身勝手な主張

日々感じた様々なことを、自分勝手につぶやき主張します。

放送大学の印刷教材3科目の市販本を購入して揃える ~ブログ・facebookへの投稿を整理

2018年09月24日 | 放送大学
2018年9月24日(月)


  昨日23日(日)は、孫の通う海津市立石津小学校の運動会が9時50分から実施された。本来は22日
(土)に予定されていたが、当日雨だったので昨日に延期されたものである。石津小学校に限らず、22日に
運動会が予定されていたMさんの勤務する小学校なども、昨日実施されたと思う。

  さて、私がかねてから興味を持っていて、履修する意思のない放送大学の開講科目の印刷教材3科目分を揃
えた。いずれもアマゾンから通販で購入したもので、その都度このブログでも(追記)に書いてきた。今回、ば
らばらに書いた記事を、重複をいとわず本ブログで1つにまとめておこうと思う。


1.『問題解決の数理'17』の購入

今週の2つの買い物(2018年8月29日)より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  もう40年以上前になるが、私が大学に在学・卒業した当時は社会科学系に興味があった。そのとき、

    線型最適化法、ゲーム理論、待ち行列の理論

などのことばをよく聞いた。もちろんその当時は、これらの概念の初歩について何一つわからなかった。
その後、ゲーム理論についてはかなり本を読んだりして何とか理解しようとしたが、2回挫折した経験が
ある。
  今回、改めてどういうものかのさわりだけでも理解しようと思って、アマゾンから放送大学情報コース
(自然と環境コース併用)の印刷教材『問題解決の数理'17』(大西仁放送大学教授の著作)を購入した。
履修科目として登録してもよかったが、今学期はこの科目にじっくり取り組んでいる暇がない。それで印刷
教材だけを購入し、単位認定試験の試験問題と時間に余裕のあるときのテレビの講義の視聴等をあわせて
活用してゆっくり読んでいくことにした。
  この本で取り上げられている事項は、第15回に講義される内容を列挙すると次のようになる。

①線形最適化法(1) :一次式による問題の定式化
②線形最適化法(2) :線形最適化問題の解法
③ネットワーク最適化法
④スケジューリング  :プロジェクトの管理
⑤在庫管理
⑥階層分析法 :主観と勘を有効活用する意思決定
⑦ゲーム理論 :協調と競合の数理(1)
⑧ゲーム理論 :協調と競合の数理(2)
⑨統計的決定 :不確実状況下での決定
⑩問題の状態空間モデルと探索
⑪待ち行列理論 :待ちの数理
⑫非線形最適化法
⑬統計モデル
⑭組み合わせ最適化法
⑮メタヒューリスティクス


  私もこの本の内容のほとんど理解できないが、多少問題を解くことができる⑪待ち行列理論:待ちの
数理の問題(M/M/1型システム)
を一例としてあげておこう。

//////////////////////////////////////問題////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
  ATMが1台設置されたあるATMコーナーでは、1時間あたり平均15人のポアソン分布にしたがって
客が到着する。また、ATMの使用は、1件あたり平均3分の指数分布にしたがう。
  このATMコーナーの平均滞在時間を求めよ。
                                (解)12分
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  私にとってよく理解できないことばかりであるから、最初に述べたようにさわりだけでも知りたいと思っ
ている。




放送大学の印刷教材『問題解決の数理'17』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2.『カリキュラムと学習過程』の購入

重複順列についての基本的な問題 ~2018年度後期日程信州大学理学部等入試問題 (追記)
                                 (2018年9月19日)
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・9月17日18時頃投稿・・・・・・・・・・・・・・・
  以前の

   大西仁『改訂版 問題解決の数理'17』(放送大学教育振興会、2017.3)

につづいて、

   浅沼茂・那須正裕『カリキュラムと学習過程'16』(放送大学教育振興会、2016.3)

