細野豪志ブログ
衆議院議員 細野豪志の活動報告です
 



先日、大阪の天満天神繁昌亭に行ってきました。参議院選挙中、全国で最もにぎわっていた天満橋筋商店街に、もう一度行ってみたいと思っていました。

繁昌亭で行われている寄席も覗いてきました。正直言って、その質の高さに驚きました。東京の新宿末廣亭や浅草演芸場には時々行きますので、寄席の雰囲気には親しんでいるつもりだったのですが、繁昌亭の寄席は雰囲気が大きく違いました。

まずはその盛況ぶり。平日の昼間でもいっぱいになるようです。会場内は飲食禁止。持ち込んだ大阪名物たこ焼きをロビーで食べるはめになってしまいましたが、なるほど会場内は和やかながらも熱気にあふれていて、ものを食べる雰囲気ではありません。当然のように寄席の最中の出入りは禁止。ちなみに、東京の寄席は大阪と比べると、まったりしています。平日は客がまばらな日も多く、会場の中でいなり寿司なども置いていて飲食は自由。噺家の目の前を客が平気で出入りすることもあります。私は、東京の寄席の「ゆるい」感じも嫌いではありませんが、繁昌亭の寄席の熱気には大いに感銘を受けました。関西育ちながら、笑いを大切にする大阪の文化を侮っていました。大阪は、東京に比べると「ええ加減」であるという印象すら覆りました。

寄席の熱気は、2億円以上の寄付を集めてつくられた繁昌亭の設立経緯とも関わりがあるような気がします(開業は2006年。経緯は平田オリザさんが書かれた「新しい広場をつくる」に詳しく書かれています)。天井を見ると、スポンサーである天神橋筋商店街のお店や個人の名が書かれたおびただしい数の提灯が下がっています。大阪商人の心意気の表れと言えるでしょう。繁昌亭の近くには、食い倒れの街らしいふらっと立ち寄りたくなる飲食店がたくさんあります。寄席のお客さんや噺家が商店街に流れ、地域での交流も広がっているようです。

文化振興と言うと固いイメージを持っている人がいますが、文化は街づくりや地域社会と密接につながっています。むしろ、文化が介在しない経済だけのつながりは「金の切れ目が縁の切れ目」になりかねません。天神橋筋商店街の姿は、地域社会を考える上で大きなヒントとなりました。

中曽根康弘元総理は、「政治は文化に奉仕するもの」と発言されています。心したいと思います。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




四号機プールの燃料取出しが間もなく始まります。新燃料を含む1535本の燃料棒を安全な場所に移すことは、廃炉に向けて極めて重要な一歩です。
2011年3月25日、「不測事態のシナリオの素描」(いわゆる最悪シナリオ)を受け取った時のことを思い出します。3.11以降、悪化する事態をあとから追いかけて対応していました。最悪の最悪を想定して対策を打つ。アプローチの転換が必要でした。
日米の大論争の中で、四号機プールに水があることは確認できました。我々が最も恐れたのは、そのプールが空になること。何としても、それだけは阻止しなければならない。プール底部を補強し、注水作業の自動化や不測の事態に備えた決死隊づくりまでやりました。
現場は汚染水をはじめ、数多くの難題を抱えています。対応が不十分なところもまだまだあります。しかし、困難な状況の中で、燃料取り出しについては、当初のロードマップ通り、2013年内に開始するところまでこぎ着けました。この点は高く評価されるべきです。私は、現場の皆さんの頑張りに心より敬意を表したいと思います。そして、これからも彼らを何としても支えていく決意です。
(写真は2012年5月四号機建屋内を視察した時に撮影したものです)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




本日、幹事長を辞任しました。

ここが潮時だと感じ、私から辞任の前倒しを海江田代表にお願いしました。幹事長ではなくなりますが、参議院選挙の総括は8月中にまとめなければなりません。今後も、民主党議員の一員として海江田執行部を支えていきます。

3.11以降、ここまで走り続けてきました。肩書きがなくなり、等身大の議員活動と日常生活に戻ります。野党時代のプロローグと与党になってからの第一幕は今日をもって終わりました。

根を張り、幹を太くしない限り、第二幕は開きません。課題はたくさんあります。さあ、どこから始めようか!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今年のGWはお天気に恵まれています。今日は、都議会議員の皆さんと東京都内で街頭活動です。

