サンタバーバラ奮闘記録!

ある日、”ヤクザ医師”なママがサンタバーバラに強制連行されてしまった時の記録。(帰国済)

Whale watching in CONDOR Express (本編)

2008年09月30日 14時12分43秒 | 旅行・おでかけ

 

 

 

10時からのツアーですが、9時半ぐらいにきてお金を払ってね、と言われていたので9時半に向かいます。

あいにく、この日は、朝からお天気が悪く、霧がでていました。

といっても、秋にはいってから、ずっとこんな感じで、海からの雲が伸びてきて、毎朝お天気が悪いのです。これは普通なんですって。日中になるとぱーっと晴れてきて、気温も上がるんですが、朝はかなり寒い。たぶん12度ぐらいじゃないかな。長袖をきて、ウィンドブレーカーを来て臨みました。さらに、miちゃんには冬用のジャンパーを着せました。船でデッキに出たら寒いだろうしね。

 

 

こんなにお天気が悪いからうちらだけかな?って言ってたら、意外にも30人以上はいました。アジア人はうちらだけでした。やはりサンタバーバラは観光地。ロシアやイギリス、他にも各国から来ていました。

 

実際乗った船はこちらの船。

 

船の足はこんな感じ。二股に分かれていて、高速のクルーザーって感じです。
思って居たより小型。

 

船内の様子。

 

ここは座席数が少ないので、席取りが激しかったです。やっぱりずっと外にはいられないぐらい寒いですから。青いジャケットを着た女性は、ボランティアらしいのですが、完全にガイドです。クジラの説明をしてくれたり、オリエンテーションをしてくれました。他にもガイドはみんなボランティアらしく、ホントにキャプテンと2,3人だけがスタッフのようです。みんなさすが、わかりやすい英語をしゃべってくれました。

 

船内にカウンターがあって、ここで軽食やコーヒーなどが買えるようですが、
ほとんどこれは、できあいのもので、スナックとかがメインでした。
ホットドッグぐらいはあるみたいです。
料金表は揺れが凄かったので見られませんでした。

 

いつものシーライオン。ここはきっと彼らのおうちなんだろうな。
桟橋のすぐそばにいます。

 

この辺りまでは良かったのですが、少し沖合にでたころから、急に加速しました。とてもデッキには出ていられないぐらい寒く、すっごい揺れです。波は静かなので、船が小型だからでしょう。外にいたいというmiちゃんをなだめすかし、船内に入りました。

私は乗り物に全く酔わない質です。乗り物酔いする人の気持ちがわかったのは、つわりの時が初めて。それまでどうして酔うのか理解もできませんでした。nobuさんは、文字さえ読んだりしなければ大丈夫といっていましたが、さすがにヤバイといって、身動き一つせず、椅子に座ったまま無言で寝に入っていました。miちゃんが心配だったのですが、おなか空いたと連発。飴を食べたり、スナックを食べたり忙しかった~。途中で吐くなよ?!と思いましたが、全然平気だったようです。

さすがに小型の船だから揺れも激しいです。しかも小型の割に、速いんだ~

私も平気は平気だったのですが、miちゃんの飴をとったりいろいろしてたら、めまいがしているのか、頭がグワン!と回って、しばらく目をつむってしまいました。基本揺れは心地いいけど、さすがに歩くこともままならず、立ってもいられないぐらい揺れるので、カウンターで軽食やコーヒーを買う気にはなれませんでした。

でもさすがアメリカ人は違いますよね~。持参したサンドイッチを食べ、こぼれるのも気にせず、コーヒーを飲み、子供達はたびたび海に落ちそうになりながら走り回って、「It's so cold ~!!」って叫んでいました。

この人達、乗り物酔いっていう言葉知ってるのかしら?

それから約1時間ぐらい走ったと思います。サンタクルーズ島などのアイランドエリアの真中あたりの鯨エリアに到着し、碇泊した状態で鯨を探しにみんなでデッキに出ます。潮を吹くのが見え、「あっちだ!」と誰かが言えば、ダッシュで、そっちに向かいます。miちゃんとmi-mamaは外で探していたんですが、この急発進の度にデッキの手すりに必死でつかまります。でないとホントに、太平洋の大海原に放り出されそうです。

こんな状態で、ライフジャケットも着けないなんてあり得ない~

しかも、激寒

スタッフの人たちは、皮の手袋までしていました。短パンの観光客は寒そうです。我々も相当覚悟をして、厚着をしていったつもりですが、こりゃダウン必要だったよ~と思いました。体感5℃ぐらいです。スキー場で暖かいなってくらい。でも風を切って走るので、鼻水たれるのは必至です。

結局鯨が何頭をみたのかはわかりませんが、あそこ!っていう言葉を7-8回は聞いたと思いますし、潮が噴き上げられる様子を5回ぐらいは見たと思います。今回は残念ながら、間近で見ることはできませんでしたし、あの尾びれを見ることができませんでしたが、ブルーホエールという一番大きい、270mもあるという種類の鯨の背中をみることができたのでそれはそれで感動でした。

でも、時間も限りがあり、満足に見れなかったですが、タイムリミットが着てしまいました。しかし、このツアーは、サンタクルーズ島までいって、Caveを見るので、移動します。途中ラッキーなことに、イルカの大群にであうことができました。

