みーにゃん とことこ 散歩道♪

ゆっくりのんびり散歩をするように、気の向くままに綴っていきます。
メダカ飼育チャレンジ中!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

増えすぎでしょ

2016-09-19 16:12:12 | エビ・貝
荒木田土を底床に使ってる容器の
濁りがとれないんです。
グリーンウォーターの濁りではなくて、
土が舞って濁ってる色。

ヲミタン入れて、水草入れて、タニシやミナミヌマエビも入れてます。
もちろんメダカも。

水草を抜いた時の濁りが取れないのか?
いやでも2ヶ月近く前の事だし…
ずっと濁ってて澄んでくる気配ナシ。

住吉めだかさんのブログを覗いてみたら
ミナミヌマエビが多いと水が濁るという
実験結果がありました。
底床を歩き回ったり、ツマツマしたりで、
荒木田土が撹拌されて舞い上がるのが
原因とのことでした。

この実験で使われたミナミヌマエビは
20匹。
うちは、たぶん100匹近い。

先日リセットした容器にいたのが77匹。
今回の、濁りが取れない容器は、
もっとたくさん生息してる気配アリアリ
だって、見た目でたくさんいるから(笑)

濁ってはいるけど、
水の調子はいいらしく、
水草がすくすく育ちます。
特にマツモはワサワサとジャングル化。
このジャングルにミナミもワサワサ。

画像のメダカがいるあたり。
色が暗い部分はマツモです。

しかも、メダカが稚魚だけなので、
稚エビも増え放題(笑)

そこで、ミナミヌマエビの強制転居です。
親メダカ&赤玉土の組み合わせの容器に
掬っては入れ、
掬っては入れ、
掬っては入れ…

大きめなエビを中心に
60匹は移動しました。

チビエビは掬いにくかったので
取り残してしまったけど、
全体的な数がかなり減ったから
濁り対策になったかなぁ?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サイズアップ ステップアップ | トップ | あぁぁぁぁ〜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エビ・貝」カテゴリの最新記事