中津川 オンブズマン・トーク

中津川市の市政を中心に内外の政治経済社会状況についてのトーク

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

甘利大臣  辞任

2016-01-30 12:28:38 | 政治全般

自民党の古い代議士の典型的な形で辞任しました。 原に言わせれば  安倍亡国内閣  は、沖縄宜野湾市市長選挙に勝って

いい気になっていましたが、「ザマ」を見ろ  です。

後任がまた面白い  石原  で、慎太郎の長男です。これが今日の新聞によりますと、さまざまな  「暴言」  歴がある。

しかも常識外れ。さらには  大いに「靖国派」  でもあると言うのです。

今国会でTPPが審議されますが、特に農業関係が厳しいはずですから、この石原の対応が面白いことになりそうな予感がします。

下手をすると、安倍自民党は基盤である、農民から見放されかねない可能性が考えられる。  いいですね。

コメント

リニア岐阜県駅前広場問題 裁判判決 原告 原 敗訴

2016-01-28 22:32:38 | 市政全般

原ははこれまで報告していた通り、首題の問題、「中津川市がリニア岐阜県駅駅前広場の設計費を負担するのは間違っている。

駅前広場は当然に駅そのものだから、JR東海が負担すべきだ」 の市に対する監査請求を行い、それが容れられなかったので、

昨年5月より岐阜地裁にて中津川市を被告として住民訴訟を行ってきました。原は 費用の問題があるので弁護士に頼まず、自分

でやってきました(本人訴訟という)。  市は名古屋市の後藤法律事務所に依頼し、弁護士5名が名前を連ねて対応して来ました。

3回の口頭弁論の末27日判決がありました。

極めて残念ですが、原が 「敗訴」 しました。この日の法廷は多数の判決言い渡しがあり、裁判長からの判決結果 「原 敗訴」 

口頭言い渡しだけがあり、判決文は後日送達になり、敗訴の理由は数日後しか分かりません。しかしいずれにしても、残念無念です。

数日して判決文が届きますが、その内容をよく検討して、今後の方針を決めたいと思っています。

原のこの法廷闘争には、狙いが2つありました。一つは文字通り駅前広場は駅そのものだ。設計をはじめ設置費用は当然にJR東海の

なすべきこと、市の事業ではない。 もう一つは、この駅前広場のために数十所帯住居が立ち退きを余儀なくされそうだが、市が都市

計画の名のもとに、土地収用から全部市でやり、住民対する立ち退きも、市がやる。  住民はJR東海なら存分に主張(たとへば立ち

退きを拒否する)できても、市であると主張しにくい。  従ってこの駅前広場作りを市がやることを、この裁判をやって大いに牽制しょう

と考えたことでした。   本日段階報告はこれまで。

コメント

女性の指導的地位の問題。

2016-01-26 18:55:34 | 市政全般

今日の毎日新聞によると、政府は03年ころから、社会のあらゆる分野における指導的地位に、20年までに女性が30%を占める  を目標にしてきたということです。

今日更に1億総活躍社会の観点からすれば、なおさらのことだと言うのです。ところが全然です。北欧の福祉国家ノルウェーとの比較が出ています。

大企業の役員  ノルウェー  41%    日本   2.8%

大臣        ノルウェー   47%      日本  15%

国会議員     ノルウェー  39.6%   日本    9.5%

ノルウェーはクオウタ―制をとっていないにもかかわらず、この通りです。高度福祉国家で経済社会が安定しています。これを見てつぐづぐ思いました  ここのところ日本の

会社の不祥事が続いています。 東芝の会計ごまかし、震災復興における大手ゼネコンの道路舗装談合。血液製剤会社の勝手な手抜き、ゴミ処理会社の廃棄食品販売。

スキーバスの転落、事故連続。本当に世も終りという感じです。

こうした不祥事の連続だけでなく、全体として全くの閉塞状態で、どこにも出口が見えないと言う気がします。

そこでこういう時こそ、世の指導的地位に、とにかく闇雲女性に就いてもらう  そうして何でもいいから、無条件にやってもらう  破天荒な政策が出てくれば来るほどいいとする。

これしかないと思います。日本の男社会はこうして抜本的にやりなおすしかないと思います。人口は減るし、成長はないし、今世紀末には消えるような気がします。

女性に任せれば必ず何とかなる。少なくとももっと子供が生まれてくる社会になる。女性にとって子供は可愛い。命なんです。少なくとも3人は欲しい。そういう社会にして行くと

思います。感想です。

 

 

コメント

宜野湾市市長選挙 その2

2016-01-25 15:53:34 | 政治全般

結果はご承知の通り、本当に残念でした。今日の朝刊を見ていると、やっぱり首相官邸は「ホット」としています。ペンタゴンの反響は分かりませんが。 この選挙はこのように重大だった

わけです。しかし負けはしましたが、「反基地 オール沖縄」 の闘いは一段と燃え盛って行くと思います。いずれにか米軍をグワムとかサイパンへ追いやることでしょう。

その時は安倍晋三を 「土産に」 持たせてやりたい。

この選挙が重大だと思いましたので、選挙期間中に住所を調べてシムラ選挙事務所へ激励の手紙と些少のカンパ金を送りました。今日その礼状が届きました。  選挙結果前の発信でした。

その発信名  シムラ選挙事務所ではなく  「ひやみかち宜野湾うまんちゅの会」  となっているのです。「ひやみかち」と「うまんちゅ」の意味が分からないので、電話をかけて聞きました。

「ひやみかち」  というのは 「さぁー」  という呼びかけだと言うことです。

「うまんちゅ」   というのは「皆こぞって」  いはば 「統一の」 という意味だそうです。

「さぁー、宜野湾市民は、皆統一して闘うのだ」  ということになります。 嬉しくなりました。沖縄はこうだから闘いの火はこれからこそ燃え盛ると思います。沖縄の人たちは、例の 

 「カーチャ」とか言う手踊りを繰り広げながら、これから戦って行く。あらたな勇気をいただきました。

コメント

沖縄宣野湾市 市長選挙結果

2016-01-24 22:56:40 | 政治全般

現在24日(日)PM11時 首題の結果 残念ながら我らのシムラ候補  約27,668対21,811で負けました。

痛恨の極み  今晩は眠れない。 翁長知事もそうだと思う。引き続き知事を応援して、闘って行くのみ。オキナンチュウの皆さんご苦労様でした。     以上

コメント