身勝手な主張

日々感じた様々なことを、自分勝手につぶやき主張します。

台風21号が去って・・・

2018年09月06日 | 日記
2018年9月6日(木)


  台風21号が徳島県に上陸して数時間後の4日(火)の午後、私の住む岐阜県海津市南濃町もものすごい風
が吹き荒れて横殴りの雨が続いた。海津市内では多くの地域が昨日から停電になって、5日11時現在もまだ回
復していないようである。幸い、私の家は一度も停電していない。
  孫の通う市立石津小学校は、台風が吹き荒れた4日に続いて今日5日も臨時休校になった。小学校が停電で
エアコンやトイレなどが使えないなどが主な理由であるらしい。停電による休校は、今まで一度もなかったと記
憶している。珍しいことだと思った。

  台風から一夜明けた昨日5日の朝一番、台風の被害を確認するために敷地周りや離れた畑を見回った。幸い
建物の被害はなかったようである。しかし、屋敷内の庭や畑の木が2本、離れた畑の木の枝がほぼ根元から折れ
ていた。
  一番残念であったのは、玄関のすぐ西の庭に植えてあったトキワマンサクの木が根元から折れたことである。
この春に、鮮やかな紅色の花をつけていただけに、よけいに愛着があった。




トキワマンサクの木がなくなった庭とこの春花をつけたときの様子


根元から折れたトキワマンサク

  屋敷の裏(北)の端にずっと昔からあったアマナツの大きな木が倒木した。このアマナツはハッサクの受粉木
であったが、ハッサクが枯れてからもずっと実をつけていた。誰も食べないからいつか切ろうと思っていた木で
あるから、それほど愛着があるわけでない。一般にミカンの木の根は縦方向に深く張るのでなく、横方向に広が
るように張るので強風には弱いのだろうか?折れたのでなく倒れたという感じである。
  



根元から倒木したアマナツ

  屋敷の裏の畑の野菜類は、ほぼ全滅であった。

  次に家から500mほど離れた場所にある畑に行った。まず目に入ったのは、畑の入り口近くのハッサクの木
の太い枝が根元から折れている様子だった。


根元から折れたハッサクの枝

  チェンソーを軽トラックに積んでいたので、それで折れた枝を切り落とした。


枝を切り落としたハッサク

  途中でチェンソーのチェンが外れ、本体もエンジンがかからなくなってしまった。そこで、それ以降のチェン
ソーでの作業を中止した。
  次に、2年~3年前に植えたミカンの若木が3本ほど根元から倒れていることに気づいた。こちらは起こして
土を持って支えを地面に打ち込んでくくった。枯れるかも知れないが、一応応急処置をした。


倒れたミカンの若木


  チェンソーが使えないので屋敷内の折れたトキワマンサクの木や倒木したアマナツの木の処理はできないが、
しばらくそのままほっておくことになるだろう。
  それにしても、ひどい風であった。台風21号の進路に当たって、大きな被害に遭われた方にお悔やみを申し
あげたい。







(追記)

1.予定の変更
  4日(火)の夜から38°を超える熱が出て、5日(水)も38°から熱が下がらない。
  今日、午前中にアピタ北方店、午後放送大学岐阜学習センターに行く予定を変更することにした。体がだるいから、
1日中寝て過ごすことにした。






コメント

ブログの更新の停止

2018年08月21日 | 日記
入院しましたので、ブログの更新を停止します。

肺炎で、1年以内に4回目の入院になります。病気の方はひどくなく、あと一週間もたてば退院できそうです。呼吸器内科の病室が空いていなかったので、整形外科の病室にいます。院内を散策したり、本を読んだり、TVを見たり、と退屈しています。
コメント (2)

Facebookへの投稿から三題

2018年08月05日 | 日記
2018年8月5日(日)


  本来なら(追記)に書くところであるが、(追記)が多くなるので改めて本文に記すことにした。

多くのアクセス、ありがとう!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8月3日7時頃投稿・・・・・・・・
  8月2日の1日間に、大変多くのアクセスをいただきました。

     閲覧数・・・・6661 PV
     訪問者数・・・1619 IP
     順位・・・・  122 位 /2834838ブログ

  順位は、今まで最高になります。多くのアクセスに感謝したいと思います。
  アクセス解析を見てみると、岐阜県の教員採用試験に関するページが大部分を占めていて、そこに青墓小学
校の問題と数学関連の記事が入るという状況でした。
  岐阜県以外の東海三県の教員採用試験の1次試験の結果がまもなく発表されます。2次試験に向けて、関心
のある人が多いのでしょう。
  いずれにしても、来年採用の小学校教員採用試験は広き門です。競争率の低下は教員の質の低下を招きます
ので、各県教育委員会や名古屋市教育委員会は志望者を集める工夫をしてほしいと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


