。何故かというとこの6曲はとてもメッセージ色が強い歌だからだ。9曲目の 憂鬱なパルス と明らかにテイストが違う曲群が続くので僕の中では一緒に参加するというより ジュリーの言い分をじっくり聞かせてもらいましょうというコーナーと位置づけて大人しく聴くことにした。それでも切々と訴えかけるのではなく正にShout してこの想いよ届け〜!この想いを聞いてくれ〜!という感じだった。

そんな激しく暑いメッセージから再び 戻してくれたのがジュリーのソロデビュー曲君をのせてだった。

僕はこの曲はアコースティックギターで演奏するのではないか?と思っていたけどエレキギター🎸で演奏された。コレが思った以上に違和感なくいい感じのバラードに仕上がっていた。

僕がジュリーのライブにコンスタントに行けるようになった80年代のライブではこの曲を聴いたことがなかった。90年代に入ってから割とコンスタントに歌ってくれるようになったと記憶している。

君をのせてはジュリーが年齢を重ねれば重ねるほど声と曲の良さが熟成されてきて芳醇なワインのようなテイストになってきていると思う。これから鉄板ソングとして毎回セットに入れて欲しい一曲だ。

こうして本ちゃんの全16曲はつつがなく終わった。

ここまで振り返ってみるとやはりジュリーの底力をまざまざと見せつけられたような気がするライブだった。 ギター🎸一本でもこれだけ凄いパフォーマンスを見せることが出来るんだぞ!というジュリーの本気度の表れだと思う。

やっぱり凄いわ!

こうしてジュリーとカズさんは一旦ステージの袖に消えていった。

そしてアンコールでは噂の猫の被り物で登場するらしいが・・・

噂の猫の被り物はどんなんなんや〜!!

そして遂にその時はやってきたのだった!

おー!これが噂の猫かぶりか〜!

こうしてライブはアンコールへと突入していったのである!



◆ Shout ! セット リスト ◆

5月14日 (火) フェスティバル ホール

1.気になるお前
2.THE VANITY FACTORY
3.a.b.c…i love you
4.勝手にしやがれ
5.ス・ト・リ・ッ・パ・ー
6.探偵~哀しきチェイサー
7.そっとくちづけを
8.お前は魔法使い
9.憂鬱なパルス
10.吉いらん
11.グショグショワッショイ
12.限界臨界
13.若者よ
14.根腐れpolitician
15.SHOUT!
16.君をのせて

〜アンコール〜

17. 誕生日
18. TOKIO
19. さよならを待たせて



日記・雑談ランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 今年のジュリーは凄いぞ! Sh... | トップ | 今年のジュリーは凄いぞ! Sh... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