ab Cuore 

帰国した時ノンポリだった私が見たのは≒無政府状態の日本。
ショック、怒り、希望をこのブログに書きました。

5/19 道場さんで上田たかひろさんを聞いていて

2019-05-19 13:16:22 | 医療関係


5/19 道場さんで上田たかひろさんを聞いていて



上田さんが5歳くらいのことから作家になりたかったというのを聞いて

私もよ とつぶやいた。


小一ころにわら半紙を長くつないで書いたのが一作目だ。

最近まで内容は覚えていたのだけど、今書けるほど思い出せない。


自分の文才に見限りをつけたのは30代初めだ。

自費出版を考えたことなど一度もないけど、

シドニーが自分の本の中で賛美していたダフネを読みあさったのが

書くのは諦めた直接の原因だと思っている。


シドニーは劇作家でもあるから、文の書き方が映画のシナリオでも読む感じで

書いている。初期の作品は特にそうだ。


ダフネは文章だけだ。

でもどれを読んでも目の離せない緊迫感がある。

これが文才っていうんだなと何度も感じたものだ。


彼女の有名な作品は幾つもあるけど、

短編なら鳥、ヒッチコックの映画になった鳥だ。

長編で有名なのならレベッカ・レベカがある。

原文で読まないと文才は感じられないけど

面白いので、訳ででもいいからぜひ読んでほしい。

訳だと、訳す人の文才が出てくる。


彼女が亡くなって何十年だけど、

今でも残念に思っていることは彼女には手紙しなかったことだ。


終わりになったけど、上田さんって芥川作家の人だ。


この記事についてブログを書く
«  5/19 タバコを吸うと性欲を... | トップ | 5/20 トラ大の日程  »
最近の画像もっと見る

医療関係」カテゴリの最新記事