JA新任非常勤役員研修会(8月3日) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8月3日23時頃投稿・・・・・・・・・
 今日は終日、岐阜県山県市にある岐阜県農協教育研修所において、「新任非常勤役員研修会」がありました。
10時30分にはじまり、昼食をはさんで16時過ぎまで講義がありました。その内容は、①農業・JAを取り巻
く情勢、②JAとは、③JAの機関と組織運営、④理事・監事の義務と責任、⑤財務管理、⑥経営管理、などで
かなり専門的な内容でした。特に、⑤,⑥ではリスク管理・コンプライアンス能勢の確立が強調されていました。
 役員研修というと、どうしても法的な内容を避けて通れません。農協法は会社法の特別法ですが、私自身は役員
経験が郡農協も含めて9年ありましたので、農協法は相当学習しました。3年前に大幅な改正がなされましたが・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


岐阜県農協教育研修所の正面玄関


食堂と宿泊棟


グランド


研修室のひとつ


3.私の放送大学の単位認定試験がおわる(8月3日) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8月4日16時頃投稿・・・・・・・・・
  放送大学の単位認定試験が終了しました。今回は、得意な数学でマークする位置をうっかりずらして書くなど、
集中力に欠けて芳しくありませんでした。単位が認定されない科目は、2学期(後期)に再受験することになりま
す。
 単位の修得状況と負担を考えて、一旦決めた2学期の履修科目を見直そうと思います。面接授業の履修は、『現
代日本と憲法』と『重力波とは何か』で変更するつもりはありません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(注)
 岐阜学習センターからスマートフォーンから投稿したときは「Facebookへの投稿から二題」だったが、帰宅してから
投稿記事を1つを付け加えて「Facebookへの投稿から三題」とした。悪しからず。







(追記)

1.先週のアクセス
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  8月7日付のブログに掲載する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2.今週の予定
8月 7日(火)・・・・9:00~11:00 大垣市内の中学校でボランティア活動
                 13:30~ JAにしみの臨時監事会 
8月 8日(月)・・・・終日  豊川稲荷⇒ラグラーテンボス
8月 9日(木)・・・・午前中 海津医師会病院外来診療           
8月10日(金)・・・・9:00~盆のお経

コメント

小中学校は、21日から夏休み ~思いつくまま

2018年07月20日 | 日記
2019年7月20日(金)



21日から夏休み 
  岐阜県のほとんどの小中学校は21日(土)から夏休みに入る。今日が、1学期の終業式である――と言い
たいが授業時間数確保のためか2期生をとる小中学校が多くなってきた。そのような学校は、簡単に全校集会
が行われるだけであろう。
  孫は小学校2年生で、今日が1学期最後の日――終業式である。自宅が学校から遠く、毎日片道3500mの
距離を通った。朝、7時前に自宅を出て1時間以上かかって学校へ着く。毎日これだけ歩いているので、体は丈
夫な方である。
  私自身は孫の小学校とは縁がないので、ここ最近学校へ行ったことがない。学校便りはたまに見るが、実際
小学校で何を学んでどのような行事が行われているのかよくわからない。孫の学校のホームページよりも、よその
学校のホームページの方をよく見る。もう少し、孫の小学校に関心を持たなければならないが、まあほどほどで
いいといったところか。
  私自身は孫の学年、2年生の算数の内容についてはよくわかっているつもりだし、このブログでもよく書い
てきた。孫の宿題にたまにつきあうことがあり、その宿題から学校での算数の内容を推定することができる。
孫自身は算数が得意でない方であるが、算数の道具で遊ぶことは好きなようである。算数に関心があれば、よし
としておこう。
  孫は、夏休みは学童に行くことになる。


昨日の一風景
  昨日19日(木)は、17日と同様に午前中岐阜方面に、その後にOKBふれあい会館に行った。
  午前8時20分頃に自宅を出た。木曽三川公園から長良川堤防(右岸道路)を走って河渡橋まで行く。そして、
北方町に入る。北方南小学校の前を9時10分頃に通過した。アピタ北方店へ行く予定であったが、
時間に余裕があったのでマーサー21へ行くことになった。七郷小学校の北側の県道を行って岐阜環状線に入る
経路をとった。約20分ほどで到着した。
 マーサー21ではいつものように3階の書店丸善で時間を過ごした。11時には、食事をとった。
   
