川柳風 老楽生きがい日記!       

千里南公園を散歩しつつ人生の黄昏時を自分らしくあるがままに生きる老楽幸 喜寿に感謝と幸せな生き甲斐日記 頑爺<肇&K>

喜寿の目標

2021年01月04日 | 冬・老楽生きがい日記!
1月4日(月) 4/6℃

喜寿の目標
 いよいよ数え年で言う「喜寿」の歳になったようだ。
誰のこと? と、自分でも信じられない歳になったものだが、2人の曾孫もいるとなれば納得せざるをえないが、まさにトホホ! の心境だ。

その喜寿歳の目標を立ててみた。

*江戸西国街道歩き旅の完歩
昨年は江戸東海道57次を完歩できたので、今年は西国街道だ。
現在は起点の京都羅城門から姫路宿まで歩いたが、九州大里の終着まではこれからだが、両足と体に相談しつつ のんびりドン亀歩きで天の雲の上を歩く前に老春道中を楽しむつもりだ。

*青春ローカル列車で巡る日本一周鈍行の旅
コロナ禍の影響で昨年夏の予定を中止したので、今夏は30日間でリベンジしたいが さてコロナ禍はいかに!?

3月で卒業する自然学校の上のクラス大学院的な学びの場に再び身を置く事とし、学びと人との新たな交りも楽しみだ。

*本の出版 (現在 編集校正中、内容は後日)

形のあるもの以外にはただ自省し、人との和を大切にし、自分らしくあるがままに、毎日生きがいを持って元気に笑い、幸せに暮らしつつ終焉の美に近づきたいと願うが、こればっかりはわからんね?

 ただ毎日 今をしっかりと生き、支えてくれる周りの一人ひとりに感謝し、家族、友人を始め我が人生で関わってくれた全ての一人一人に感謝しつつ大切に生きること。

 更にこのブログを通して生きがいを与えてくれる皆さんに、稚拙な文面をお詫びしつつ、温かく有難いコメントを頂く方々のどなたにもお返事できずとも、心から感謝して毎日を過ごしています。 
一年の始まりに感謝と御礼を申し上げます。

さて今年はどんな年になりますか?
 毎朝 洗面時、しかめっ面のカバ顔を無理やり笑わせ、皺を延ばし、お前は幸せ者だと唱え信じさせ、短足ハゲにポンタ腹を自慢させることなく、ただ全てに感謝しつつ お前らしくあるがままに生きたらいい・・ と有難い言葉を唱えていい一日が始まる。
喜寿歳も幸せ年になりそうだ・・・ ワハハハハ

・喜寿となり誰の事かと振り返る
・曾孫いりゃ喜び寿にありがたや
・目標はお迎え来たら雲上で
・落ちこぼれ幸せ人生ここにあり

南公園の葉牡丹絵文字 丑年だ



コメント (2)