「こどもの日」ということもあり、民主党政権で初めて公共事業を上回った文教費が、自民党政権で再び公共事業を下回ったことなどを話しました。

教育と社会保障は民主党です。

        



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




保守とは何かについて、先日、田原総一朗さんと対談しました。田原さんからは、民主党の立ち位置を聞かれたのですが、私自身は、保守という言葉にこだわりを持っています。

保守を語るからには、日本の歴史を語らねばなりません。私が強い関心を持っているのは、明治以前の日本の姿です。渡辺京二の『逝きし日の面影』は、江戸末期の人々の生活を克明に分析した労作です。

日英修好通商条約を締結するために来日したエンギン卿の個人秘書であったエリファンとは、「個人が共同体のために犠牲になる日本で、各人がまったく幸福で満足しているように見えることは、驚くべき事実である」と述べています。個人主義の英国人からは「共同体の犠牲」になっているように見えたのでしょうが、当時の日本人は、共同体と自らを一体のものと捉えていたのだと思います。

描かれている日本人は、同胞に対してはもちろん、外国人に対しても寛容でおおらかです。日本の歴史の起源とも言うべき古事記、日本書紀に出てくる神々も、実におおらかです。

渡辺京二は、そういう日本は面影、すなわち過去のものになってしまったとしていますが、私は必ずしもそうではないと思っています。私たちの周りには、地域共同体、学校、NPOなどに関わり、助けること、助けられること双方を喜びとする人々がたくさんいます。この精神を大切にしながら、過去に回帰するのではなく、わが国の進むべき方向を提示したのが「新しい公共」という考え方です。

民主党は、3年3か月の間、地域主権を推進し、NPOの税制優遇措置を導入し、コミュニティスクールを増やしてきました。「公を担う市民の自治を尊び、近代以降、官が独占してきた「公共」をそれぞれの主体に還す」という綱領の言葉は、この考え方を党として明らかにしたものです。

明治以降の、富国強兵、殖産興業を目標とする中央集権国家は、わが国を取り巻く外部環境を考えれば必然でした。「坂の上の雲」を目指した明治を経て、大正、昭和を迎える中で、国内外の荒波を受けて、日本人が本来持っていたおおらかさや寛容さは失われていきました。先の大戦では、国策を誤り、国民を存亡の危機に陥れ、アジア諸国の人々に多大な損害と苦痛を与えました。

わが国は、多大な犠牲をもたらした先の大戦からも復興を遂げました。明治以降の中央集権体制は復興においても有効に機能しましたが、わが国のあり方は、今、大きな曲がり角を迎えています。私たちは、この国の目指すべき方向性として、内政外交にまたがる「共生社会」を提示し、その手段としての「地域主権」や「新しい公共」を綱領で示しました。

保守主義とは元来、人間の合理性に警鐘を鳴らす立場をとり、営々と持続してきたものは、自然で人間性に適したものであるとする考え方です。保守について考えるときに、問わなければならないのは、明治以降の日本のあり方を保守する立場に立つのか、この時期を特別なものとみなしてわが国の悠久の歴史を保守する立場に立つのかということです。

私から見ると、自民党は明治以降の日本の忠実なる保守政党。私は後者の立場に立ちます。つまり、日本に古くから存在してきた公を担う市民の意識や、多様な共同体を大切にする社会や価値観を保守するという立場です。

外交について、付け加えたいと思います。わが国の周辺環境を考えたとき、自衛力を着実に整備しなければなりません。ただ、忘れてはならないのは、我が国の発展は開かれた交流の中からもたらされたということです。日米同盟を深化させ、隣人であるアジアや太平洋地域との共生を実現する姿勢こそ、本来の保守の姿です。

中江兆民が遺作である『一年有半』の中で、日本人が「恐外病」「侮外病」にかかることを警告したのは、明治34年のことです。1世紀以上が経過した今日も、中江兆民の警告は意味を失ってはいません。排外主義に陥り、開かれた国益を忘れた時、我が国の国益は大きく傷つくことになります。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




久々の地元日程は、充実していました。

昼は、この4月からコミュニティスクールになる富士市立高校を視察しました。スポーツクラブや商工会議所青年部、商店街とも連携するとのこと。小学校の場合は、主に小学校区の地域社会と連携することになるが、高校の場合は、広域で活動ごとに連携することになるのは、自然かもしれない。

