喜寿の青春賦 老楽 生きがい 日記!       

喜寿の青春賦 日記 人生の黄昏時を自分らしく あるがままに生きる幸期幸齢者 感謝と幸せの生き甲斐日記 頑爺/肇&K

江戸奥州街道・盛岡道(11)

2022年05月24日 | 江戸・奥州街道歩き旅(盛岡道)仙台ー一関ー盛岡)
5月23日(月)
 11/21℃(岩手県紫波郡紫波中央)
(11日目)奥州街道・盛岡道
日詰郡山宿ー盛岡宿
紫波中央ー日詰郡山(ひずめこおりやま)宿(94)ー日詰郡山宿北口ー五郎沼脇の不動明王絵像碑ー日詰ふれあい広場ー勝源院ー郡山城(旧 高水寺城)ー御殿跡碑ー愛の愛宕神社ー高水寺ー走湯神社ー木宮神社ー幡龍寺ー間野の一里塚跡ー徳田神社ー徳丹城址ー見前橋ー盛岡市ー矢巾町歴史民俗資料館ー渡船場ー大国神社(遊郭街)ー吉田松陰遊歴地碑ー川久保一里塚ー盛岡藩小鷹刑場跡・供養塔ー足軽同心組屋敷跡ー千日堂不退院ー徳清倉庫群ー新山舟橋跡ー南部十左衛門の石塔ー秋葉三尺坊大権現ー北上川・新山舟橋(現 明治橋)ー浜藤私邸(盛岡市保存物)ー羅漢公園ー大慈寺(原敬の菩提寺)ー青竜水ーー盛岡城警備惣門遺跡ー遠野街道分岐ー鍛冶町一里塚跡ーもりおか啄木・賢治青春館ー盛岡藩領内里程元標ー紺屋町ー盛岡(もりおか)宿(95)ー盛岡城跡公園ー三ツ石神社ー報恩寺ー志波(しわ)城(古代大和朝廷時代の最北城柵)遺跡--盛岡駅前

徳丹城跡から 雨から一転初夏の雲へ

昨夜は朝食、大風呂付きのシティーホテルを予約できたので、人工温泉だがゆっくりと疲れた体を癒した

今朝の朝食はバイキングスタイルなのでいつものごとくしっかりと頂く

ゆっくりしたせいで、昨日歩き終えた紫波中央へ戻り、出発が9時になった😭



勝源院は慶長16年(1611年)開基の曹洞宗のお寺とか
江戸時代にあった神社仏閣を主に訪ねている




















おはようございます 
おはようございます 城跡かね
はい お孫さんですか?
ああ やんちゃでじっとしてないで危ない
まあ車に気をつけて
ありがとうございます 車は多いんですか
くるまじゃなくて熊だよ






確かに熊出没注意の看板もあった
どうしようかなぁ? 熊本のくまもんとは訳が違うものをなぁ だが行ってみるか

 高水寺城跡(郡山城)へ上る
180mほどの小高い丘の上だが、朝から汗だくとなる 中世の古城だが碑があるのみ



忘れていたが熊に出会わなくてよかった
















りんご園やお花畑が続きツイ見とれる



















本誓寺をみる





走湯神社、木宮神社等を経て徳丹城跡を目指す













奥州街道の一里塚跡 

加藤茶の麦畑の歌を思い出しクスっと笑う





国道と街道が並走するが、脇道があるので歩きやすい









岩手医科大学を遠方

史跡 徳丹城跡に着く










歴史民族博物館は定休日だった






































再び北上川に出る



北上川の堤防をを歩きながら北上夜曲を歌う
自然大学校の仲間からメールを貰い、撮った蝶々や蛾の名前を教えてもらう 感謝!






野鳥の鳴き声が聞こえるが、望遠レンズで撮っている人がいた





橋を渡り街に入るとすぐに 
新渡戸稲造博士の生家があった
学生時代に知り学べばすごい日本人がいるものだと自分が尊敬する人の1人となった人









ここにも宮沢賢治の足跡がある




横の水を飲んでみたら冷たくておいしかった


盛岡城跡に着く













石川啄木の碑をみる























盛岡宿に入る






今日はここまでとする
無事に奥州街道・盛岡道の仙台宿から盛岡宿を歩き終えた 乾杯だ🍻




(11日目)
    31.33㎞     41.605歩
 累計 308.93㎞ 416.251歩



コメント (1)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 江戸奥州街道・盛岡道(10) | トップ | 江戸奥州街道・盛岡道(完歩) »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
新渡戸稲造 (maria)
2022-05-24 10:57:07
いつも拝見させていただきありがとうございます。
今日もしっかり朝食を摂られて体調も万全ですね!
ただ一つ、梅干しは一つにお願いしたいです ← 大きなお世話ですね
私は奥州街道も足を踏み入れていない分、内容的にも奥深い物が多いです。
新渡戸稲造の様な先人のお陰で今の日本がありますね。
住む方のお心が家もお庭も田畑もお花も育てていらっしゃるんだろうな・・・と感じ入りながら拝見しています。
古い石垣もいろんな物語を話している様です。

それにしても4万歩越えは凄いです!
どうぞお身体にも耳を傾けながらお楽しみ下さいませ。
いつもありがとうございます。

コメントを投稿