ある音楽人的日乗

「音楽はまさに人生そのもの」・・・ベーシスト皆木秀樹のあれこれ

毎日1枚、自分に影響があったアルバムをご紹介するプロジェクト 【10】

2020年06月23日 | 随想録

【Live Information】



★毎日1枚、自分に影響があったアルバムをご紹介するプロジェクト★
 
 
【10】 オスカー・ピーターソン・トリオ 「Night Train」

 
 なんのかんのでいよいよ10枚目です。
 なかなかに難しい選定作業でしたが、影響を受けたもののうちの「ベスト10」にしようとするからたいへんだったのかもしれないですね。「影響を受けたCDのうちの、とにかく10枚」だったら苦労しなかったと思います。
  
 
 こうしてみると、やはり「好き」と「影響された」は微妙に異なるような気がしますね。
 そして「影響された」という言葉にポイントを置くと、アルバム以外のもの、つまりミュージシャン(生き方も含めて)や曲、音楽映画がいっぱい出てきます。自分がまがりなりにも長年音楽と関わってきたうえで、これらも外せないものばかりです。
 ジョン・レノン、ジャニス・ジョプリン、佐山雅弘、ハービー・ハンコック、青い影、アレサ・フランクリン、ブルース・ブラザーズ、津田清(もうじき16度目の命日です)、有末佳弘、五つの銅貨、福盛進也、ピンク・フロイド、陽のあたる教室、ビル・エヴァンス、天使にラブ・ソングを、スティーブ・ガッドetcetc。
 ベーシストだと、レイ・ブラウン、ジョージ・ムラーツ、クリスチャン・マクブライド、スコット・ラファロ、ニールス・ペデルセン・・・(きりがありません汗)
 佐山雅弘さんの遺した「自分という人間は出会った人でできている」という言葉がしみじみ思い出されます。
 
 
 さて、10枚目のアルバムですが、「ナイト・トレイン」を挙げようと思います。
 「ナイト・トレイン」は「プリーズ・リクエスト」と並ぶ、オスカー・ピーターソンの日本での超人気盤ではないでしょうか。
 オスカーのピアノは瀟洒でスタイリッシュで、身も心も踊ってしまうようなグルーブ感にあふれていて、そして実によく歌っています。楽しむために聴いてもジャズのお手本のひとつとして聴いても満足感いっぱいです。レイ・ブラウン、エド・シグペンとのトリオは、ジャズの歴史に残る名ユニットのひとつだと思います。
 
 
 タイトル曲の「ナイト・トレイン」は、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のダンス・パーティー会場の場面でバンドが演奏していた曲です。「我が心のジョージア」はレイ・チャールズの名唱で有名ですし、「バグズ・グルーブ」や「昔は良かったね」など、耳に馴染みやすい曲も多いので、いわゆる初心者のころから今に至るまで聴き続けています。
 
 
 そして、なんといっても自分としては「自由への讃歌」ですね。

 アルバムのクロージングでもあるこの曲は、アメリカで公民権運動が大きなムーブメントとなっていた1962年、この運動に賛同していたオスカーによって作られました。
 公民権運動とは、アメリカの黒人が公民権の適用と人種差別解消を求めて、ある意味命がけで行った社会運動です。「ローザ・パークス事件」「ワシントン大行進」「血の日曜日」「マーティン・ルーサー・キング牧師」「リトルロック高校事件」などの言葉や人名は、多くの人がどこかで見たり聞いたりしていると思います。
 
 
 「自由への讃歌」を聴いたヴァーヴ・レコードのノーマン・グランツ社長は、この曲に歌詞をつけることを思い立ちます。そして現在ではコーラス曲として、教会をはじめさまざまなところで歌われています。
 
 
 ともすれば暗く攻撃的になりかねない重いテーマを持つこの曲ですが、オスカーの、暗闇からひとすじの光が射しこむような演奏はとても感動的なのです。まさに「ゴスペル」です。
 ベースもドラムも、シンプルですが揺るぎない強さがあります。そのふたりに自分を委ね、自在に歌うオスカー。
 圧巻は3:48からのトレモロ奏法。それに続くエンディングは、一転して静かでおだやかで温かです。明日への希望を感じさせてくれる、というと大袈裟でしょうか。
 この曲を聴くと、とくに自分が少し落ち込んでいる時などは、生きていることの喜び有難みを教えらるような気がするのです。
 
 
 音楽に込めるもの、何を音楽に委ねるのか、そんなことを考えるようになったきっかけにもなっていると思います。
  
 
 佐山雅弘さんが、お亡くなりになる前にこの曲をソロで演奏しています。

 うまく言葉にできませんが、涙がこぼれそうになるんですけど、それでいて聴き終えた時にこぼれるのは涙ではなく笑顔なんです。
 素晴らしい演奏です。
 大好きです。
 
 
 というわけで10枚完走いたしました。
 どれもこれも長い文章になってしまいましたが、読んでいただいて嬉しかったです!
 ハチくんもガイド役ありがと!




コメント   この記事についてブログを書く
« 毎日1枚、自分に影響があっ... | トップ | 2020年7月のライブ予定 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

随想録」カテゴリの最新記事