民主党の新綱領で書いた「新しい公共」の担い手として、私が最も有望だと考えているのが、コミュニティスクールです。静岡県では、初のコミュニティスクールとなるので、期待したい。



夜は、古くからの支援者との会合。やはり、地元の人と会うと元気になる。忘れかけていた原点を思い出すことができました。

明日は、いよいよ党大会だ!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




明日から決戦。私は、理念を掲げて、国民に訴えかける決意を固めた。やや、長くなるが、5綱について個人的な思いを記す。

 

1 世襲政治、企業団体献金と決別する

企業団体献金からの決別は、私が政治家になってから貫徹してきた方針だ。駆け出しのころは、企業献金をくれるという人はほとんどいなかった。与党議員になり、民主党の企業団体委員長をやったり、政府に入る中で、献金のお申し出やパーティ券の購入の打診は相当あったが、個人献金だけでやることを貫いてきた

この方針を貫いたことで、個別の要望に対して、必要なことはやる、できないことは断ることができた。

以前、事務所は赤貧だったが、今は、年間3000万円以上の個人献金を頂き、スタッフの人件費と事務所の運営を賄うことができるようになった。


私が目指しているのは、新しい「政治家モデル」の構築だ。国民に支えられて、国民のための政治をしたい。個人献金だけで、政治家が力をつけることができることを証明したい。

 

賛同する仲間ができたことは、本当にうれしい。

 

2 政治は弱い人のためにある

結果の平等や社会主義と誤解される表現かも知れないが、あえてこういう表現を使った。


私の地元にあるハンセン病の駿河療養所、肝炎問題、水俣病、そして、福島をはじめとした被災地。いずれも、問題は異なるが、ここが政治の出番と考えて取り組んできた。弱い立場の人々に自分を置き換えてようとしてきた。もちろん、同じ立場に立つことは無理なんだけど、寄り添うことはできるはずだと。


いくつか、私の原体験が関係している。少し長くなるが、書いてみたい。


小学生の時、障害を持つ同級生と野球のチームをつくった。ヒットは滅多に打たなくても、彼らがいたから、チームワークは抜群だった。


その頃、初めて出た児童会の選挙で落選。ガキ大将の権威は失墜し、ショックを受けた。親友と一緒に受けた高校受験は俺だけ失敗。入った高校では、腰を痛めて、好きだったバスケ部を辞めなきゃならなくなった。大学受験もすべて不合格。修行僧のような浪人生活の末、何とか入った。大学生の時、父親が会社を辞めて、稼がなきゃならなくなった。議員になって、写真を撮られて、みんなに大変な迷惑をかけた。自分を支えてくれた家族を裏切ってしまった。必死で取り組んだ原発対応も、反省ばかり思い出す。


私の人生は失敗と挫折の連続だけど、いつも、誰かが寄り添ってくれたから、ここまで来られた。

 

常に、強い人なんて、この世にいないと、私は思う。


自民党が言うような「強い国家」ができても、社会がボロボロでは、人は幸せにならない。共に生きる社会、助け合う社会こそ、強い社会、ひいては本当の意味で強い国につながる。


自殺対策、子育て、医療、消えた年金。民主党は多くの失敗をしたけれど、やって来た。そして、「強い社会」をつくるという理念は間違っていない。そのことを国民に、伝えたい。

 

3 新たな価値を生む土発経済の活性化

「土発」という言葉は、松岡正剛さんからお借りした。土に根差した地域の力が弾けるような語感と、「どはつ」という音が気に入った。


グローバル化が進展した時代だからこそ、ローカルを大切にしたい。エネルギーや食糧の地産地消もよし、地域の企業や人が世界に雄飛するもよし。


岡崎に拠点を置く「まるや八丁味噌」は、西暦1337年創業。独特の製法を守り、価格を落とさずに、世界に展開している。懇意にしている浅井社長は、顔の見える素晴らしい経営者だ。