 

 

前日は、イルカは見れなかったって書いてあったので、ラッキーだったんだと思います。最初はイルカが船の周りをピョンピョン跳んで、船が速度を落とすと、ずっと一緒についてきて泳ぐんです。

 

船の一番船首部分から真下をのぞき込むと、同じ方向に向かって泳いでいます。

 

カマイルカのような小さい種類でしたが、とってもかわいらしく、あんなにたくさんのイルカを一度に見たことはないので、すごい感動でした~。

 

しかも楽しそうにピョンピョン泳いでいます。
ショーでもないのに、みんなで同時にジャンプしたり、
自由に泳いでる野生の姿はやはり美しい~

 

こんなにたくさん!全部で30頭ぐらいいたと思います。

みんなで必至でイルカに向かってカメラを向けていると、大騒ぎになりました。まるでイルカが連れてきてくれたかのように、割と近くに、ブルーホエールがいたのです!そして何度も潮を噴き上げ、背中も何度も見せてくれました!

 

背中と潮を噴き上げる様子。

 

背中。もうちょっとあがってくれたら尾びれが見えたんでしょうけれど。

 

写真に撮ってしまうとホントに感動はないですけど、やっぱりあれだけの巨大生物が、これだけの大海原に自由に泳いでいると思うと、不思議な気分になります。自然ってすごいなぁ~ってつくづく思う瞬間です。水族館やなんかで見るのとは訳が違う

それからサンタクルーズ島に向かい、洞窟見学です。生憎、まだ霧がでていてすっきりとしないお天気でしたが、海の色は深いエメラルドグリーンでとても綺麗です。いつかは行きたい、と思っていたアイランドだけに、ちょっと感動。

 

島は思ったほど、トロピカルじゃなかった・・・・・

 

あそこの洞窟にはいります。

 

だんだん奥に行くにつれ細い洞窟。こういうところで映画とかとるのかな?
水の色がとにかく綺麗でした。

 

島からはさらに1時間ちょっとかかって帰ってきたと思います。帰りは波の向きがあるのか往きほど揺れず、心地よい感じでした。

帰りに、さっきのボランティアの女性に、「いつが一番良いシーズンなの?」って聞いたら、「ここは鯨にはとっても良い場所で、種類は季節で変わるけど、1年中見れるのよ」って言っていました。「気に入って、またトライしたいんだったら4月がいいわね!」って言っていました。「4月はもうここにはいないけれど、友達に紹介するわ!」と言って、笑いました。

 

帰ってきた頃には晴れていました。

ちなみに駐車券をもっていくと、カウンターで、スタンプを押してくれます。少しだけ割引があるようです。私達は$9って表示されて、$3になりました。

サンタバーバラは、アメリカで一番美しいと言われることもある街だそうです。何をもって美しいとするかは様々ですが、この海岸が一つの魅力だとか。西海岸でも、希に見る東西にのびている海岸線で、水平線に日の出を見、日の入りを見れるのは、唯一サンタバーバラだけだそうです。そんな海には、たくさんの野生の鯨とイルカが棲んでいて、自然に溢れた、海の傍ののんびりとしたダウンタウン。スペイン風の建物に統一されていて、綺麗な町並み。気候も気持ちが良いぐらいさわやかな毎日。(ロスではエアコンが必要なのに、ここでは全く必要ない!)私達には治安のよさも重要な要素です。

サンタバーバラは田舎だけど、すごく魅力的な街だと思います。英語に苦労しなかったらずっと住みたいって思ったかもしれない。都市じゃなくてよかったな~。nobuさんありがとう


最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おぉぉ… (たかこ)
2008-10-01 00:13:26
一歩遅かったぁ…。
ホエールウォッチングはしたい!って近々リクエストしようと思っていたのよ~。
でも平日はやってないってこと?!実は数週間前にもイルカと泳いできた程クジラ&イルカ大好きだからひとりでもいきたいんだけどな♪
先と思っていた旅行もあと一ヶ月後!美しいサンタバーバラでのんびりするのを楽しみに半期決算激務を乗り越え中~☆
え?! (mi-mama)
2008-10-01 09:22:56
行きたかったの?!なんだぁ。早く言ってよ~。
平日もやってるんだけど、時期が微妙みたい。一応、11月もやってるみたいなんだけど、まだスケジュールがでてないの。要確認になってるし。

今日、先生に行ってきたよ!っていったら、少し遅かったんじゃない?ていわれたよ。夏場がいいみたいだねぇ?でもいちおう、年中見れるのが売りだし、ちょっと調べておくよ。

一緒に泳いだことのある人は、物足りないかもしれないけどね。

サンタバーバラはホントに綺麗だから期待に応えられると思うよ~。
ね。 (たかこ)
2008-10-01 17:22:49
言えば良かったけど私を待ってせっかくのシーズン逃したら悪いから、まぁそれはそれで。
一緒に泳いだのはイルカだしblue whaleってシロナガスクジラでしょ?!最大じゃん!!
会えたらかなり感動すると思うなぁ☆シーズン間に合うといいな。
でも (mi-mama)
2008-10-02 05:58:38
きっと聞いてても行っちゃってたかも。走りだしたらとまらないので。

でも、nobuさんは感動よりツライっぽかったよ。

コメントを投稿