箕面三中 校長室からのメッセージ

おもに保護者のみなさまに向けたメッセージです。生徒の近況を伝えるとともに、教育と子育てについての情報をお伝えします。

対話はスタートしている

2018年08月11日 15時46分34秒 | 校長からのメッセージ



校長室で仕事をしていると、「校長先生、少しいいですか・・・」と、教職員が相談にきます。

そのとき、私はやっている作業をすぐに止め、たとえば、パソコンから手を離し、その人と対面して、話を聞くようにしています。

私が教員だったころ、同じように話しかけたとき、顔もあわせず、何か書き物をしていた校長がいました。

「感じわるー」と思いました。

だから、教職員が離しかけてきたら、私はすぐに顔をあげるようにしています。


ある親子の風景です。

学校から帰ってきた小学1年生の息子。

いつものように、学校であった話をお母さんに報告し始めました。

しかし、お母さんはパソコンに向かったまま、気のない返事を繰り返していました。

すると・・・。

お母さんのそんなつれない態度に怒った息子が突然、お母さんにいいます。

「いまボクが、世界でいちばん大事なこと、しゃべってるかもしれへんで!」

こう息子に言われたお母さんは、ハッとして、自分の態度をおおいに反省したそうです。

じつは、「あの、少しいいですか・・・」や「ちょっと聞いて・・・」から、もう対話はスタートしているのですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「危険空域」に入ろうとする... | トップ | 生徒から意欲をもらうのが教師 »

コメントを投稿