  マーサー21とOKBふれあい会館に向かう途中(11時45分頃)に、いつものようにMさんの勤務校の前
を通った。夏休み前の最後であったが、授業中のMさんの姿がぼんやりわかっただけであった。

  OKBふれあい会館に12時過ぎに到着した。最近駐車場が混んでいるでいるが、今日も例外でなかった。たま
たま入り口近くに1台だけ空いていたので、そこに駐車した。
  放送大学岐阜学習センターの事務室でパソコンを借りて、すぐにパソコン室へいった。14時にJAにしみの
本店から来客があることがわかっていたので、視聴覚室へは行かずにパソコン室で自習することにした。単位認定
試験の日時が一番早い『太陽と太陽系の科学'18』の第15講「銀河系の中の太陽系」のインターネット配信の講
義を借りたパソコンから聴講した。
  15時15分からは、ゼミ『重力波とは何か』に参加する。ゼミは,来週26日にもある。この日は午前中に大
垣市内の中学校でボランティア活動したあと、直接岐阜学習センターに行ってゼミに参加しようと思う。


岐阜県の教員採用試験
  毎年の恒例行事であるが、21日(土)は岐阜県をはじめとする東海三県と名古屋市の教員採用試験である。
  2019年度採用の岐阜県の教員採用選考試験の志願者数を載せておこう。確認のために岐阜県教育委員会の
発表

  岐阜県教員採用について

を見てほしい。併せて、昨年度・一昨年度の志願者数も併せて掲載しておこう。

2019年度岐阜県の教員採用試験志願者数

  これを見ると、小学校種の志願者が前年度より14名ほど少ない。そのうえ、今年の採用予定者数は280名で昨
年度より10名多い。小学校教員の大量採用が始まって以来、最も広き門となっている。競争率も約2.5倍弱で、実
際の受験者はもっと少なくなるので競争率はさらに低下する。競争率が低いと確かに教員になりやすくなり教員志望者
にとってはいいことかも知れないが、一般的には教員の質は低下する。小学校教員の質確保のためにも、少なくても3
倍以上の競争率がほしい。県教育委員会には、さらに岐阜県の教員の志願者が増えるよう努力してほしい。

  小学校種の特別枠について、一言。特別枠は100点分特別な試験が課されるが、それに不合格の場合は特別の試
験を除いて小学校一般として選考される。選考が2回行われ、それだけ1次試験通過に有利になっている。今回算数と
英語の志願者が増えている。英語の志願者増は、受験資格が緩和されたことが主な理由である。
  さて、岐阜県の教員採用試験は、筆記試験が教職専門と教科専門、そして集団面接試験とである。小学校の教科専
門は、中学校の範囲を超える問題は出題されない。このような試験でいいのか、私は疑問に思っている。問題も易しい
ので、とにかく受験勉強をした方が1次試験を通過しやすい。面接対策はどこの大学でも行われているが、面接官を上
手にだましてほしい。
  なお、岐阜県の教員採用試験については、1次試験の結果発表・2次試験発表時点での内定者数、さらに教員採用
試験の問題等を適当な機会に載せていくつもりである。


(注)
  日付の誤りがありましたので、訂正しました。
  ブログの日付 21日→20日
  教員採用試験の実施日 20日→21日
コメント

昨日の一風景 ~一週間後の夏休みを迎えるにあたって

2018年07月13日 | 日記
2018年7月13日(金)


  昨日12日(木)は、午前中にマーサ-21、その後にOKBふれあい会館に行った。昨日は、ゼミがある日で
あった。
  学校が夏休みになる7月21日以降は単位認定試験とゼミ以外に放送大学岐阜学習センターに行くことがほとん
どなくなるので、来週2日のみアピタ北方店かマーサ-21に行くことになろう。9月1日以降は、原則毎週の火曜
日・木曜日に今まで同様に午前中にアピタ北方店か岐阜市のマーサ-21かまたは本巣市のモレラへ、午後は放送大
学岐阜学習センターで過ごす生活のリズムを守っていきたいと思う。
  夏休みを一週間後に控えて、昨日の毎週火曜日・木曜日と同じような行動パターンの昨日一日を振り返ってみよ
うと思った。

