キルトの世界

キルトを始めて14年になります。刺繍を含めた、キルトを中心に日々感じたことを、述べていきたいと思います。

2回目の「映画で楽しむ歴史講座」

2018-04-17 11:52:02 | Weblog

作日は、2回目の講座に、午後から、行ってきた。

 

タイトルは、「フランスを、救った少女ジャンヌ・ダルク」だった。イングリッド・バークマン主演の、アメリカのカラー映画だった。彼女は、美しい!!

 

17歳のジャンヌ・ダルクは、「神の声を聴いて、シャルル7世」と、出会い、彼にために、フランス軍を、率いて、イギリス軍と、戦った。だが、最終的には、イギリスの軍隊に、捉えて、ルーアンの、市場跡地で、死刑に、なるまでの、彼女の苦悩の日々を、この映画は、描いている。

 

「シヤルル7世」のために戦った、ジャンヌ・ダルクも、最初のうちは、「オレルアンの戦い」に、勝利するなど、民衆の支持も得ていたが、イギリス軍は、ジャンヌ・ダルクを、「英国国境徒である、イングランド軍」は受け入れなかった。民衆への、見せしめのために、彼女を、魔女としたかった理由で、ある。「また、「シャルル7世」の裏切りも、彼女の殺害に、起因した。彼は、「身代金」を、英国軍に、払わなかったという。

 

この事件のあとで、ナポレオンは、「ジャンヌ・ダルクの功績」を、認めている。

 

今回の映画では、沢山の観光名所が、堪能できた。

 

①モンサンミッシエル   ここは、卵料理で、有名である。この場所に、ジャンヌ・ダルクの像が、あるとは、思わなかった。

 

②ノートルダム大聖堂    ルーアンのこの場所は、行ったことが、ないが。12世紀からの、「ゴシック建築」で、有名だそうだ。ジンヌ・ダルクが、「宗教裁判」を、行われた場所である。この聖堂は、画家モネが、時間の、変化とともに、大聖堂を、描いたことで、有名である。

 

③聖ジャンヌ・ダルク協会   ジャンヌ・ダツクが、処刑された場所に建てられた教会。「世会遺産」となった、美しい教会である。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 日立海浜公園 | トップ | 猫との、浮世絵展 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事