箕面三中 校長室からのメッセージ

おもに保護者のみなさまに向けたメッセージです。生徒の近況を伝えるとともに、教育と子育てについての情報をお伝えします。

感情から離れる

2018年05月21日 13時14分43秒 | 校長からのメッセージ



教育では、生徒の感情にはたらきかけることは大切です。

たとえば、友だちにいやがらせをした子を指導するとき、いやがらせをされた子のつらかったという感情、傷ついたという感情を、いやがらせをした子が聞き、ひどいことをしたと、自らの行いを反省する。

また、職場で同僚が結婚すると聞いて、「おめでとう」と言いながら、本人がうれしそうにしている感情を受け、同僚までがうれしくなる。

このように、人は相手の感情に触れることで、心が動きます。

ただし、感情にはマイナス面もあります。感情だけで出ている言葉は、それを受ける人の感情を刺激して、いわゆる「感情的」にしてしまいます。

激昂した人が放つ言葉は、受けとる側も激昂させることがあるのです。

感情は動きやすいものです。根拠がなかったり論理的でない場合もあります。

だから、教育の分野でも、仕事の分野でも、人間関係では、感情に流されず、理性を働かせて、ものごとを見て、考えていく習慣もつけたいのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 柔軟な考えと生き方 | トップ | 心で聴く »

コメントを投稿