いいもの発見部mihaの気まぐれ日記

☆伝えたいことを綴ります…私らしく☆

≪継続は力なり≫

『セカンドバージン』黒崎博監督の舞台挨拶あり♪

2011年09月30日 | 映画

≪セカンドバージンの感想≫

NHKドラマで放送された大石静脚本によるTVドラマ『セカンドバージン』がついに映画化!

舞台あいさつの時、黒崎監督は「いろんな愛のカタチを提示するのが、この『セカンドバージン』です」って言われた…なるほど

TVドラマ『セカンドバージン』にハマってたから映画を楽しみにして行ったら…ドラマの続きから?だったような…

あらすじを少し…
若くして離婚して以来、仕事一筋に生きてきた45歳の女性(中村るい)と、既に妻を持つ17歳年下の男性(鈴木行)が恋に落ちる。年齢を超え、困難な状況を越えて求めあい、一緒に暮らし始めた二人だったが、ある日、行は突然、るいの前から姿を消してしまう…。5年後、出張先のマレーシアでるいは、行と再会したが、目の前で行が銃弾に倒れてしまう…。命さえもかける主人公たちのスキャンダラスな純愛を描いた物語。



ドラマは行さんが撃たれて終わったから、てっきりお亡くなりになったんだと思ってたら…まだ命があったらしい

「どなたか監督に質問はありませんか?」って聞かれた時、思い切って手をあげて黒崎監督に質問すればよかった~

「特別な思い入れのあるシーンはありますか?」とか「どのシーンが一番好きですか?」とか…「監督はフリンの経験があるんですか?」な~んてことは絶対聞けないが…聞いてみたかったなぁ

なぜかっていうと…ここいいなぁってシーンがあって…病院?に横たわってる行さんがるいさんにワァワァ言ったら、るいさん飛び出して雨の中走って走って…私がるいさんでも絶対飛び出すあんな言葉吐かれたら…私なら「もう知らんけぇな!」の捨て台詞付きだわ(笑)

あれは男の心の奥底にある本音だな…って、完全にそう思えた 言っちゃあダメな言葉を吐き出す時の心音が聞こえた気がするあのシーンは…私にはとても撮れないから「監督は経験あるんですか?」って聞いてみたい…ウフッ

でもまぁ…そのあとの「るい…」って愛しそうに出てしまうあの言葉こそが…奥底にある本音より勝るんだと…思いたいな

あと…行さんの妻役の深キョン…最後の泣くとこ、よくがんばったねって言ってあげたい

あと…鈴木京香さんが涙を浮かべてアップになるとこ、『悪人』の妻夫木くんみたいだった
自分の美貌を落としてまで映画にトライする根性がすごいと思う…私なら「このアップ…イヤです」って言うもん(笑)

あと…マレーシアの夜の月…あれ見られただけでもラッキーね

最後がどうなるのかと思ったら…『高校教師』みたいな雰囲気で終わったのが残念だった…

で、よかったのか悪かったのかって?韓ドラちゃん、まぁ観てちょんまげ~(笑)

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 楽しい100均♪ | トップ | LOVEファミリークラブの皆さんへ »

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事