三河の企業を巻き込み、地域に貢献する姿は、企業が「新しい公共」の担い手であることを示している。

バブル崩壊後に社会に出た私には、利益のみをがむしゃらに追及するよりも、社会や地域と共に生きる経営者に魅力を感じる。


グローバルスタンダードに迎合するのではなく、土発にこだわることで、地域を活性化するのが、第三世代の経済に対する視点だ。


先日、5綱について対談したグロービスの堀義人社長は、東日本大震災の後、仙台にビジネススクールを立ち上げた。きっと、東北の各地域から、土発企業が出て来るはずだ。


堀社長だけでなく、多くの若手経営者が東北に目を向けている。人生、意気に感ず!そういう経営者と出会う度に、我々、政治家こそ、もっと東北のために働かなければならないと、気合いを入れ直している。

 

4 開かれた国益を実現する

クリスマスを祝った直後、神社に初詣。結婚式はチャペルでやって、生まれた子供の初詣は神社。葬式はお坊さんに来てもらって、お寺のお墓に入る。いい加減すぎるという人もいるが、私は実に日本的だと思う。


もともと、この国では、子育てだって、教育だって、介護だって、地域でしていた。公を官が独占し始めたのは、明治に入ってから。再び公を地域に戻すべき時期が来ている。


日本の地域社会は、実におおらかで柔軟だった。そして、強かった


新人議員の時、愛国心(ナショナリズム)を議論できない国会はおかしいと思っていた。


最近は、郷土愛(パトリオティズム)なき、愛国心(ナショナリズム)は危険だと思う。多くの外国文化を吸収してきた地域社会。そして、郷土のおおらかな人々。失いつつあるのであれは、それらを取り戻したい。地域でも、職場でも、NPOでも良い。必要なのは強い社会の復権だ。


国民の命と領土を守るのは、政治の責任。だからこそ、有事法制が必要だった。海洋、宇宙も活用するべき。我々はやって来た。


同時に、日本の国柄と日本人の本来の姿は、失ってはならないと思う。

 

5 平時は穏やかな政治 有事は大きな政治

民主主義は手間がかかる。新たな政党や政治家の登場は、それに国民が耐えきれなくなっていることを示しているのかも知れない。誰かに任せれば、日本が強くなるのではないか、改革が一気に進むのではないか。そんな声が聞こえてくる。


民主党が誕生して14年。政権を取って3年。石を積み上げるような作業を繰り返して来た。無駄遣い削減、地域主権改革、税制改革。クレームをつけるのは簡単だが、それでは何も問題は解決しない


人材も、突然は現れない。時間をかけて育てるのだ。


大切なのは、民主主義を機能させることだ。与野党、反省にたって、国民のために働くべき時が来ている。


昨年の東日本大震災、原発事故対応では、大きな政治決断が求められた。これからの長い復興の道のりでは、平時の政治の知恵が求められるようになってくる。


もはや、ワンワードポリティクスでは、この国の困難を乗り越えることはできない。今、政治家に求められているのは、国民にこの国がおかれている状況の難しさを率直に語りかける粘り強さだと思う


私は、3.11で国家の有事を経験した。だからこそ、もう一度、この国に穏やかな政治を取り戻したいと思う。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2005年の郵政選挙。2009年の政権交代選挙。いずれも、多数の新人が当選し、政界は様変わりしました。新たなチャレンジャーが登場することは良いことです。問題は、チャンレンジャーの質です。

新人が多数誕生した一方で、多くの有望な若手が国会での議席を失いました。一人の政治家が生まれ育ち、国民のために貢献できるようになるには、一定の時間がかかります。多くの政治家と接する中で、継続して仕事を与えられることの重要性を痛感してきました。やはり、残すべき人間は残さねばなりません。

民主党の現状は厳しい。しかし、民主党の掲げた「共に生きる社会」をつくるという理念は間違っていません。「強い国家」ができても、社会がボロボロになり、そこで生きる人々が幸せにならなければ、意味がありません。社会を強くすることこそ、国を強くすることです。民主党は、踏ん張らなければなりません。

大切なのは人材です。掲げた5綱は、まだ、未熟ではありますが、これまで研鑽を積んできた第三世代の政治理念を凝縮したものです。

昨日は堀義人さんとグロービスTVで、今晩は神保哲生さん、宮台真司さんとビデオニュースで対談します。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




民主党を創設し、政権交代を成し遂げた鳩山由紀夫元総理、菅直人前総理をはじめとする第一世代。細川政権が誕生した93年以降に当選し、民主党結党に参加した野田佳彦総理、前原誠司国家戦略担当大臣をはじめとした第二世代。私たちは、民主党が誕生した2000年以降に集った第三世代にあたります。