を購入した。1980年代のオープン教育の愛知県緖川小学校の実践と個別化・個性化教育全般について知り
たかった事が理由である。「ひとり学び」とはどういうものか・・・・。
  後1冊

   豊田秀樹『心理統計法'17』(放送大学教育振興会、2017.3)

の購入も考えている。
  いずれ3冊とも現在開講されている放送大学の印刷教材であるが、私自身が履修する事は考えていない。
手元に置いておきたい気持ちからである。
  『心理統計法』は、私自身が心理学に興味があるわけでなく、その手法がべイズ統計学にしたがって書か
れているからである。伝統的な推測統計学と違ったべイズ統計学がどういうものか知りたい思いがある。




購入した浅沼茂・那須正裕『カリキュラムと学習過程'16』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元のブログには記載しなかったが、目次を書いておこう。

①カリキュラムと学習                  ・・・浅沼茂
②日本のカリキュラムと授業の歴史的展開         ・・・北村和夫
③戦後のカリキュラム改革と学習過程           ・・・浅沼茂
④カリキュラムと教育目標論と評価論、学力論       ・・・浅沼茂
⑤子どもの学習メカニズムと授業             ・・・那須正裕
⑥授業の設計と実施                   ・・・那須正裕
⑦世界で進む「学び」の転換               ・・・久野弘幸
⑧授業研究と教師の成長                 ・・・久野弘幸
⑨学校ぐるみの授業改革とカリキュラム          ・・・成瀬幸夫
⑩オープン・スクールの挑戦とカリキュラム         ・・・成瀬幸夫
⑪現代のカリキュラム改革と問題解決能力         ・・・浅沼茂
⑫作文教育と授業                    ・・・浅沼茂
⑬授業力向上を支える校内研と学校経営          ・・・那須正裕
⑭ICTとカリキュラム                 ・・・那須正裕
⑮カリキュラムと授業の今後               ・・・那須正裕


3.『新訂 心理統計法』の購入

・・・・・・・・・・・・・・・・・facebook から 9月22日10時30分頃投稿・・・・・・・・・
 かねてから手元に置いておきたいと思っていた放送大学の現開講科目の印刷教材3冊の内の最後の1冊を
購入しました。

  豊田秀樹『新訂 心理統計法'17 ――有意性検定からの脱却――』(放送大学教育振興会 2017.7第2刷)

これで以前の

  大西仁『改訂版 問題解決の数理』(放送大学教育振興会)
  浅沼茂・那須正裕『カリキュラムと学習過程』(放送大学教育振興会)

とともに、3冊そろったことになります。
 『新訂 心理統計法』は心理学関係の本であるが、私自身は心理学に興味がありません。以前にも述べましたが、
知りたかったのはここで展開されているベイズ統計学の概要と応用です。私自身が他の2つの科目と同様に、単位
修得を目指して履修する意思はありません。いずれ時間をかけてじっくり読んでいきたいと思っていますし、なに
よりいつでも開くことができるように手元に置いておきたいと思っています。
  統計学については、ベイズ統計学より前に伝統的な記述統計学・推測統計学の手法で書かれた『身近な統計'18』
『社会統計学入門'18』そして来年改定される『統計学'19』の履修を優先したいと思います。

  『新訂 心理統計法'17』の内容を、目次で見てみよう。

①データ分布の要約 
②事後分布とベイズの定理 
③1群の正規分布の分析
④生成量と研究仮説が正しい確率
⑤2群の差の分析1
⑥差を解釈するための指標 
⑦相関と2変量正規分布 
⑧2群の差の分析2 
⑨1要因実験の分析 
⑩2要因実験の分析
⑪2項分布による分析 
⑫多項分布による分析
⑬単回帰分析
⑭重回帰分析
⑮発展的学習に寄せて

  難しそうな項目が並んでいる。認定心理士の資格習得に必要な科目らしい。




豊田秀樹『新訂 心理統計法'17 ――有意性検定からの脱却――』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・









コメント