かもて通信  ☆新上五島町中央山脈より発信☆ ☆個人的議会だより「かもて」のブログ版です☆

camoteはさつまいもという意味ですが、愛しい人を指すのにも使われていました。島の人々が愛する作物でもあります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

祖父と戦争② 祖父の戦歴 その足取り

2014-09-03 14:24:12 | 祖父と戦争

<祖父の戦歴と足取り>

 

軍隊というものに一切興味はないけれど、あえて、できる限り詳細に書きとめたい。

なぜならば、先の大戦…特に大量の死傷者を出した戦場では、兵隊の消息というものが、特に戦地で死んでしまった場合、その部隊や司令をたどり、生還者の話から当時の状況を推し量る以外に知りようがないからだ。

戦友会が編纂した「夏部隊の記録」を見ると、遠い異国で土と化した戦友たちを想い、遺族の方々を慮り、「一つでも多く、一人でも多く、書き残しておかなければ!」いう気迫が全編の行間から立ちのぼるかのようだ。

祖父を含めた生還者たちの念を受け、祖父が想像もしなかったこのインターネット社会で、もしも南方の戦場で家族を亡くされその最後を知りたいと考えた方につながれば、祖父等も喜んでくれるのではないかと思う。南方ニューギニア戦線に派遣された係累を持つ方と知り合う機会があったら、このような部隊記録があることを伝えて欲しい。

 

以下、祖父が自分で書き遺した軍歴と、「夏部隊の記録」に書かれた手記、同記録の部隊の記録、同じ部隊の戦友の手記などから拾った、祖父の足取りを記す。

 

(応召一回目)満州派遣

 

1937年(S12)            11月 丸亀歩兵第12連隊に補充兵として召集さる(当時23歳)

1938年(S13)            10月5日 満州派遣 坂出港出港

                                          11月6日 東安省密陣地守備の命下る

                                          12月2日 同陣地到着 国境の守備につく(召集解除まで)

1940年(S15)            5月15日 内地帰還のため出発 宇品港着(当時26歳)

 

(応召二回目)南方方面

 

1941年(S16)            11月 福山歩兵141連隊に応召す(当時27歳)

                                  ※所属:第65旅団 歩兵141連隊第二大隊第二機関銃中隊

1942年(S17)            3月 宇品港出港 フィリピン派遣

                                            名瀬、台湾経由でフィリピン島リンガエン湾上陸

                                       4月3日 バターン第二次総攻撃

   ※この時、第二機関銃中隊に転属

  カバナツァンへ行軍

  8月 マニラ北地区防衛隊にケソン市より戻る

  極東大学駐留

  ブスアンガ島・クリオン島討伐隊に参加(小隊長安井藤吉)

  11月27日 マニラ港出発(巡洋艦「熊野」ほかに分乗)

  12月3日 ニューブリテン島ラバウルに上陸

                           ラクネ駐留

※第二大隊本部経理室へ転属(長:井口二三男集計見習士官)

1943年(S18)       7月 先発隊とともにラバウル港よりガロベ島へ。

                                            ツルブを目指すが行けず、ウネア島上陸

                                            海軍に救出されカライアイ付近に上陸

                                            アイシガ宿営地まで歩いて移動

                                        12月中旬 ツルブ戦場へ

1944年(S19)       1月1日 ツルブ戦場到着

                                  ※一時、連隊本部主計の指揮下に入る

                                          万寿山に強行輸送 糧秣底つく

                                          輸送翌日、安井中隊長以下第二機関銃中隊の多数万寿山で戦死

                                         1月23日 退却戦となる

                                          転進途中、第二機関銃中隊に復帰(高橋准尉中隊長代理)

                                          「カ号作戦」でジャングルの中をラバウルに向け死の行軍

                                           密林の中雨期と重なり食物も無く死者多数

                                          4月 トリウで休養(貝獲りはこの時)「カ号作戦」終了

                                          4月15日 トーマ到着 自活体制に入る

1945年(S20)        8月15日 終戦

1946年(S21)         ラバウルを出港

                                          5月5日 名古屋港上陸

                                          大阪の家は空襲にて跡形も無し。観音寺(生家)へ向かふ

                                          5月7日 観音寺の家に帰る

 

 

※141連隊が所属した第65旅団(夏部隊)の概要

 

第65旅団 非匿名「夏部隊」 兵団長 奈良 晃(よって「奈良兵団」とも呼ぶ)

 

内訳:歩兵122連隊(松山)、歩兵141連隊(福山)、歩兵142連隊(松山)、司令部、工兵隊、

通信隊、野戦病院

出発時総勢(この正確な人数が不明、ご存知の方ありましたら教えてください)

 

1941年11月編成終了後ただちに宇品港出発

第14軍司令官の隷下に入る

(1942年 大東亜戦争勃発)

1943年1月より年末までフィリピン(バターン戦とルソン島の警備)

1943年末から終戦までニューギニア領ニューブリテン島(第8方面軍所属)

 

 

 

リンク

 

第六十五旅団「夏兵団」

http://www.blade-arts.net/65_141/001.html

年表

 

水木しげる

http://nozawa22.cocolog-nifty.com/nozawa22/2010/08/post-3a5e.html

腕失ったニューブリテン島

 

毎日新聞社

http://mainichi.jp/feature/afterwar70/pacificwar/data1.html

戦後70年:数字は証言する

 

太平洋戦争戦跡地

http://www7a.biglobe.ne.jp/~mhvpip/PacificWar.html

戦没者の60%強140万人は餓死であった

 

http://www.blade-arts.net/senseki/senjin_photo.html

コメント   この記事についてブログを書く
« 祖父と戦争① おじいちゃんか... | トップ | 祖父と戦争③ 祖父の手記 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

祖父と戦争」カテゴリの最新記事