ミカウバー日記!音楽とグルメと旅行が好き!

今まで行ったライブや食べ歩いた店や訪れた場所についての雑感を書いていきます!

Talk Is Cheap を振り返ってみよう!②

2020-02-13 09:37:00 | 音楽
頭3曲はKeithらしいギター🎸リフ全開のナンバーでStonesでやっても良い位だなぁと感じた。
とにかくKeithが元気にギター🎸弾いてる感じがよく分かって嬉しくなった。



そして4曲目のI Could Have Stood You UpはOldies風のロックンロールでとても楽しい感じのナンバーだ。軽快に転がるピアノ🎹とドゥワップ風のコーラスと共に楽しそうに歌うKeithが目に浮かぶようだ。
続くMake No Mistake はブラス隊がとても印象的でソウル風のナンバーだ。ささやくように歌うKeithも悪くない。ここでも必殺のギターリフは封印。そして驚いたことにSarah Dashとデュエットまでしているのだ。



そしてMickの曲Party DollへのKeithからのアンサーソングとも言うべきYou Don't Move Me Anymoreの登場だ!このこの曲でKeithのお得意のギターリフ🎸復活!

明らかにMickのソロ活動につい皮肉っている歌詞だ。

Now you wanna throw the dice You already crapped out twice Oh yeah, Oh yeah You just don't move me anymore

ダイスを転がしたがってるけどもう二回も負けたじゃねーか!だからもう動くんじゃねえぞ

と歌うKeithはなかなか迫力あるよね。Mickに対してこんな事言えるのはやはりKeithしかいないと思う。

いゃあKeith結構引き出し多いじゃん!

Keithの初ソロアルバムはまだまだ転がって行くのだ!


◆Talk Is Cheap ◆

リリース 1988年10月3日
チャート 全米24位

Track Listing 

01. Big Enough
02. Take It So Hard
03. Struggle
04. I Could Have Stood You Up
05. Make No Mistake
06. You Don't Move Me
07. How I Wish
08. Rockawhile
09. Whip It Up
10. Locked Away
11. It Means A Lot


コメント   この記事についてブログを書く
« Talk Is Cheap を振り返って... | トップ | Talk Is Cheap を振り返って... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