細野豪志ブログ
衆議院議員 細野豪志の活動報告です
 



宇宙海洋サイバー。この三つを称してグローバル・コモンズ。国内外で、この言葉をしばしば聞くようになってきました。軍事、食糧、資源、環境などと共に、総合安全保障の観点からも欠かすことができない分野です。

グローバル・コモンズは、わが国にとって、安全保障上の脅威である一方で、宇宙、海洋はエネルギーや環境を考える上で、無限の可能性を秘めています。

これまでのわが国のグローバル・コモンズにおける取り組みは、戦略的なものとは言えませんでした。各省がバラバラに予算をつけ、政治判断が働くことがほとんどありませんでした。米国や中国が、戦略的な取り組みを進めてきたのと対照的です。

一方で、わが国は「技術」においては、諸外国に引けを取らない強みを持っています。こちらは、外交上の協力の手段としても使えますし、対抗することもできるでしょう。

欠けているのは、グローバル・コモンズにおける「戦略」なのです。野党時代、海洋基本法と宇宙基本法を提案し、成立させた私にとっては、早期に何とかせねばという思いが募ります。

政権を取って一年以上が経過しました。できるだけ早く、「技術」と「戦略」を結びつける体制を整えなければなりません。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 綱領をつくろう 高きに登る »