今日も地球を歩いてます

前と後ろにバックパック担いでました。そんな頃も今は昔。今は日本で定住!専業主婦!笑

食品サンプルを作ろう

2013年10月05日 | ニッポン

食品サンプル    

あの
ごはん屋のショーウィンドーにあるオブジェです

これの
パフェかホールケーキが
手作り体験できるそうです

大阪の平野で

@森野サンプル
          
大阪の天王寺近く
平野区の
住宅地にこそっとある
小さな町工場

平野の
MaxValueから徒歩10分弱

サンプル作りは予約制

パフェかケーキかを事前に申し込んで
いざ当日
        

手作りをする場所に入って
受け付けして
時間まで
店内を見て回る

  

この
リアルなお弁当スマホカバーに
めっちゃ惹かれたけども
実際これを耳に当てて通話してる人を見たら
衝撃を受けるだろうな

さて
作りますよ
             
ケーキを申し込みました
なので
土台と空の紙コップが
用意されてました
            
まずは
デコレーションしたいパーツをチョイス

フルーツとかチョコとか     
いくつか選びます


実際に完成イメージを描いて
土台に乗せてみる
完成形のデザインが決まったら   
一度全部のパーツを
そのデザインのまま移動させて
こんどは土台をデコレーション

  

クリームを塗っていく

このケーキに限らず
和洋中のどの食品のサンプルでも
実際にその料理を作るようなやりかた、順序で
サンプルを作っていくのだそうです

そうしないと
リアリティーが出ないんだって

生クリームとなるもので
土台をデコレーションしたら
さっきのイメージどおりに
パーツをケーキの上にセットしていく

         
ここまでできた
パフェを選んだ人は   

カップの中に
生クリームとなるパーツを入れていく
機械の出番です
            
さて
ケーキも最後の仕上げ

生クリーム部分が
ある程度固まってきたら
仕上げのニス塗り

  

ニスを塗るだけで
テカって
よりリアルになってきた

ちなみに
ニスはフルーツ部分にのみ塗りましょう
生クリーム部分は不要です
表面がニスをはじいちゃうので

ここ
いろんなところに
リアルな作品が利用されています

           

                 スイカがあったり
作業の合間合間で
レクチャーがあったりするのです
                
例えば
おにぎりを作るにしても
米の一粒一粒を作ってから
おにぎりの形を作る
まさに
ごはんからおにぎりを握るかのように
                  
あと
ハムの色つけの過程(写真奥の、左から右へ、と)とか
イチゴの作り方とか
          
          
なかなかの興味深さ

壁にあるような作品も
センスが光ります
           
         

見ちゃった

今日作ったケーキ
買うんだったら4200円
            
ちなみに
パフェもケーキも
手作り体験は3000円なり
帰りに見た 
天王寺といえば、の
阿倍野ハルカス
            高いー


.........................................................................................................


                  クリック、よろしくおねがいします:)
                    
                       にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 一人暮らしのネット | トップ | 妙見山バーべキュー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニッポン」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事