*bonheur*

タイトルに意味は全く無いですねΣ(・ε・;)
ちなみにフランス語です♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「CUBE」

2006年11月03日 | Weblog
「CUBE」1997年の映画ですね。
数人の男女が、目覚めたら立方体の中に閉じこめられている…
脱出するには恐ろしい殺人トラップが待っている…
かなり好きなジャンルです

怖かったですね、色んな意味で。
密室に閉じこめられている状態って言うのももちろん怖かったけど、
それ以上に人間の怖さを感じました。
“極限状態での人間の怖さ”っていうのは、
前に見た「es」と似ている部分があると思います。

結局あの警官って何のために連れてこられたんでしょう??
他の人は“CUBE”を脱出するのに役に立つだろうからと連れて来られたんでしょうけど、
警官は何故??って感じです。
最初の方に見られた冷静な判断ってとこでしょうか??

あの知的障害の人が生き残るのはなんとなく予想出来ました。
最も生き残りそうにない人が生き残るのはよくある話じゃないですか“笑
だけどあんなすごい頭を持っていたとは…
数学の子と同じか、それ以上ぐらい役に立ったんじゃないでしょうか??
でも一番脱出に貢献したのはあの2人ですね。
ずば抜けて貢献してますw

一番ドキドキしたシーンは、
音に反応する部屋を通り抜ける時ですね。
知的障害の人が声を出しちゃうって言うよりも、
他の人がうっかり音を出しちゃうのじゃないかって思いました。
1人は死ぬって思ったんですけどね-笑

でも全体として、グロいシーンはほとんど無かったです。
最初の2つぐらいですね、あると言えば。
よく比べられる「SAW」とは比べものにならないぐらい普通です。
だから、グロを求めて見ないように…

面白い映画ですよ、本当に。
ホラーとか、グロとかの怖さはあまり無いので、
そういうのがダメな人でも楽しめると思いますよ♪

コメント   この記事についてブログを書く
« ベートーベン「月光」 | トップ | プリズン・ブレイク vol.4 »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事