マーサ-21へ
  早めの午前8時20分頃に自宅を出た。海津市から県道を1本道で北に向かう。輪之内町、安八町、大垣市墨俣町、
瑞穂市穂積を経て北方町に入る。
  ここ数年、何度この道を通って北方町から岐阜方面へ行ったことだろうか?今から35年ほど前、北方町の北の
方にあったG塾の夏期講習や正月特訓に通ったときもこの道を通った。ただし、当時は一本道でなく、墨俣町の旧国
道23号線と岐大バイパス(国道23号線)までの間(朝日大学の前を通る道)が整備されていなかった。そのため
に、北方町まで1時間30分以上かかった記憶がある。当時は、今岐阜へ行くときの時間等の目印にしている北方南
小学校
は、まだなかった。(2001年に北方小学校から分離して設立。)
  その北方南小学校の前を通過したのは、9時15分頃であった。伊自良川にかかる尻毛橋を渡って岐阜環状線に
入ってマーサ-21には、9時35分頃に着いた。

  マーサ-21では専門店が10時に開くので、まずマーサ-21の2階にあるでEDIONに行った。キャノンの
インクジェクトプリンターのある一つの色のインクを購入するためである。実は、インクがなくなりかけてプリンター
が動かなくなるのを防ぐために先週に購入したわけだが、家のどこに置いたのかわからなくなってしまった。そこで、
再度購入となったわけである。また、自宅のDisTop機の無線マウスが動かなくなってしまったので、マウスも購入
した。
  EDIONのあとは3階の丸善に寄った。そこでは、放送大学の2学期に履修予定である放送授業『雇用社会と
法’17』と面接授業『現代日本の憲法』に小六法が必要なので、適当なものを探してみた。実は、2学期は『教育のた
めのICT活用'17』の履修予定であったが、調べてみたら『身近な統計'18』と単位認定試験が同一枠だったので受
講できないから『雇用社会と法’17』に変更しよう思ったわけである。まだ1学期の単位認定試験も終わっていないか
ら、あわてることもないので目星だけをつけておこうと思った。その後、算数・数学教育関係の本を見ていた。この
コーナーは毎回よく立ち寄る。
  マーサ-21で昼食を購入してから、OKBふれあい会館に向かった。

Mさんと計画配置
  岐阜県の新規採用の小・中学校教員は、人事で計画配置が行われる。これは、①最初の3年間は採用時に内定と
なった校種の学校で勤務する。②2校目は、1校目と同一の校種か他の校種に勤務する。1校目が自宅のある教育事
務所と同一の勤務校である場合は他地域の教育事務所の管轄する学校へ、1校目が自宅のある教育事務所と異なる学
校である場合は自宅のある教育事務所管轄の学校に配置される。③1校目と2校目が同一校種の場合は、3校目は異
なる校種へ勤務する、すなわち小・中学校の両方の教員免許状を持っている場合は、3校目までに小学校及び中学校
の両方を経験することになっている。
  Mさんは2年の常勤講師を経験した後、2016年4月に新規採用されて自宅のある隣の岐阜教育事務所が管轄
する現在の小学校に配属されて3年目になる。したがって、現在の勤務校に在籍するのは来年3月までで、4月以降
自宅のある西濃教育事務所が管轄する小学校か中学校に配属される。そうしたこともあって、私がMさんの勤務校の
前を通過するときにMさんの姿を見るのは、来年3月までとなる。
  昨日も、そのようなMさんを見た。行きは教室にいたのかどうか、はっきりわからなかった。OKBふれあい会
館に向かうときに、3時間目が始まってすぐの10時50分前に勤務校の南側の運動場前の道を通った。教室の教師
用机に着席して児童の作業か何かの様子を見ているようであった。昨日も、授業をしていたMさんの姿が見えたわけ
である。

  私には、学習塾講師としての最後の勤めとなったS塾の1年8ヶ月は思い出が深い。Mさんも含めてそこで知り合っ
たNさんとその友達、S塾での教え子でMさんとは違う大学のFさん、Mさんと同じ高校・大学に通ったIさん・・・。
私がS塾を去ってから6年半の年月が過ぎたが、決して忘れることのできない思いで深い人々ばかりである。ただ、M
さん以外に、ずっと姿を見たことがない。NさんとFさんは7年間、私と自宅の近いIさんとは4年間、一度も会った
ことがない。ときどきの自身のFacebook上の書き込みで近状を知るのみである。それだけによく姿を見ることのでき
るMさんのことを、このブログで記述することが多くなったし、また今後半年間は書き続けることになるかも知れない。