これまで、私たちは、民主党をけん引してきた第一、第二世代の下で研鑽と経験を積んできました。政権交代以降、私たちは、数々の挫折を経験する中で、これからは、私たち自身がリスクを取って、矢面に立って党を立て直し、国民のために奮起しなければならないと考えるようになりました。

仲間が集い、政治家のあるべき姿、内政・外交の基本を議論し、私たちが原則とすべき考え方をまとめました。ここに、新世代5綱をもって、経国の大業を果たしたいと思います。

(メンバー)

辻元清美(大阪10区)

津川祥吾(静岡2区)

泉健太(京都3区)

中塚一宏(神奈川12区)

田村謙治(静岡4区)

高山智司(埼玉15区)

津村啓介(岡山2区)

楠田大蔵(福岡5区)

中野譲(埼玉14区)

橋本清仁(宮城3区)

柚木道義(岡山4区)

階猛(岩手1区)

小川淳也(香川1区)

新世代(民主党第三世代)5

1 世襲政治、企業団体献金と決別する

私たちは、長年続いた自民党政治を大胆に変える意欲を持って、各自の社会現場の経験を経て民主党に集結しました。世襲は新たな挑戦者の登場を妨げ、企業団体献金は、政治を国民に開かれたものにすることを妨げます。いずれも、自民党的なる体質の露呈であり、私たちは、それらと徹底的に対峙します。

2 政治は弱い人のためにある

共生社会が成り立つには、経済的に自立するコミュニティや個人が必要です。同時に、弱い立場の人たちへの温かい眼差しがなければ、共生社会は成り立ちません。民主党は、小泉政権の下でほころびを見せた医療や年金、障がい者福祉を立て直し、拡大した格差の是正することに積極的に努めてきました。私たちは、これからも、弱い立場の人たちのために全力を尽くします。特に、東日本大震災と原発事故で困難な状況にある人々を、政府をあげて、そして社会全体で支えていかなければなりません。

3 新たな価値を生む土発経済の活性化

人の役に立つことは、それ自体が歓びであり、生きがいともなります。こうした人々の力を、私たち「新しい公共」と呼びます。「新しい公共」「顔の見える民主主義」は、今や、多くの企業の行動原理にもなっています。もちろん成長は必要ですが、そこで暮らす人々の幸せや充実や意欲につながらなければ、意味がありません。グローバル化が進む時代だからこそ、各地域の土着の資源に我々は目を向けるべきです。再生可能エネルギーや農林水産業の活性化は、循環型の地域社会を取り還す契機になるはずです。社会的企業家の存在、ソーシャルキャピタルの蓄積、地域通貨など、土発経済を活性化する素地はできています。私たちは、地域から発して世界に雄飛する企業を応援します。

4 開かれた国益を実現する

日本は、古来より、海をわたってもたらされた多様な文化や技術を吸収し、これを組み替え、独自の文化に仕立て上げる中で、独創的で豊かな社会を育んできました。この柔軟性こそ日本の真の強さです。これからの21世紀の日本においても、日米同盟を基軸に、隣人であるアジアとの共存・共生を実現し、広く国際貢献を行ってこそ、日本の「開かれた国益」を実現することができます。私たちは、排他的なナショナリズムとは一線を画し、現実的な外交安全保障政策を展開します。

5 平時は穏やかな政治 有事は大きな政治

東日本大震災・原発事故という未曽有の経験をする中で、私たちは、政治家が有事において決断し実行すること、そして、結果に対して責任を持つことの大切さを深く痛感しました。激動の時代に入り、大きな政治を求める声が強まっています。そこで、私たちは、有事と平時をつなぐ日々の中で、常に、国民の要請に応えるべく、あらゆる準備を怠ることなく、かつ、本来は、国民が政治を強く意識せずに生活できる状態こそ理想にすべきであることを覚悟しました。すなわち、できる限り有事を事前に予防し、穏やかな政治を取り戻すことが必要なのです。軽挙妄動を廃し、ワンワードポリティクスに陥ることなく、政治に邁進します。

 以上

松岡正剛氏、高野孟氏と新世代5綱について対談しました。

http://www.youtube.com/watch?v=XzBgpRMAcig&list=UUiXBrJhjD9rQsR8UBys0IXg&index=1&feature=plcp



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )