わたしの心 

日々の出来事・感動などを日記にして公開したいと思います。
(管理人:Mrs.modest)

クリスマスリース2016

2016年12月07日 | ミニ知識

昨日のしめ飾りに続いて、クリスマスリースについて改めて調べてみました。

クリスマスリースは”Christmas wreath”と書きます。wreathの意味は、花や葉などを円形で作り、玄関などに飾る装飾品のこと。
リースが円をかたどっていることから、『永遠』を意味し、どなたかが亡くなった際に『永遠の命』という意味を込めて飾ることもあります。クリスマスリースも、イエスキリストの永遠の命を願ってという意味があるようです。
“輪”であるというのは、「はじめも終わりもなく、永遠に続く神の愛」を表していてる。
クリスマス前に玄関にクリスマスリースを飾ることで、家のなかを守るという魔除けのためという由来と、豊作を願って飾ったという豊作祈願という由来が有名。
用途的には、葉に殺菌・抗菌作用のある常緑樹を玄関に飾って、魔除・豊作を願ってのものと言われている。日本で言う、しめ縄のような役割もあるそうです。
クリスマスリースの素材には、葉の魔除けをはじめ、それぞれに意味があるもので、魔除けや、豊作祈願にまつわるもの、そして宗教的意味合いのあるものが使われています。
モミノキやマツ、月桂樹などの常緑樹の葉…魔除けと、豊作物の繁栄。
トゲのあるヒイラギの葉…イエス・キリストが十字架に架けられた時にかぶせられたイバラの冠を象徴するもので、キリストの「受難」を意味しています。
ヒイラギの赤い実…キリストの流した赤い血を意味。
ブドウ…キリストを象徴する。
松ぼっくり・麦の穂・葡萄の蔓リンゴなどの作物に関係するもの…「収穫」の象徴
中でもリンゴは寒い冬に保存が利き、栄養のある非常にありがたい作物で、常緑樹に吊して神へのお供えものとしても使われていた。
リボンやベルなど…魔除けの意味。
クリスマスカラーの意味
赤…キリストの血の色、愛と寛大さ
緑…永遠の命、神の永遠の愛
白…純潔、雪、純粋な心
金銀…ベツレヘムの星=富、豊かさ

以上。インターネット調べ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しめ飾り2017 | トップ | クリスマスコンサート2016 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mezoさん)
2016-12-12 11:50:22
最近、玄関の扉にかかったお洒落なリースをよく見かけます。「クリスマスリース=キリスト教」というイメージをもっていたのですが、今の日本では、本来の意味を調べることもなく取り入れて楽しんでいる人が多いですね。ハローウィーンもしかり、どんどんエスカレートして困ることも・・・。楽しむからにはやっぱり本来の意味を知っておきたいですね。貴女の調べ学習はすばらしい!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ミニ知識」カテゴリの最新記事