放送大学岐阜学習センター  
  放送大学岐阜学習センターは、岐阜県庁の近くのOKBふれあい会館の第2棟2階にある。私は、私立高校の非常勤
講師を辞めた2年程前の4月から、小・中学校が夏休み等に該当する期間は除いて毎週火曜日と木曜日の午後にここで自
習することにしている。木曜日は、私が参加している物理学関係のゼミが行われることもある。
  OKBふれあい会館の駐車場について、少し触れておこう。ここの駐車場のスペースは広く、駐車料金はいらない。
しかし、曜日・時刻によってすごく混むことがある。普通日の11時30分から12時15分ぐらいに停めるのが一番空
いているようである。県や市町村職員あるいは各種団体の主催する講座や所属職員の研修などがOKBふれあい会館で行
われ、午前・午後の部と入れ替わる時刻になるからである。ただし、昨日はこの時間内に駐車場に入ったが、空きがほと
んどなかった。実は11時10分頃に駐車場に着いたが満杯で空きそうになかったので、ヤマダ電器へ行って時間を費や
してから空きそうになる時間に再び駐車場に行った。しかし、まだ満杯であった。しばらく待っていて、やっと駐車でき
た。
  昨日は学生控え室で夕食をとった。借りたパソコンでこのブログをアップした後、ゼミの始まる15時15分まで
の空き時間に、視聴覚室で放送大学の授業をネット上で聴講した。昨年度まではDVDで視聴することしかできなかった
が、今年4月から端末機器を使ってインターネット配信されている授業を聴講する方式に変わった。今年4月からの開講
科目は、すべてインターネット配信の授業を聴くことになる。(同時に、岐阜学習センター内ではWi-Fiが使えるように
なった。)
  単位認定試験が7月29日(日)から始まるので、その日に試験のある『太陽と太陽系の科学'18』の第15回の「銀
河系のなかの太陽系」の講義を聴講をした。この科目は私にとってメインな科目であるが、今学年に開講されたばかりの
科目で過去問がない。類似科目である『太陽系の科学'14』は単位修得済みであるが、主任講師も替わり印刷教材も新しく
なった。『太陽系の科学'14』の通信課題は択一式で、試験は択一・記述の併用であった。今度の『太陽と太陽系の科学
'18』の通信課題は記述式であったが、試験は択一式のようである。教科書・ノートの持ち込みが不可となった。どのよう
な試験になるのだろうか?

  15時15分から90分間ゼミ『重力波とは何か』のゼミがあった。今日のゼミは、重力波検出の装置についてで
あった。それは「マイケルソン干渉計」を改良したものである。マイケルソン干渉計は、1887年におこなわれた
「エーテルの存在」を証明するための実験に使われた装置である。アインシュタインの特殊相対性理論深く関係する実験
に用いられた装置である。結果、エーテルの存在は証明できずに証明、光速度不変が導かれたのである。この実験そのも
のは重力波と直接関係ないが、原理的には重力波検出の実験装置と同様である。今日のゼミは、「マイケルソン干渉計」
が主たる内容であった。質問等議論が白熱して、終了したのは5時15分過ぎであった。
  ところでゼミについて、岐阜学習センターでは1学期あたりに12回開講されている。岐阜学習センターの客員教員
が一人1つのゼミを担当している。参加資格は学生が主であるが、余裕があれば一般人も認められる。参加料は無料であ
る。私は前年度の特殊相対性理論に関するゼミに続いて、今年も先ほど述べた物理学のゼミを受講している。担当の山賀
先生が今年度で退官されるので、来年度はどうなるかわからない。それゆえ、2年前から続けてきた毎週火曜日・木曜日
の午前中に岐阜方面に行って午後に岐阜学習センターで自習するこの生活パターンが大きく変わる可能性がある。編入学
した私にとって来年度は放送大学の全科履修生としての2年目で、卒業の年でもある。私は来年度、遅くても次の年度に
いったん卒業してから再入学しようと思っている。来年以降、岐阜学習センターへ行くことが少なくなるだろう。来年度
のゼミ参加の是非次第で今までの生活パターンが変わるだろうと思っている。「昨日の一風景」としてこのブログの(追
記)に書いてきた内容も変わるだろう、と漠然と思っている。


  以上、「昨日の一風景」として一週間後の夏休みを迎えるにあ樽この時期に、思いを書いてみたかった。とりとめの
ない私の身勝手な思いにつきあっていただいて、感謝している。

(注意)
  このブログ公開後、実際に合わせて書き直したり書き加えた。








コメント